小学2年生(7~8歳)お小遣い金額いくら?設定金額ランキング!あげない理由も!何円がいい?

2020年6月8日

5位:1000~2000円

小学2年生お小遣い金額

1000~2000円に金額設定した理由(抜粋)

額を決めて渡していた訳ではなく、欲しいと要望が会った時に都度渡すという形式だった。毎月の平均は平均千五百円ほど。本人に額を決めて渡す方がいいか、都度渡す形がいいかを選ばせた。本人は決まった額でもらうよりも、都度もらう方が結果的に増額する可能性があると思っていたようだった。

4位:300~500円

300~500円に金額設定した理由(抜粋)

月に500円ときめてあげていた。1000円もいらないけど100円でも安すぎなので間をとって500円にしていました。月におこづかい以内でお菓子を買っていいことにして、やりくりする力をすこしずつつけさせようと思っていました。

子供のうちから大きなお金を渡すと教育上、良くないと思いますので、あまり使い道がないので1000円以下の金額にしています。もしこれで足りないような事があったらお手伝いをしてもらい、その対価として100円渡すようにしています。

3位:500~1000円

500~1000円に金額設定した理由(抜粋)

ただ単に500円がきりのいい数字だったので1年生の時からこの金額に設定していました。学校などで必要なものがある場合には、お小遣い以外からお金をだして買ってあげているのでこの金額で今は十分足りています。

毎週金曜日に、学年掛ける100円として200円渡しています。本人へは、無駄使いしないようにと話をしてます。本人もそれを理解しており、買い物へ行った時には購入した商品が幾らで幾ら足りないのか、買ったら使うのか考えながらお小遣いの使いみちを悩んでいるようです。

まだ2年生なので本当は自身で計算できるもっと低い金額にしたいが、2学年上の姉がいるのでそちらの金額に合わせざるを得ず、そうしている。まだ自分で計算できていないので、親と相談しながらどうしても欲しいものだけ買って残りは貯金している。

二年生の時は1,000円でした。三年生は1,500円、四年生は2,000円・・・と、一学年上がるごとに500円アップしていくシステムにしました。小学生が自分で買うものといえば、お菓子や可愛い文房具や漫画などだと思うので、これくらいが丁度よいと思います。

金額は1000円渡していた。親と一緒に買い物に行く時に、お小遣いの中から欲しい物を買わせるための練習としてお小遣いを渡していた。自分で考えて好きなものを選ぶという経験で金銭感覚が身につくと思うので。使わない時もあるので、貯めておくという事も学べたと思う。

現金で渡すのではなく、○○をしたら▲ポイント獲得!というかたちでの導入です。ただ単純にお金をもらった時は、すぐに全額お菓子等に消えていましたが、ポイント制にしたところ、ポイントをためるという意識がついたのか、お手伝いや自宅学習などいろいろなことに積極的に取り組んでくれるようになり、すぐに現金と交換ではなく、ある程度ポイントをためて、欲しいものを買うためにその都度現金と交換ということをするようになってきました。

2位:100~300円

100~300円に金額設定した理由(抜粋)

小学二年生なので200円をお小遣いとしてあげています。少しでも、お金のことを理解してほしいのと、お金に強い人間になってほしいと言う思いを込め、少しばかりですがお小遣いとしてお金をあげています。大事に本人は貯めているようです。

お小遣いは毎月渡しています。お金は生きていく中でなくてはならないものなので少しばかりのお小遣いですがその中で、お金の大切さや買い物をするということ様々なことを学んでほしいなと考えこのような方針をとっています。

300円与えていました。金額の設定方法は単純に学年プラス100円という具合です。基本的に学校で必要なものや、衣服に関しては親が購入しますし、2年生くらいだとうちの近所では、お友達とお小遣いを持ち寄って買い物などもありません。ですが、お金の大切さや計算、買い物の仕方などを感じてもらいたいので、お小遣いをあげています。

お小遣いは、ちょっとではありますが毎月あげています。200円ほどなので大きなものは買えませんが、お金ことを自分で使って少しづつ理解してほしいなという考えからお小遣いはあげています。毎月本人は貯金箱に入れているみたいですが。

200円です。学年✕100円で与えてました。学校や習い事、友達とのお付き合いで使うものには親が出してたので、その他子どもがほしいと思ったものに買う程度。女子なので、メモ帳やシールとか買うくらいですし、低学年なのでちょうどいいと金額だったと思います。

学年×100円にしているので、2年生は毎月200円渡している。使い道は、今のところお菓子やジュース、マンガくらいなので、ちょうどいい金額だと思っている。とはいえ安いので、欲しいものが買えないこともあるが、お金を貯めるのも練習だと思う。

毎月100円を渡していました。理由は、自分でお金を管理することを覚えて欲しかったからです。また、子どもだけで買い物に行くこともほとんどないので、月に100円で充分だと思ったからです。お小遣い帳も一緒に渡して、お金の管理ができるように声かけしていました。

1位:なし・あげていない

小学二年生お小遣い

なし・あげていない理由(抜粋)

小学二年生ではまだ、お金の自己管理はできないと思うので、お金が必要になったときその都度、お金を与えています。そのあとに何に使ったのかについて、二人で必ず話すようにしています。高学年になったら、お小遣い制にしようと思います。

回りの友達もおこずかいを貰っていないため特に設定をしています。
おこずかいの代わりに家の手伝いをした時に、その仕事に合わせて数十円~数百円のお金を渡すようにしています。
また誕生日にお祝いで貰ったお金を自分で貯めており、それを自由に使えるようにしています。

まだ『おかね』の事が理解できていない(教えていない)ので、お小遣いを渡しても使い方がわかりません。また特に子供達だけで買い物に行く事がないからです。時々、ガチャガチャを回したいという時にお金を渡して、自分でひとつだけ選んで購入させたりはします。

あげていません。今は子供と一緒に行動することが多く、友達と出掛けることもいし必要性を感じないので。ただ、お手伝いを頑張ってくれた時やお年玉だけは多少あげることにしています。お金に全く触れさせないのは後々、変な使い方をしてしまいそうなので人生勉強としてわたしています。

お金の計算や価値がある程度わかるまで、お小遣いをあげるかどうか考えています。お手伝いをしたら一回10円、でも叱られたらマイナス10円という取り組みをしていましたが、だんだんお金目当てで手伝うようになってきてしまったので、辞めました。

基本的に月々のお小遣いはしていません。何かお手伝いをしてくれたときに、10円ぐらいからを目安にあげています。お金の価値や物に対する価値、将来働いた対価としてお金をもらうという事を理解出来るようになれば、と思いそうしています。

まだ自分で「何が欲しい」という自覚がなく、買い物に行く場合ほぼ私と一緒にいくので「お小遣い」で毎月決まった金額は、
まだ渡しておりません。しかし家でお手伝いをした場合は「お手伝い賃」として10円~100円程度のお金は渡していますが特に何に使う訳ではないのでお小遣いはなしで良いかな…と考えています。

お小遣いの金額は決めておらず、欲しいと思ったときにその必要性を相談し、問題なければ購入するようにしています。本人が自分でお金を使う機会については、お年玉等を貯金した際に少し手元に残しておき、限られた額をどのように使うか考えてもらうようにしています。お金は黙っていても自動的に入るものではないということを理解する、また不必要にものを買わないよう購入前に考えるようにしてもらいため、月々のお小遣いというものは決めていません。

小学2年生では、まだお金の管理は早いと思いました。
まずは必要な時に必要な分を渡して、お金という存在の重要性をわかってもらうことが大事だと思うからです。
3年生になったら一か月3000円程度のおこずかいを渡すと思います。

決まった金額のお小遣いはあげていませんでした。週に1回程度、ショッピングセンターに行った時にカードゲームをしたがるので、その時にお金を出してあげるぐらいです。子どもにお小遣いが欲しいか聞いたことがありますが、「そんなに遣うことがないからいらない」との答えでした。

0円で、子供がほしいと思ったもので、値段と購入している頻度とを考え、子供と相談の上、親のお金で購入しています。その際、いくらぐらいかかるかを子供に見せて、買うことができるのかどうかを一緒に考えています。

基本的には月〜円という形ではあげておりません。例えば、お友達と遊びに行くだとか、〜が欲しいであったりする時はその時に必要な分だけ与えるようにしています。ただまだ小さいのであまり大きな額をもたせたくないので、1000円程度が多いです。

特に小学生のうちはお小遣いが必要だと思っていなかったので、欲しいものがあったときや、友達と出かけるというときに渡したり、お年玉を渡して使うようにさせていた。本人もそこまで不自由をしているようには感じられなかった。

必要とするその都度、使う用途を聞いて、だいたい渡しても1000円行かないくらいの少額を渡しています。お小遣いの管理や、使い方を考えるのはまだ早いような気がするので、必要とするそのときに渡すようにしています。

外出は常に家族と一緒で必要なものや欲しいもの、文房具やお菓子などは相談の上、親がお金を出していたので、お小遣いの必要性を本人もまわりも感じていませんでした。お年玉やお祝いなどはありましたが、月々のお小遣いはあげていませんでした。

学用品は言えばすぐに買っていたし、ほしいものがあれば親に言って一緒に買うというのがずっと続いていたので、お小遣い話だった。また、友達や一人でお店に行くという事もなく遊んでいたので、特に小遣いを必要とはしていないようだった。

毎月決まったお小遣いはあげていませんが、お誕生日やお年玉を親戚やおじいちゃん、おばあちゃんなどからもらった時に全額は子供に渡さず一部を渡して残りは貯金しているので、その時にもらったお金を子供はお小遣いようとして自分で持って管理させています。時々家庭でお手伝いをしてくれた時などに100円をあげたりしています。
おやつなどは準備しているので子供がお菓子を買いに行ったりすることはないのでお小遣いを渡しても使う用途がないのでお小遣いは渡していません。

月に決まった金額は与えずに、必要な時にその都度渡すようにしていました。子ども同士でお店に入ったりお金を持たせてはいけない校則だったので普段は必要ありませんでした。家族で出かける時には、欲しいものは親が買ってあげていました。

おやつは、家にあったからお金を使う必要がないから。お年玉でおじいちゃんやおばあちゃんからお金をもらうので、大抵は貯金してほしいものがあったら、親と相談して買ったり、サンタさんに頼んだり、誕生日のプレゼントにしたりして親子で関わってお金を使わせていました。

自分も夫も貰っていなかったし、必要性を感じていなかった。本人が欲しいものがあれば言ってくるし、それが本当に必要か判断でき、大切なお金を下らない物に使われなくて済む。お手伝いした時にお駄賃として渡すこともあり、それがお金を得るには労働が必要という教育にも繋がる。

小学校2年生だと子どもたちだけで出かけるということはなく、お菓子や文房具など欲しいものを買うときは私と一緒にいたのでお小遣いはとくにあげていませんでした。ゲームなど割と高額なものが欲しいときは、誕生日やクリスマスなどに買っていました。

本は親が支払うか、お年玉で買います。クリスマスや誕生日は欲しがる物をプレゼントします。普段の生活の中で、欲しがるものは、工作などに使う物であれば親が支払いますが、ガチャガチャなどのちょっとしたものは、お手伝いを代金制にして、貯めたお金で買うようにしています。例えば、布団の上げ下ろし、お米とぎ、洗濯物を外して畳む、玉ねぎの皮むき、お茶碗拭き等があり、1回5円~10円ですが、1か月で数百円になります。欲しいものが1000円程度でも、頑張れと励ましていると、ちゃんと貯めるので、定額であげる必要性を感じません。本人も自分で貯めたお金で欲しいものを買えるのがとても嬉しいようです。

月々はあげておらず、お手伝いをしたら10円を上げるようにしてます。
それで貯まったら子供に好きなものを買って良いと伝えてます。
世の中の摂理として、ギブアンドテイク、働いてお金をもらうということを知ってもらう為です。

お金の管理がまだ難しいと思ったので、お小遣いはあげませんでした。ただ、欲しいものがあるときは、本当に欲しいのか、今必要なのかをよく考えさせて買い与えていました。中には、その場で欲しい気持ちが高まって、その後見向きもしないおもちゃもありましたが、そういう失敗も経験になると思いました。

あげていないのですが、定期的にはあげなくても観光地などに行ったときなどは財布と決められた金額の予算を渡し、その中でお友達のお土産や自分の欲しいものを計画して買うように教えています。もう少し大きくなったら月額のお小遣いとお小遣い帳を導入予定です。

普段学校や親が判断して必要なもの等は親が購入します。習い事や検定などで合格や昇給するとご褒美として金額によっては欲しいと思っているものが買ってもらえます。お正月や誕生日などに祖父母からもらうお小遣いがあるので、その他どうしても欲しいものはそこから使うようにしています。

毎月決まった額はあげていませんが、毎年お正月に親戚からもらってお年玉を、1年間でうまくやりくりして使ってねと言ってあります。毎年5万円くらいもらえるので、12で割ったら4200円くらいになります。お金の使い方を学べていいと思っています。

低学年でお手伝いの用件にあわせて10円~100円とか、金額を設定してやってみましたが、定着する感じもなく、子供は遊びに夢中だったので、結局必要なときはお金を渡していたので、お小遣いの金額は高学年になるまで決めずにいました。

普段は特に必要ではないと思ってましたし、現にそうだったと思います。そのため、お小遣いとして定期的に何がしかのお金を与えるのは、小学校の高学年からだったと思います。それまでは欲しいもの、必要なものがあれば、その都度、その「モノ」を買い与えていました。