小学3年生のお小遣いいくら?8~9歳にあげる金額は!お小遣い無しの理由も!

2020年7月23日

6位:1000~2000円

小学3年生お小遣い

1000~2000円に設定した理由(抜粋)

学校のお友達が、おこずかいをもらっていると聞いて「僕もおこずかいが欲しい」と言い出したのがきっかけでした。父親から1日50円でもらっています。1000円くらい貯まったら渡しているようです。父親が子供の頃の金額だと言っていました。。欲しいものがクレジット払いでしか買えない時は、おこずかいから差し引いて買っています。

1000円から2000円にしてます。はじめは、500円にしてましたが最近コンビニを利用することが多く、500円では足りないということでしぶしぶ多くて2000円にしてます。ただ、それでもやはり足りないことが多くありプラス500円にすることもあります。

5位:2000~3000円

2000~3000円に設定した理由(抜粋)

祖父母から毎月3000円もらっています。そのお金で、好きなアイドルのグッズを購入したり、お友達のお誕生日プレゼント、母の日、父の日のプレゼントに使ったりします。敬老の日にも、盛大なプレゼントをして、祖父母は、喜んでいます。

子供が欲しがるゲームソフトの金額帯が5000~6000円なので
子供にとって大きい買い物をするときには、1か月我慢して貯める必要があるように金額設定しました。
欲しいものに対して、計画的にお金を貯めることを学んでほしいという思いです。

4位:300~500円

300~500円に設定した理由(抜粋)

理由は特にないです。その時の学年に「ゼロ」を2つつけただけの単純な理由。多くあげすぎるとろくな事が無いと考え、最低限を心掛けました。3人の子供全員が上記ルールのもと、子供時代を過ごしております。当然、文房具など必要なものはお小遣いにプラスしてあげます。お小遣いは自分の好きな玩具やお菓子などを買うときに使用していましたし、子供によっては「貯める」ということも覚えました。

 百円ショップ(セリア)があるので、週一で連れていき、「好きなものを買っていいよ」と言っています。自分で選んで、自分で使うのも社会勉強ですね。ほしいものを見つけて買って遊ぶのも勉強だと思っています。必要なものは買うのであくまでおもちゃとか文具ですね。

3位:500~1000円

500~1000円に設定した理由(抜粋)

小学3年生当時は月に700円渡していました。小学1年生で月500円を渡し始め、以降進級するたびに100円アップしていました。金額は主人と相談し、決定しました。700円のうち2~300円は貯金箱に、残りは自分の好きなお菓子などを購入していました。

毎月500円を渡しています。それ以外に学習用具などで必要なものがある場合には、追加して渡すようにしています。500円という金額にたいして深い理由などはなく、渡すのにきりが良い金額というだけのことです。

2位:100~300円

100~300円に設定した理由(抜粋)

300円です。基本、必要な品は親が購入していた為、お小遣いの必要性は感じ無かったのですが、お金の管理の勉強をさせたくて、多額では無くガチャガチャが1回出来るか、好きな文具品が1つ買える程度の金額に設定しましだ。2ヶ月我慢すれば漫画も買える程度の金額が妥当と考えて設定しました。

200円をあげていました。
兄弟3人いますが、全員200円でした。100円ショップで自分の買いたい文房具など自由に自分で買える金額を渡していました。
お金を大事に使う大切さを学ばせるためには、多すぎてもいけないし、自分で何か物を買うことを身をもって体験してもらいたいので、小学3年生にとっては妥当な金額だと考えていました。

もともと子供にお小遣いをあげる発想がなく上の子にも渡さずにきたのですが、小学校2年の時に本人がお小遣いがほしいと言ってきたので、学年の数字×100円というルールで毎月渡しています。小学3年の今は300円ですが満足しているようです。今はひたすらためていますが、ある程度たまったらおもちゃや漫画を買いたいそうです。

1か月200円のおこづかいです。娘はお年玉をもらえる環境ではないため、欲しいものがあれば月々のおこづかいを貯めて購入するように2年生の時にスタートしました。おこづかい帳をつけるのも楽しいようで、算数の勉強も兼ねていると思います。

お小遣いは3年生からスタートして、300円です。4年生は400円5年生は500円と上がります。中学は千円、二千円と千円単位です。自分はお小遣いなしで育ちましたが、計画性やお金の大切さを知って欲しくてお小遣い制にしています。

1位:なし・あげていない

小学3年生お小遣い金額

なし・あげていない理由(抜粋)

お小遣いは特に上げていませんが、お年玉や何かしらのお手伝いをしてくれたときには少額ですが、あげています。まだあまり理解出来ていないので、お金の価値や将来仕事をしてその対価としてお金をもらうという事を理解出来るようになればと思い、そのようにしています。

あげていません。必要なときに必要なものを渡すというのが我が家のスタイルです。どうしても子供なので無駄遣いが多くなるということと、家のお手伝いをして、そのときに少しずつ貯金しており、貯めることと計画してほしいものを買うことを覚えてほしいからです。

お小遣い制にはしておりません。全ての習い事も送迎していること、小学校が私立のため、お友達同士で遊ぶ時も親がついていくため、お金を所持する必要がないためです。ノート等学校で購入するときはその都度わたしております。その他ほしいものがあるときには、なぜ必要かほしいかをプレゼンさせて買ってあげます。

まだ親と一緒に買い物にいくばかりなので、お金を使う場面が無いからです。遠足用のお菓子を買いに行くときにお金を渡して計算して選ばせることはありますが、子供にお金を持たせるメリットを感じないので小学生の間はおこずかいをあげる予定はありません。

月々の決まったお小遣いはありません。その代わりに、子どもがお金を必要とした時には、その都度、必要な金額のお金を渡すようにしています。必要以上のお金を持たせておくと、無駄遣いしてしまう恐れがあるからです。

観光地などに行ったときなどは財布にあらかじめ決めておいた予算をいれて渡し、予算内で自分や友達へのお土産を買って収支をノートにつける練習をしていますが、普段するのは面倒だと本人が言っているのでもう少し大きくなってから月額お小遣い制度を導入予定です。

必要なものがあるときは、その都度買っておりますので、お小遣いはまだ与えておりません。
どうしても欲しいものがあるときは、何かを達成した時や、お手伝いを継続して行ったご褒美として与えるか、
お年玉としてもらったお金を親が管理しておき、その都度、必要と感じれば子供に与えて、本当に必要ならば買わせている感じです。

基本的には決まったお小遣いはあげておらず、代わりにお年玉はいくらは持っておいて、いくらは貯金しておくと決めて、自分で管理させています。ただし、勝手に自由に使うことはできないようにしているので、使う時は目的を考え、必要な分だけ最小限に使うようにしています。お小遣い制もしていましたが、頻繁に出かけて買い物する年齢でもなく、友達にもお小遣いのある子、ない子がいる中でどうやりくりするかが、まだ難しいと思った為、基本的にはお金は家族と買い物する時だけ使えるようにしています。

子供に小遣いをあげるには、約束事がいると思ったので五年生の高学年からにしようと両親で話し合って決めていました。そのことは子供たちにもきちんと伝えていました。小遣いはなくても、お年玉で欲しいものを買うことはできていました。

必要な時、欲しいものがあるときは買ってあげていました。ほしいものは毎回買うのではなく、我慢させるときもありましたし、それでよかったと思います。小学校高学年になってからは、月2000円を渡していました。そろそろお金の使い方を、教えたほうが良いと思ったからです。

特に決めた金額はあげてはいなかったです。お母さんのお手伝いをしたら500円とか、学校の勉強を目標を最後まで行ったら500円とか、何か約束事で決めたことを最後まで一人で実行したら、その報酬としてお金が手に入ることを学ばせたかったからです。