小学3年生人気習い事ランキング!9~10歳におすすめの塾・スポーツ通信学習はどれ!

2020年7月23日

13位:剣道

剣道

剣道を習わせた理由(抜粋)

習わせた理由は、我が子が大人しく性格で、体を動かすことに消極的だったからです。少しでも生活に運動を取り入れたく思い、習わせ始めました。また、剣道は礼節を重んじるスポーツでもあるので、礼儀作法なども身に着けてもらいたいとの思いもありました。習い始めた当初から今現在まで、子供は楽しく通っています。稽古時間は、最初の3年程度は週2回、その後は週4回になりました。月謝は月額2500円でした。その他の費用としては、竹刀購入費、防具レンタル代、レンタルしない場合の防具購入費などがかかりました。

12位:スマイルゼミ

スマイルゼミ

スマイルゼミを習わせた理由(抜粋)

以前は公文を習っていましたが習い事が増えてきたので、隙間時間でどこでも勉強できるタブレット学習に切り替えました。初めは操作に慣れずにとまどっていましたが、2~3日で慣れて毎日スムーズに学習できています。費用も月額7000円超程度で国語、算数、英語、理科、社会の教科を教科書にそって勉強できるのでかなりリーズナブルで親も満足しています。

11位:そろばん

そろばん

そろばんを習わせた理由(抜粋)

上の兄がやっていて、その影響で「自分からやりたい」と言い出しました。仲の良いお友達に「会いに行く」感覚で続いていると思いますが、お友達が進級して自分が遅れていると焦るようで意欲的になるのは良い事だと思います。
そろばんの費用は、週に1度、1時間の教室で1ヶ月5000円弱ですが、高いです。身についているのか実感がないので、そのうち辞めると思います。

10位:バレエ

バレエ

バレエを習わせた理由(抜粋)

身体機能をバランスよく育てたい、また芸術的な感性を育てたいと考え、本人の意志が生まれる前(3歳半頃)より習わせました。今で5年目、お友達よりも体の動きがスムーズなように感じます。本人も体を動かすことに自信を持っているようで、習わせて良かったと思います。先生の厳しくも愛あるレッスンは本人もしっかりわかっているようで、怒られた日はめげることもありますが、辞めたいと言い出したことはありません。

9位:ヤマハ音楽教室

ヤマハ音楽教室(習い事)

ヤマハ音楽教室を習わせた理由(抜粋)

自分自身もヤマハ音楽教室に子供の頃に通っていたので、わが子にも習わせたいと思いました。近所に教室があったので通うにも便利だったことも大きな理由です。。毎週土曜日の午後のクラスだったので、仕事をしながら親がついていくのも可能でした。時々、コンサートがあり、おじいちゃん、おばあちゃんにも喜んでもらいました。

8位:ロボット教室・プログラミング教室

プログラミング・ロボット(習い事)

ロボット教室・プログラミング教室を習わせた理由(抜粋)

習わせた理由は、論理的な思考が養われると思ったからです。子供の反応は面白がってやっていました。一緒にやり始めた子と良い意味で競っていた様子で楽しそうでした。私も見学でその姿を見て、やらせて良かったと思いました。費用は月10000円くらいでした。月2回くらいのペースで授業がありました。一般の学習塾がプログラミング教室も始めたところでした。

7位:英会話教室

英会話(習い事)

英会話教室を習わせた理由(抜粋)

 保育園の時からの友達と一緒に楽しんでいるようです。英会話なので、単語を読んだり書いたりはできないですが、発音だけは良いので。あまり勉強という概念はない感じがします。必ず宿題が出るのでDVDをみて、週一回のレッスンは続けることに意義がある感じですね。今は小学校にも会話の授業があるので役に立ってるとは思います。

6位:サッカー

サッカー(習い事)

サッカーを習わせた理由(抜粋)

三兄弟全員がサッカーをしており、三男も幼稚園のころからずっとサッカーを習っています。本人はとても楽しそうで毎日自分でも練習をしています。所属しているチームに加え、スクールでも練習に通い、月に14000円ほどの費用が必要ですが、試合も多く上級生とも試合に出場し、サッカーだけでなく人間関係を学ぶことができています。

5位:野球

野球

野球を習わせた理由(抜粋)

小さいころ(2,3歳のころ)からボールを使って遊ぶのが大好きで、通っている小学校をメインとする少年野球チームに体験に行かせました。すぐに入りたいとなり、そのまま父親である私もコーチ登録をし、兄弟3人ともそのチームでお世話になっております。月謝は2,500円。土日祝日の基本8:30~16:00までの活動。中学になった兄2人も野球を続けています。当初コーチ登録をしただけの父親の私も、今ではそのチームの監督として活動しています。

4位:水泳

スイミング・水泳(習い事)

水泳を習わせた理由(抜粋)

基本的には運動、勉強が苦手です。宿題をするのがやっとの毎日の中でできそうだと思ったのが、費用も塾などと比べると手頃で、自宅で15〜30分で楽しく勉強できるチャレンジと、週一で効率良く体力作りができる水泳を選びました。一番の理由はどちらも自分でやりたいと言ったことで、苦手を好きに変えられるきっかけになればと思ったからです。費用はチャレンジは年間35000円程で、水泳は月4回で5000円程の低価格なスクールで、どちらかといえばあまり厳しくない所で伸び伸びと泳がせてくれます。

泳げなかったので通わすことにしました。水泳の習い事をしてから、少しずつ泳げることに達成感が実り自信がついた様子が見られます。さらに、同じ年代の子が多いため、集団行動での過ごし方コミュニケーションのとりかたを自然に学んでいるように思えます。さらに、学校以外の居場所として本人は感じているようです。費用に関しては週に二回で五千切ります。ただ時間が一時間だけなのでそこが気になります。

3位:ピアノ

ピアノ(習い事)

ピアノを習わせた理由(抜粋)

幼稚園の先生のピアノにあこがれ、本人がやりたいと言った初めての習い事です。小学生になるまで週一30分。現在は、週一45分レッスンで12,000円。コンクールやコンペにも出ているため、コンクール等諸費用、補講代、コンクール前のグランドピアノレンタルレッスン室と別途かかる費用は多いと感じます。音符カードや指積木等ピアノを弾く以外にも時間を要しますが、好きなので習い続けています。電子ピアノでは受け入れてくれない講師の方もいらっしゃること、生ピアノの音が電子ピアノでは出せないと本人から言われ、去年、電子ピアノからアップライトに買い替えました。調律も年3回しました。本人の中で練習したら成果が出ることを学べ、ピアノ以外でも苦手なことも練習するようになり、あきらめないでコツコツ頑張ってくれています。人前での演奏で度胸が付いてきているので、将来的にもプレゼンや発表がスムーズにいければいいと、感じております。

母である私が子どもの頃にピアノを習っていたので、自分の子どもにも弾けるようになって欲しいと思い、習わせ始めました。子どもも、初めての習い事だったため、興味が出てきたようで、毎週、教室に通うのを楽しみにしています。家でも、小さいキーボードで練習をしていて、上達したら一層楽しくなるようで、ピアノを始めて良かったと思っています。

音楽が好きで歌も昔からすきでしたので、習わせました。週一回で約30分。幼稚園からからはじめて、1年程度で発表会のようなものに出て、本人も私たちにもいい経験になり、現状で5年ほど続いております。ただし、楽譜を読めるようにならずに、親の指導を必要とする点、そして、家にピアノを買わなければならない点は不満があります。三年生にもなると他の習い事も始まったりするので、そろそろ辞め時のような気もしておりますが、本人がもう少し続けたいという事ですので、続けております。

子供が実家のピアノに興味を持っていたので、ならわせました。近所の、個人で開いているピアノ教室でした。週一で月四回、月謝は7000円だったとおもいます。優しい先生で、家で練習をしてこなくても、怒りませんでした。うちは趣味の範囲で習わせようと思っていたので、それでよかったですが、もっとしっかりコンクールを目指すような方だと、物足りなかったかもしれません。うちの娘は、楽しんで習っていたようです。

2位:公文

公文(習い事)

公文を習わせた理由(抜粋)

テレビコマーシャルでみた公文の教材のEーペンシルに子どもが興味を示したので習わせました。普段の鉛筆とちがう機械類を使用するという点が小学3年生の子どもにとっては面白かったのだと思います。先生と実際に対話するのではなく、Eーペンシルを自分のペースで教室と自宅で使って勉強するという方法も気楽で良かったようです。

小学校入学前にスイミング以外の習い事を始めようと思い、ピアノやテニスなどの楽器やスポーツ、子ども英会話などいくつか提案しましたが気乗りせず、たまたまチラシで見つけた公文に興味をもち体験入室しました。それがとても楽しかったようで、正式に入会、算数を続けています。公文は週に2回、決められた曜日の夕方、好きな時間に行けるのが魅力です。計算のプリントを自力でひたすら解いているだけに見えるので、月に7,000円弱の授業料は高い気もしますが、小学校低学年のうちに進んで勉強に取り組む、難しくてもあきらめずに自分で考えて解く、という姿勢が身に着いたのでよかったと思っています。

近所にある公文を習わせてました。教科は英語と算数です。英語については中学校で勉強するのですが、1度わからなくなると英語が嫌いになるため、そうならない様事前に習わせました。算数については、計算力向上が理由です。頻度は各教科とも週に1日。宿題が出ました。ただし宿題については、家でやりたがらなかったのが傾向としてありました。(3人の子供すべて)親として感じたのは計算や基礎英語の基盤となり中学校の勉強に活かせたのではと思っております。月謝は1教科6~8,000円でした。

公文を始めると計算、読み書きの基礎能力が上がり
学校の勉強での理解が深まると思い習わせました。
結果、中学受験で成功し大学までエスカレータ式の中学に合格させることができました。
単純な内容ではありますが
とにかく量をこなさせられるので、基礎能力の向上に役立つと感じています。
頻度については週3回ほど通わせておりました。

1位:進研ゼミ

進研ゼミ(習い事)

進研ゼミを習わせた理由(抜粋)

今、小学3年生です。幼児期からこどもチャレンジをしていて、本人も継続して続けたいと言ったので、小学生になってからも進研ゼミ小学講座を続けています。小学講座からは従来の紙面での勉強か、タブレット学習かを選べたので、学校でもいずれはタブレット学習などが始まると思った事、またゲームやYouTubeばかりにならないようにと思い、タブレット学習を選択しました。実際に受講してみて、ゲーム感覚で出来る計算問題や、毎日ログインしてスタンプがもらえたりと、子どもの興味をひくので毎日必ず自分から取り組んでいます。費用は紙面のタイプに比べると高いとは思いますが、タブレット学習の内容を考えると高いとは思いません。タブレットだけでなく、タイピング練習などもあり、パソコンの操作にも繋がる内容もあったり、プログラミング学習もあるので、今後も続けていくつもりです。

幼稚園の頃はこどもちゃれんじをしていて、そのまま同社の進研ゼミを利用しています。低学年のうちは一人で塾に行かせるのも防犯上心配があったため、在宅でできるこのサービスを選んだのが理由です。毎日短時間ずつ好きな時間にできますし、ポイントもたまるのでご褒美のプレゼントのために楽しんで頑張れているようです。塾に通うより全教科出来てコスパもいいですし、パッドを使っているので丸つけの必要もなく、間違えたら再度取り組めるので親としても楽なのでこのまま続けたいと思っています。

学校の勉強がより理解出来、性格的にも質問などがし辛いタイプの子供ゆえ、学校の授業に遅れないために習わせてました。子供としては比較的簡単に勉強が出来、赤ペンプリントの提出でポイントを貯めて好きな商品と交換出来る事が魅力だったようで、親としても勉強をする時間を習慣つけさせるに役立ち助かりました。塾などと比べるとお値段もお安いので家計にも助かりました。

2歳の頃から開始しました。発達も言葉の習得もはやく、ひと学年上の教材を使用して学習。生活リズムや、ものごとを深く理解することの大切さや、人としてのあたたかみを「しまじろう」家族をとおして学ぶことができました。あわせて、しまじろうのテレビ番組もみると、ストーリーがあって、道徳性をたかめることができました。

姉と一緒に1年生から始めました。昔と違ってタブレットでの学習に私も時代は進んだものだと感心しきりでした。いろいろあり1年生の3学期から不登校になってしまいました。チャレンジタッチをやっていれば学校の勉強はまあどうにかなるかと思っていましたが、本人のモチベーションも下がりほとんど手をつけず。それでも学校の教科書の進度に合わせてくれているので気が向いたら少しずつやらせようと思います。