恋愛ドラマ胸キュンランキングTOP38!思わず憧れる珠玉のラブストーリードラマ一覧!

2020年6月19日

38位:5→9〜私に恋したお坊さん〜

私に恋したお坊さん(恋愛ドラマ))

5→9〜私に恋したお坊さん〜が胸キュンドラマという評判(抜粋)

10年後も20年後も忘れられないドラマ!山Pの高嶺様、今までで一番のハマリ役だった。さとみちゃんは安定の可愛さと演技力。
最終回のプロポーズシーンは月9最高の素晴らしさ感動も胸キュンも共感もしなかった。

お坊さんと英会話の先生で、全く違う生活でどんな恋愛になるのか気になる恋愛ドラマでした。お坊さんの高嶺が潤子に恋心を寄せるのですが、一途で純粋な恋心が描かれていて見ているだけでキュンキュンしました。プロポーズのシーンは感動しました。

37位:ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜(恋愛ドラマ)

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜が胸キュンドラマという評判(抜粋)

まず、キャスティングが凄くいいと思います。
男性視聴者、女性視聴者に観てもらうことのできる演者を選ばれたなと感じます。
内容としても三角関係の行き先というのが回を追う毎にハラハラの展開が続いていき、一度観たら、次を観たくなるそういった内容になってますね。

36位:モテキ

モテキ(恋愛ドラマ)

モテキが胸キュンドラマという評判(抜粋)

話としては、モテない男性が色々な美女から誘惑を受け、モてるといった内容ですが、観ていて凄く羨ましく、個人的にも主人公を応援したくなる恋愛映画というのはこの作品が初めてなのではないかというくらい、観る側をかなり惹きつけるのがうまい作品だと思います。

35位:リッチマン・プアウーマン

リッチマン・プアウーマン(恋愛ドラマ)

リッチマン・プアウーマンが胸キュンドラマという評判(抜粋)

小栗旬の喋り方と雰囲気が役に合っていた。母親と別れたトラウマから、人の名前を覚えることが苦手になってしまったが、石原さとみと出会って恋に落ちて、本当のお母さんにも会ったことで、心が開いていく様子がとってもよくわかった。

34位:愛していると言ってくれ

愛していると言ってくれ(恋愛ドラマ)

愛していると言ってくれが胸キュンドラマという評判(抜粋)

切ない恋愛が描かれているドラマだと思う。障害を持つ人を好きになった主人公が、相手を理解したいと努力するのになかなか伝わらないもどかしさが泣ける。現在の社会であればコミュニケーションの選択肢はもっと多くて、今見返すと当時の世情を表した代表的な恋愛ドラマと感じる。

33位:桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部(恋愛ドラマ)

桜蘭高校ホスト部が胸キュンドラマという評判(抜粋)

原作の漫画本から好きでした。まずホスト部という設定が新鮮でした。絶対に無いからこそドラマっぽくて良かったです。大人の愛してるとは違う、ストレートな愛情表現は若くて可愛いと思いました。周りを囲むキャストさんたちも今凄く売れてる俳優さんが多かったです。

32位:私 結婚できないんじゃなくて、しないんです

私 結婚できないんじゃなくて、しないんです(恋愛ドラマ)

私 結婚できないんじゃなくて、しないんですが胸キュンドラマという評判(抜粋)

仕事第一に生きてきたアラフォーの主人公だが、仕事での成功を収めたものの世間からは「結婚できない女」というレッテルを貼られてしまうという、まさに現代社会の風潮の中で葛藤していく主人公の恋模様を描いておりとても面白かったため。

31位:初めて恋をした日に読む話

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(恋愛ドラマ)

初めて恋をした日に読む話

初めて恋をした日に読む話が胸キュンドラマという評判(抜粋)

恋に臆病な塾講師とその塾講師に恋をしてしまった予備校生の恋愛ドラマでしたが、恋をするにあたり年齢を考えてしまうのを見て、恋愛のリアルさを見た作品でした。好きな気持ちだけではなく、その後の将来を色々考えてしまうと年齢ってリアルだなと想う作品でした。

30位:大切なことはすべて君が教えてくれた

大切なことはすべて君が教えてくれた(恋愛ドラマ)

大切なことはすべて君が教えてくれたが胸キュンドラマという評判(抜粋)

家族のことで傷ついている女子高生が、自分のことを見てほしいという思いからついた嘘が周りを巻き込んでいく様子がとてもよく描かれていた。周囲を巻き込む中で、それぞれの思いが出ているのが良かった。戸田恵梨香が健気に恋人を思い続ける様子も良かった。

29位:地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子(恋愛ドラマ)

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子が胸キュンドラマという評判(抜粋)

お互い、好きであることはわかっているのに、がっつり出さず、程よい距離感を保ちつつ、最後にはお互いのやりたいことを優先してる点はよくある成就してハッピーエンドのセオリーを少し壊して、よりリアリティのある感じが良かったです。

28位:オレンジデイズ

オレンジデイズ(恋愛ドラマ)

オレンジデイズが胸キュンドラマという評判(抜粋)

いろんな形の恋があって、様々な苦難や葛藤があって、まさに青春を思い出すそんなドラマでした。思ってる気持ちがあるのに素直に表せない感じだったり、強がって素直にならなかったり、現実でもあるあるだなーと思う場面が多かった。

大学生になったらこういう恋愛がしたい、という願望がすべて詰まったドラマだったから。好きなの言えないもどかしさがあったり、グループ内で三角関係になったりと様々な恋愛の要素が詰まっており、恋愛って綺麗なだけではなく汚さもあるなと思えたドラマ。

27位:デート~恋とはどんなものかしら~

デート~恋とはどんなものかしら~(恋愛ドラマ)

デート~恋とはどんなものかしら~が胸キュンドラマという評判(抜粋)

依子さんと巧のキャラクターがそれぞれ強烈な印象で、不器用だけど、でも正直で、切ない気持ちも共感出来て、結構泣けるドラマでした。一生懸命な主人公をとても応援したくなるドラマだし、2人だけではなくそれぞれの家族との関係性も描かれたいいドラマだと思います。

恋愛下手の男女が主人公になっています。頑張っても空回りしてうまくいかない、自分に自信が無い、仕事はできるのに恋愛はどうしたら良いのか分からないといった部分が、極端でコメディタッチになってはいますが共感できる内容だと思います。

26位:ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー(恋愛ドラマ)

ハチミツとクローバーが胸キュンドラマという評判(抜粋)

全員片思い、それが無理なくえがかれていて、最後まで誰もうまくいかなかったところが、漫画の世界っぽくなく共感できました。両想いになりそうな人もいたのに。誰も実らないけど、だれも不幸せにはなっていないあたりもよかったです。

主人公はぐみを取り巻く脇役たちが報われない恋をして、成長していく姿に涙が止まりませんでした。主人公はぐみに恋をしてしまう2人の男性の恋が報われなかったときは寂しくて悲しくてどうにも言葉に表せそうにありませんでした。しかし主人公へハチミツとクローバーのサンドイッチを送ったはぐみは人として素晴らしかったと思います。良かったです。

25位:ラスト・シンデレラ

ラスト・シンデレラ(恋愛ドラマ)

ラスト・シンデレラが胸キュンドラマという評判(抜粋)

年下の男の子に恋をしてしまう戸惑いや、自分の年齢に対しての引け目、外見の衰えからくる若い彼氏に対しての引け目などで、恋愛に積極的になれない同年代の女性が感じる若い頃とは異なる恋愛観が表現されているドラマだと思います。

オヤジ化してきた30代女子の桜と年下のイケメン広斗。一晩を共に過ごした後に二人の物語が始まるという所が、鑑賞当時、とてもインパクトがあり、話題になった。
広人は、弱みを握られていて、その弱みを利用されて桜子に近づいたが、桜子自身と触れ合ってるうちに本当の恋をするという所が辛くて切ないけれど、素敵な作品だと思う。

24位:ロングバケーション

ロングバケーション(恋愛ドラマ)

ロングバケーションが胸キュンドラマという評判(抜粋)

ロングバケーションは恋愛ドラマのトップだと思っています。音大生と結婚式当日に相手に逃げられた年上の女性との同居生活。こんな事は日常の生活には絶対にないだろうなとわかっていても、どんどんはまっていって自分が主人公になりきってしまう恋愛ドラマです。女性が理想とする展開であり最強の恋愛ドラマだと思います。

自分が学生時代に見ていた番組なので、大人の恋愛という印象が強い。山口智子の発した「セックスしよ」が強烈な印象で女子から言われたいと妄想した男子は多かったにちがいない。脇を固める演者も幅広く、東京スゲー早く就職してこんな恋愛してみたいと思った。

23位:花のち晴れ〜花男 Next Season〜

花のち晴れ~花男NextSeason~(恋愛ドラマ)

花のち晴れ〜花男 Next Season〜が胸キュンドラマという評判(抜粋)

ドラマ自体は好きではない
でも なんとなく出てる人たちの性格とかがよく合う気がする
みんな完璧求めって、みんな完璧じゃない
外見いいけど 中身あるやつ少なかった最初の頃は
でも登場人物がどんどん成長してるところ見て、ほんとよかった

待望の花男第2段。前回よりも家柄の違いが取りざたされているだけでなく、貧乏人が学校に通えなくなるなどの格差も描かれていたり、ライバル校が表れたりなど、全シリーズより波乱万丈だけど、主人公カップルのお互いの妄想が可愛らしく、若いって良いなと思ってしまう。

22位:君はペット

君はペット(恋愛ドラマ)

君はペットが胸キュンドラマという評判(抜粋)

エリート女子が年下のダンサー少年を拾ってももと名付けて同棲するちょっとありえないお話ですが、その他の人々との恋愛模様が描かれていてリアリティーのある作品だと思います。夢を与えてくれる話だとおもいます。ももがかわいい。

大人の女性が望む年下男性との付き合い方を描いています。つまり、恋愛相手としては物足りない年下君の相手をしている大人女性の本音を描いているのです。恋愛といっても時代に応じた恋愛の仕方が見れて面白いドラマです。

21位:結婚できない男

結婚できない男(恋愛ドラマ)

結婚できない男が胸キュンドラマという評判(抜粋)

偏屈でこだわりの強い独身男桑野と仕事も充実して人望もあるが、30代後半で結婚していない早坂先生。物語が進んでいくにつれて、桑野自身の人柄が、偏屈だが寂しがりやで実は優しいと言うことがわかってくるので、桑野を応援したくなる。桑野が一人で楽しみたいのに、邪魔されてしまう場面が好き。

結婚したくてもできなくて桑野さんと早坂先生のやり取りが面白く、お互いに嫌味を言い合ってるのですがだんだん惹かれていて桑野さんが少しずつ変わっていく姿が良かったです。結婚に関してリアルに描かれていて面白かったです。

20位:高嶺の花

高嶺の花(恋愛ドラマ)

高嶺の花が胸キュンドラマという評判(抜粋)

次期家元をめぐって恋愛を描かれていて、月島ももは恋人に裏切られボロボロなんですけど次期家元としての葛藤や覚悟を決めて恋愛にすがりつくのではなく、しっかりと一人でも生きて行けるようになっていく過程が恋愛からいい意味で自立しているところが良かったです。

現実にはあり得ない設定ですが、選択肢には現実味がありました。
何を選ぶのか。
実際の恋愛でも何を選ぶのかでも行き先は変わってきます。
その悩みが共感を得られ、見ていた人もいたのではないでしょうか。
ハッピーエンドになってよかったです。

19位:星の金貨

星の金貨(恋愛ドラマ)

星の金貨が胸キュンドラマという評判(抜粋)

耳が不自由なハンデのある女性の恋愛としては繊細で悲劇こもごもに描かれています。主人公の女性に自分を重ねてみることが難しいこともありますが、同情からプラトニックラブへ女性なら共感できる内容になっています。

星の金貨は幼少の頃、観ましたが今でも心に残るドラマです。また最終回の衝撃と悲しさはなんとも言えない切なさに今でも涙が出ます。その影響か、大沢たかおさんのことをその時から好感を持つようになりました。是非皆さんにも見ていただきたいです。

18位:東京ラブストーリー

東京ラブストーリー(恋愛ドラマ)

東京ラブストーリーが胸キュンドラマという評判(抜粋)

元祖トレンディドラマの代表作。もともと漫画が原作だけあって、非現実的な恋愛ストーリーが展開されているが、ジェットコースターのような話の展開にぐいぐい引きこまれ、登場人物に感情移入してみてしまい、気づくと現実を忘れさせてくれるようなドラマチックさがあった。セリフも明言が多く、毎回登場人物がどんなことを言うのか見ていて楽しめた。

だいぶん昔の作品なので、思い出しながらですが、かなりの社会現象をおこしていたとおもいます。積極的な主人公とにえきらないカンチだったようにおもいます。明るくて、かわいい主人公の健気さや切なさがかなりの印象的で有名だった作品だと思います。あと、友達の女性がカンチに優しさを求めてぶりっ子っぽいところとか物語では王道な場面もあり、イライラハラハラと涙も流した作品です。

17位:きょうは会社休みます。

きょうは会社休みます。(恋愛ドラマ)

きょうは会社休みます。が胸キュンドラマという評判(抜粋)

会社で働く地味なOLが、ちょっとしたきっかけで同じ会社でアルバイトをする大学生のイケメンと恋をする話なんです。20代でもちゃんと異性とお付き合いをしたことがない女性っていっぱいいると思うんです。だからこそ、もし年下のイケメンと関係を持つ事になってしまったら上手に付き合えない。そんな女性を綾瀬はるかさんが抜群の演技力で演じていて、これも年下男性との恋愛ドラマとしてすごく感情移入出来るドラマだと思います。

現実には起こりえないような年下イケメン、しかも自分を好きになってくれるという設定がドラマならでは。日頃の現実の疲れを忘れて没頭したくなるドラマだった。しかも年上イケメンまで自分を狙っているというハーレム状態。ドラマに浸るドラマ。

これ、実は知らないドラマでしたが、日テレの動画でたまたま観ました。これもすごく微妙な30歳になっちゃった女の子の妙な気持ちか可愛く描かれててすごく共感できた。でも男性がイケメンばかりでこんな会社あるかな、ってあまり現実的でないかなって思った部分もあったけど、良いドラマ。

16位:ダメな私に恋してください

ダメな私に恋してください

ダメな私に恋してくださいが胸キュンドラマという評判(抜粋)

原作も大好きな作品ですがドラマ版のキャスティングが神がかっていて驚きました。自分をダメだと思ってる女の子とそんな彼女を抜群のタイミングでフォローするマスターが最高にカッコよかったです。天然なボケとツッコミのやりとりに癒されました。

それぞれの立場やありがちな悩み、そういったものに対して登場人物が向き合ってる姿が、まさに『恋愛』だなと感じました。今現在のことだけではなく、過去のことが今の恋に影響を及ぼす感じも、まさしく恋愛といえるでしょう。

色々と人生が行き詰っていた主人公をナイトのようなかっこいい男性が助けてくれるストーリーにキュンキュンする要素がたくさん詰まっていた。現実ではありえない展開で同居することになった主人公とヒーローの恋愛展開に女性が胸をときめかせるようなシチュエーションがたくさん詰まっていたと思う。

15位:ホタルノヒカリ

ホタルノヒカリ(恋愛ドラマ)

ホタルノヒカリが胸キュンドラマという評判(抜粋)

面倒くさがりの喪女でも恋愛のチャンスが訪れるというような、緊張感のない恋愛模様が今の女子の恋愛を代表しているようです。決して理想を描いた恋愛でもなく、覚めているところも今時でした。主人公のホタルのキャラクターに共感できる女子も多く、ただの色恋ではなく女の人生いろいろあるという内容です。

今現在は社内恋愛から結婚に進むケースは少なく、ましてやあの様な深い関係で同棲するというケースもあまりないですが、「縁側」を両者の心の拠り所とすることで車内での振る舞いと日常らしさの違いを深めている点が社会人の恋愛らしいと感じました。

主人公のように恋愛を面倒くさいと思ってしまう若い女の子が増えているように感じる世の中に、恋愛テキストとして必要な恋愛ドラマだと思います。他人には見せられないスイッチオフの自分を受け入れてくれる男性との恋愛と、憧れて好きになって相手が思い描くイメージを壊さないように付き合う恋愛を比較できるドラマだと思います。

14位:ラスト・フレンズ

ラスト・フレンズ(恋愛ドラマ)

ラスト・フレンズが胸キュンドラマという評判(抜粋)

夢中でみていたドラマでした。少し、重苦しくてストーカーDV気質な彼と離れられない彼女との関係、同性愛、友達だけと本当はすきでたまらない…など様々な恋愛関係が描かれていた作品だと思います。目が離せなくなる展開がいつもあって、本当はこわくて見たくない時もありました。でも気になってみてしまう。そんな感じのドラマでした。

一般的な恋愛だけでなく、DVや同性愛など普通の恋愛ドラマでは描かれない部分も取り上げられていて、マイノリティな愛の形についても目の当たりにできる。愛と言う形の無いものについて、自分では今後も一生ケ池件しないであろうことについて知ることが出来た

同性愛・DVなど、現代の闇・人間の闇がどろどろに描かれていて、とても深いドラマだなと思いました。
最後、子供を宿していたと記憶していますが、結局離れられなかった男との絆も残ってしまうあたりも、リアリティがあります。

13位:花ざかりの君たちへ~イケメン パラダイス~

花ざかりの君たちへ~イケメン パラダイス~(恋愛ドラマ)

花ざかりの君たちへ~イケメン パラダイス~が胸キュンドラマという評判(抜粋)

今時の高校生の恋愛観をリアルに書いたドラマだと思いました。あのナイスなキャストは今でも忘れず、心に残っています。特にショートカットの似合う堀北真希さんの影響で私もショットカットに挑戦したことがあります。

キャストもよく、ストーリーもとても面白く、最後まで飽きずに観ることができたからです。漫画が原作のドラマは大抵面白くなく、がっかりすることが多いですが、このドラマに関しては漫画と同じくらい面白かったです。

好きな人を追って男子校に潜入してしまう主人公は本当にすごいと思いました。実際は女の子が男装したらすぐにバレるでしょうがそこがドラマの醍醐味だと思います。だんだんと女の子だとバレるわけですが、バレでも知らないふりをして優しく接するところとかがかなりツボでした。毎話ドキドキハラハラしながら幸せな時間をいただきました。

12位:恋を何年休んでますか

恋を何年休んでいますか

恋を何年休んでますかが胸キュンドラマという評判(抜粋)

ガツガツせず、緩やかにちょうどいい距離感で恋愛を楽しむ。そんな大人の恋がユーモアを交えて描かれているドラマだと思うから。若者の恋ではないので、勢いや情熱がある燃えるような恋愛ではないが、いろいろな経験をした大人同士の恋愛というのはこういうものだ、というのが丁寧に描かれている。

ある一定の年齢にあたる女性って素直に自分の気持ちを言えない、素直になれないを上手に描いていてちょっとコメディテイストがありつつ、家族のお話とかもあって泣ける部分もあり、恋愛模様も描かれてて観てる時に同意できる感覚をすごく感じた。とても良い作品でした。

すごくリアルで生々しいドラマでした。主人公の小泉今日子さんの可愛さ、美貌について改めて認識させられる演技力でした。
消極的なスタンスから始まってゆく恋愛関係、グレーな気持ちと関係性をうまく描いていると思います。

11位:のだめカンタービレ

のだめカンタービレ(恋愛ドラマ)

のだめカンタービレが胸キュンドラマという評判(抜粋)

ひたすらに千秋先輩を追いかけるのだめが非常に可愛らしく表現されていて、恋愛が行動の原動力になりうるということを知らされました。自分は男性ですが、ひたすら自分のことを思ってくれ、更には自分の競争心を駆り立ててくれるのだめのような恋人が欲しいと思わされました。

天才的なピアニストに憧れていた主人公千秋が、のだめという破茶滅茶な性格の女子大生のピアノに惹かれて恋をしていく流れが非常によく描かれています。千秋が好きなのだめは彼に構って貰えなかったりそっけない態度をされたりするのですが、そんな千秋に一目惚れするのもまたよく描かれています。

このドラマほど漫画作品が実写ばえしてる作品はないと思います。キャストがみんな、はまり役です。楽しいクラシック音楽につつまれながらコメディ要素もたくさんあってみていて飽きない作品です。最後はうまく千秋さまとくっついてめでたしです。

音大のエリートイケメンコンダクターとピアノの才能はあるが将来の夢は保育士の女子大生の恋愛を描いた作品。主にラブコメディのジャンルではあるが、ただの恋愛ではなく、クラシック音楽を通して二人がどんどん惹かれあっていく姿を絶妙に描いている。この作品でクラシックの知名度は上がり、全く興味がない若者にも影響を与えたので、この作品を選んだ。

10位:プロポーズ大作戦

プロポーズ大作戦(恋愛ドラマ)

プロポーズ大作戦が胸キュンドラマという評判(抜粋)

結婚してしてしまう幼馴染みへの思いを伝えるために、何度もタイムスリップをして過去に戻るのでですが相手に自分の思いを伝えられないヘタレな主人公でしたが、相手の幸せを願う事に気づくのが他の恋愛ドラマと異なる作品です。

主人公の健が幼馴染の礼が結婚する日に過去へ戻って自分と結婚しようと奮闘する話。昔から両思いだったのにも関わらず友達以上恋人未満な二人の関係や多田先生との話、エリと鶴の話もきちんと青春恋愛話として隅々描かれていると思います。

写真を撮った時代に戻って後悔した事をやり直すという斬新な内容が凄いと思います。
また、過去に戻り、高校生、大学、社会人とかなり幅広い時代に戻りその恋愛感を描いているところが本当にいいと感じ、またそのキャスティングがかなり好きです。

主人公が高校生に戻って気持ちを伝えようとする、未来を変えようとする、でも出来ない、、その通りだと思う。健三が礼を想う気持ちに共感しつつも、やっぱり過去は変えられないし、今その時を大事にして、気持ちをちゃんと言葉にして伝えることの大切さがとてもよく分かるから、このドラマを選びました。

9位:やまとなでしこ

やまとなでしこ(恋愛ドラマ)

やまとなでしこが胸キュンドラマという評判(抜粋)

全く住む環境の違う二人が出会うことから発展していく恋愛ドラマの王道だと思います。今までは恋愛対象にはならなかった男性から影響を受け、様々なトラブルから救い出されることで本来の自分が解放されるヒロインの表情が自然で美しいです。このようなストーリーを経験してみたいと思う女性も多くいると思います。

愛よりお金を信じる女が、貧乏だけれど優しくて誠実な男に出会い、その出会いによって本物の愛とは何かを知る、という言わば王道の恋愛ストーリーが描かれてると思うから。このドラマを見て、恋に落ちるとはこういうことかと思った。

美人だが貧乏で強い劣等感を抱く桜子、貧乏だが優しくて才能のある欧介。桜子は、欧介のことをセレブだと勘違いして惹かれ、魚屋だと分かると冷たい態度を取る。欧介は昔の恋人にそっくりな桜子に恋をするが、徐々に桜子自身に惹かれていく。そんな彼らのすれ違いは見ていて切ない所が好きです。また、桜子の毎回のセリフ「運命の人に出会えた気がする」やどんなことをしても合コンに参加する場面が面白くて好きです。

27歳は女の最高値、ボロい家に住みながら、おしゃれと美にお金をかけて、上っ面ばかりよくして合コンに出かける桜子さんが、本当に好きな人に出会って変わっていく感じが素晴らしい。相手の堤真一は当時はなんでって思ってたけど、回を重ねるごとに素晴らしい人だと思ったし、最後はすごいかっこよくて、ハッピーエンドでとてもいいドラマだったと思います。

8位:失恋ショコラティエ

失恋ショコラティエ(恋愛ドラマ)

失恋ショコラティエが胸キュンドラマという評判(抜粋)

原作がもともと好きで見ていたドラマだったが、こういう女(男)いる!!と共感するドラマだった。悪気はきっとないのに振り回してしまう、いいところに収まってしまう人を好きになる気持ちがリアルだった。好きな人のために、という純粋な気持ちが踏みにじられるなどつらいシーンもあったがある意味現実的だった

うまくいかない片思いや、寂しさを埋めるためにそこを利用する生々しさがかかれていて、当時はまりました。最後は結局うまくいかないところも、現実的だと思いました。あと、人生うまくいってそうなサエコが、結局秘密をかかえて夫とやり直すあたりがすごいなと思いました。

とにかく恋愛不器用なショコラティエ主人公と超かわいい人妻の紗栄子さんとのかけひきがすごくリアルです。おしゃれでインテリアとか雰囲気がめちゃくちゃ可愛くて女子が好きそうな要素がふんだんにおりこまれています。

一途な男とそれを結果としてもてあそんでしまう女、まさに小悪魔。男は好きな人の為ならどんな努力でもするよね、そして女はそれを気付いていながら純真なふりしてしたたかに利用するよね、という形が鮮やかに描かれていた。

7位:電車男

電車男(恋愛ドラマ)

電車男が胸キュンドラマという評判(抜粋)

オタクがお嬢様に恋をするという展開が、過去になかった設定で、主人公の電車男を応援するネット上の友達も親身になって応援してくれる感じが、うぶな男子にはたまならい。エルメスが理想の女性になった人は数多いのでは。

電車男は当時、実際にあった2chでの実体験を元にしたノンフィクションのストーリーであるが、何が衝撃的かというと匿名掲示板において、「2ちゃんねらーは恋が出来ない」という一般的な常識を覆した映画だということ。当時のネット社会の先入観に鋭く切り込んだ作品だと感じたため、選んだ。

他のドラマとは少し雰囲気が違い、コミカルに描かれていたのが面白く、印象に残っているからです。現実離れしたストーリーではなく、主人公が等身大で表現されていたので親近感を持って作品にのめり込む事ができました。

すこしシンデレラボーイストーリーではありますが、主人公が不器用に恋していく姿が魅力的でした。相手に電話をするだけで、体が震えて、声がめちゃくちゃになる、恋に不器用な男という感じがすごくよかったです。また、恋をすることで所謂オタクっぽかった主人公が自分磨きを始めたり、食事やデートプランを気張ったりするのが、恋愛のなせる業だなと思いました。

6位:東京タラレバ娘

東京タラレバ娘(恋愛ドラマ)

東京タラレバ娘が胸キュンドラマという評判(抜粋)

見ていてとても現実味を感じた。主人公の年齢も自分に近いものがあり、共感する点が多かった。あと少女漫画すぎる作品があまり好きではないので、見ていても不快感なく楽しめた。同じような設定の作品が少ないので。

アラサー世代の生々しい声が書かれている。純粋ではなく、複雑になりがち、考えがちなアラサー女の心、恋愛模様が丁寧にリアルにかかれている。少し年下の恋愛事情を見てショックを受けるときなど本当につらくなったので。

結婚適齢期の女子の気持ちがよく表されている。仕事と恋愛で悩む気持ちがジワジワくる。タラレバの話は誰もが経験することで、女子会で盛り上がる会話や気持ちが分かって、身近に感じやすいテーマであり、考えさせられた。

女の曲がり角アラサー女子3人が「こうだったら、こうしてれば」を語り合うことで名付けられたタラレバを題材としており、仕事や恋愛に関する同年代のリアルな心情がストーリーに描かれているため、とても共感が持てました。

5位:おっさんずラブ

おっさんずラブ(恋愛ドラマ)

おっさんずラブが胸キュンドラマという評判(抜粋)

今まで見たことのない唯一無二の内容の作品。どこか現実離れしたような、でも今の時代にぴったりな作品だと思った。おじさん同士の恋愛なのに、イケメンぞろいで見ていてとてもキュンキュンしたし、いろんな想像しちゃいました。

自分の弟もこのドラマが好きで見ていた。異性と恋愛する男性も女性も観て楽しいと感じるドラマ。同性間の恋愛や結婚は、これから当たり前のこととしてどんどん世に受け入れられるべきテーマで、このことに気軽に楽しく触れられる貴重なドラマと思います。

それまでの恋愛ドラマをガラッと変えたドラマでした。タイトルだけではあまりイメージがわきませんでしたが、見て納得。男女というくくりを超えた恋愛は、今の時代に特に合っていると思います。俳優さんのチョイスも最高で、ハマりました。続編が出たのも納得でした。

まず、男性同士の恋愛話を描いたドラマという点が衝撃的でした。しかし、ただそのテーマ一点だけを押し通そうとしているわけではなく、いい意味で「ただの恋愛ドラマ」として描かれていたのが印象的で、良い恋愛ドラマだなと思いながら見ていました。

これからの時代の恋愛に合っている作品だなと思いました。自分も春田創一のように複数の男性から告白された経験があります。自分はいわゆるノンケなので即座に断りましたが、彼の器の広さや男女間でしか関係を持てないという従来の偏見に惑わされずに視野を広く持つことは今後LGBTQの人々を理解する上で重要だなと思い、それに気づかせてくれた作品がこの「おっさんずラブ」だと思います。

4位:世界の中心で、愛を叫ぶ

世界の中心で、愛を叫ぶ(恋愛ドラマ)

世界の中心で、愛を叫ぶが胸キュンドラマという評判(抜粋)

決して笑えない真実の愛が描かれている作品と思います。色恋だけではない人間としての愛を描いた作品です。
病気というテーマで失ってしまった愛でしたが、人間の愛と、愛するゆえの苦しみを作品にまとめているという感動作です。

はかない話ですが、昔からロミオとジュリエットのようにはかない話は美談として語り継がれます。それは恋愛の王道だからだと思います。皆さんも一度はあこがれると思います。演技力もありますが、ストーリーがよかったです。

公開当時、大きな反響をよんだ作品。「現実でもしかしたら起こりうるかもしれない」恋愛ドラマ。当時を生きていた中高生を中心に、多くの世代に「生きるとは何なのか」「真実の愛とはどういったものであるか」を深く考えさせてくれたので、選んだ。

ちょっと不器用な男の子と活発な女の子のラブストーリ-という印象があったからです。主テーマとして、死と向き合うという側面がありますが、そこに至るまでの不器用で甘酸っぱい関係性は、まさに恋愛そのものと言う感じがしました。

元気だった女の子が白血病にかかってしまい、彼女が行けなかった修学旅行のオーストラリアへ連れて行こうとする健気な姿と彼女を想う気持ちに心が打たれました。純粋に相手の事を想う気持ちはこの事ではないかと気づかせられる作品です。

王道の悲恋で何度見ても泣ける、映画からドラマを観てドラマ版もすごく良かった、書籍も読んだ。でもなんだか、書籍は読まなきゃ良かったです。ドラマや映画の感動があまり書籍では感じなかった。やはり人物の演技が大切だと思った。

3位:大恋愛〜僕を忘れる君と

大恋愛〜僕を忘れる君と(恋愛ドラマ)

大恋愛〜僕を忘れる君とが胸キュンドラマという評判(抜粋)

尚ちゃんが一生をかけて真司を愛する模様が描かれていて素敵な話だと思う。若年性アルツハイマー病という重いテーマがあるが、生きている間に人生をかけたまさに「大恋愛」だと思う。また、すべて順調なお花畑ストーリーではなく、途中いくつもの困難があり、とても見どころがある作品だと思います

このドラマは、ひとつのドラマチックな恋愛にスポットを当てて描いていて、その描写がとても丁寧だったからです。センセーショナルなテーマの上にあぐらをかかず、心理描写などがきちんとしていたのが印象的でした。

見ていて泣いてしまうくらい好きな相手を忘れて言っていく状況が恋愛の切なさだと感じたから。ムロさんの悲しげな表情や言葉選びもとてもよかったです。
また、主題歌のバックナンバーがすごくぴったりで思い出に残る作品でした。

様々な試練があり、結局元の生活、関係には戻れないとしても愛している人とのわずかな瞬間を一生モノにする、そして愛すると決めた人を一生愛し続ける覚悟を学ぶことができるからです。自分は今10代で結婚願望もありますが、今後の人生においてヒントとなりそうな作品であると思います。

このドラマは、究極の愛だと思います。病気でいろんな事を忘れてしまう女性と恋をして結婚をして子供まで出来るんです。ここまで涙が出て止まらなかった恋愛ドラマはなかなかないです。ムロツヨシさんが相手役だったのもインパクトが強かったように思います。ドラマでありながら究極の愛を見せてもらった気がしました。

アルツハイマーは結構身近な病気であり、高齢化が進んでいる今の社会では痴ほう症もまた多くの人が抱えている不安要素だと思います。いくら好きでも愛していても、忘れてしまうというのはとても寂しいです。忘れられる側もまた悲しいと思いました。現実的な内容で考えさせられました。

2位:逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つが胸キュンドラマという評判(抜粋)

結婚生活をありえない環境で過ごしていき、徐々に距離が縮まっていく。主人公以外にも同時進行する恋愛関係も表現されており恋愛したくなる番組。想像を膨らませる主人公もすごく恋愛を楽しんでいる。心の葛藤が良く表れている。

現代に生きる大人の問題をきちんと描きつつ、それがだんだんと恋愛に発展していく様がとてもいい。そして恋愛になってもきっちりと仕事として家事を行う姿勢はやりがい搾取されがちな現代女性にささると思う。好きな人といることとやりがい搾取のバランスに本人たちが悩むのが共感できる。

主人公とヒロインの関係性をはじめ、さまざまなタイプの恋愛について丁寧に描かれているからです。「男と女」という単純な型にはめず、恋愛には人それぞれの形がある、という点をじっくり描いていたのが印象的でした。

現実問題を面白く、でも真剣に描かれている作品だと思います。30代恋人無し童貞のひらまさと、高学歴派遣社員のみくり。40代未婚処女のキャリアウーマンの百合ちゃん。また、同性愛や家族愛、など様々な方面からの恋愛模様がコミカルに時に慎重に描かれている作品だと思います。

契約結婚という現実離れした始まりではありましたが、奥手な男女が好きになっていく過程は、見ていてとてももどかしく、それでいて胸キュンできて、恋愛っていいなと思える内容でした。主人公の二人がこれからどうなっていくのだろうと純粋に楽しめます。

自己肯定感の低いまさたかさんが、みくりに出会ったことで自分を好きになって生き生きとしていく様子がうまく描かれていた。その時々で、みくりが脳内で繰り広げる心理学的な空想も勉強になった。石田ゆり子が叔母役で、純粋にこんな叔母がいたらいいなと羨ましくなった。

専業主婦を職業にしてみたら良いのでは、という主人公の思いつきから始まった偽装結婚の中で繰り広げられるプロの独身との恋愛模様がコミカルに描かれている中で、少しずつ芽生える恋が現代社会の葛藤とリンクして描かれておりとても面白かったため。

1位:花より男子

花より男子(恋愛ドラマ)

花より男子が胸キュンドラマという評判(抜粋)

キャストもよく、面白かったからです。
主題歌もドラマの雰囲気とよくあっていて、その曲を聴くとドラマを思い出すくらいです。原作と比べてストーリーやキャラクターの性格は若干違いましたが、それが気にならないくらい面白かったです。

ありがちなラブコメディですが、お金持ちと貧乏人の恋はなかなか上手くいかないことが切なくときに面白く描かれているので気に入っています。女性進出が花より男子によって描かれたのかはわかりませんが、主人公つくしの最後の道明寺へのセリフ『あたしがあんたを幸せにしてやってもいいよ』が非常にこころに響きました。

あまりにも大きすぎる貧富の差故に、リアルではほとんど実現しないであろう恋愛ですが、どんなにお金持ちであろうが、貧乏であろうが、その経済力を無視してでも好きという感情が動いてるシーンは興味深いです。「世の中は金」「金より愛」二つの矛盾し合う理論がある中で愛が金に勝つ姿がよく描かれてると思います。

ザ青春と言う感じで見ているだけでキュンとする。シーズン2では道明寺家に見合う家柄のライバルが出てきてどうなるかと思ったり、映画でも主人公カップルに試練がのしかかり、本当にお互いを思いあえているか試されている様子にドキドキしてしまった。

これも、原作は漫画で、設定が非現実的な世界で繰り広げられている恋愛ドラマで面白かった。もともとの漫画が面白くて大好きだったので、ドラマのほうも漫画同様楽しむことができた。登場人物の中でもお気に入りのキャラクターが主人公とどのような恋愛をしていくのかを毎回ハラハラドキドキしながら見ていた。

原作漫画、ドラマみていました。時には、笑えて時には泣けてとても良い作品だったと思います。家柄、身分の差みたいな風潮は今でも都心などではあるのでしょうか。大企業や有名なところではやはり、わたしが知らないだけであるのかもしれません。
もしかしたらいまもあるのかもしれない、大金持ちと一般庶民との色々な事情。それが描かれていて、いつもハラハラドキドキ楽しく見ていました。ラストは結ばれて大満足でした。

『自分のことを大事に思ってくれる強い男性』は少女漫画的ではありますが、女性にとって理想の一つであり、恋愛願望を満たしてくれるドラマだと思います。男性におススメしてもあまり共感されないのですが、女性にとってはキュンキュンする内容になっていると思います。

学生の恋だと馬鹿にすることができないくらい、2人に現実的な問題が降りかかるドラマです。
格差恋愛ともいう格差を痛いほど感じさせてくれるのです。これは現実でも起きている格差社会に当てはめるとありえない恋愛ですが、乗り越えていこうとする気持ちが力強く勇気をもらえます。

大金持ちと庶民の話で漫画チックだが、実際にありそうな話と思わせるストーリーと登場人物。うまくいきそうでいかない、素直になると自分はよくても周りに迷惑・傷つけてしまうという矛盾がありいい恋愛ドラマだった。

この作品は、長編で漫画よりも楽しめたドラマだと思います。松潤さんのはまり役は本当に毎回毎回、心に刺さりました。映画にもなるくらいなのでオススメの恋愛ドラマだと思います。最後もハッピーエンドで終わり、本当におもしろいドラマでした。

今でも大好きな作品です。お金持ちのおぼっちゃまと貧乏な女の子が出会って、いろいろな障壁を乗り越えていきます。何があってもくじけることがないつくしちゃんは本当に強い子だと思うし、ちょっとおバカなところが玉に瑕な道明寺も時折見せる優しさにキュンとしたりして、本当に大好きな2人です。