演技が上手すぎる30代男性俳優ランキングTOP35!ドラマ・映画で活躍の名役者一覧!

2020年6月19日

35位:岡田将生

岡田将生

岡田将生さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

拝見したことがあったのは、ちょっと抜けた役やかっこいい役が多かったのですが、「昭和元禄落語心中」では落語家のお師匠さんという落ち着いたそれでいて心に影のある役を若年から老年まで見事に演じていてたと思ったからです。

34位:賀来賢人

賀来賢人

賀来賢人さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

顔芸ができる役者さんの代表。ほかの役者さんはカッコイイところしか見せない。賀来くんは飛び抜けて変顔が面白い。賀来くんにしかできないと思う。かと思いきや、シビアなドラマにも出ていてカッコイイ役も演じられる。

33位:向井理

向井理

向井理さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

まず、その場面にいるだけでオーラと存在感が、かなりあって絵になります。朝ドラから時代劇から現代ドラマ。とにかく、どんな役をやっても上手だし、カッコイイし、泣いている場面では、貰い泣きしてしまうほどで、演技が上手だと思います。向井さんを見るの事が非常に楽しみです。次回はどの様な役を演じてくれるのか待ち遠しいです。

32位:三浦貴大

三浦貴大

三浦貴大さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

多くの映画やドラマに出演していますが、ふと気づいたらそこにいるという感じの人だと思うんです。存在感があるんだけど、目立ちすぎなくて、その画面の中に自然にいるという感じがします。それでいてこれを演じている人って誰だろうといつも興味を持ってよく見ると三浦さんだという事がよくあります。今回の朝ドラの応援団役でも抜群の存在感と個性を出しています。やはり演技力があるからこそだと感じています。

31位:東出昌大

東出昌大

東出昌大さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

ドラマだけでなくテレビで活躍している姿から人となりが見えますが、演技ではいい人の役に偏らず、ふり幅のある役どころを担っていると感じる。いろんな顔を演じられる、そういう器用なところが私生活でも出るのかもしれないなとも思います。役者同士の友人も多いとよく語っていたし。いい意味でも悪い意味でも。ただ先の2名よりは劣るかな、と個人的な感想。

30位:山下智久

山下智久(ジャニーズ)

山下智久さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

年齢を重ねるごとに演技力が増していると思います。
キャラクター性も様々で、シリアスからコメディー、善人から悪人まで幅広く演じわけができて、主人公の内面の複雑さも表現できているので、ストーリーに入り込むことができます。

29位:山崎育三郎

山崎育三郎

山崎育三郎さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

ミュージカル俳優として培ってきた演技力は、ドラマでもいかんなく発揮され、特にオーバーなリアクションなどがとても上手です。
本来なら嫌味っぽく映るシーンも、山崎さんが演じると、不思議とすんなり受け入れられます。
とても表現力の豊かな俳優だと思います。

28位:松田龍平

松田龍平

松田龍平さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

独特の雰囲気を醸し出している俳優ではあるが、作品ごとに違う人物像を演じることができていると感じるため。表面的には「弱そうなキャラクターであっても、心の芯に抱えているものがある」といったように、目や息遣いを丁寧に活用していると感じる。

27位:柄本佑

柄本佑

柄本佑さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

柄本佑さんは俳優一家ではじめはそれほど注目していなかったけれど、演技力がすごくて引き込まれた。また、すごくイケメンというわけではないけれど重要なポジションにいることがよくある気がする。様々な役をされているのでそれもまたおもしろい。

26位:城田優

城田優

城田優さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

顔立ちがはっきりしていて、声も素敵なので、どのドラマに出ていてもとても目立つ存在です。
ですが、それだけではなく、その演技力は真に迫るものがあって、泣いたり叫んだりするシーンを見ていて、ぐっとなるシーンがたくさんありました。

25位:三浦翔平

三浦翔平

三浦翔平さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

現在ABEMAで放送されている、三浦翔平さん主演のM〜愛すべき人がいて〜を見ています。豪華な演者さんもいる中で、他の演者さんが霞んでしまうほどの迫力のある演技をされていると感じました。そのため、三浦翔平さんを演技力が高い俳優さんに選択させていただきました。

24位:風間俊介

風間俊介

風間俊介さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

金八先生の兼末健次郎役がとにかく鮮烈に記憶に残っている。難しい家庭環境で育った一見優等生の生徒役で実は心に深い闇を抱えている。大人が演じるにしても2面性を演じ分けないといけない難しい役ですが、若いのにリアリティもあって、自然に演じていたと思います。最近バラエティでもよく見かけますが、頭もよいようなので、役を掴む勘も優れているのだと思う。

23位:柄本時生

柄本時生

柄本時生さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

柄本時生さんは気がついたら「そこにいた」と認識する俳優の中の俳優です。キャラのクセが強い役が多いのに嫌味がなくてこんなに心からスルッと応援できる人は、俳優業以外のジャンルを含めても中々いない存在だと思います。濃いのにスッキリしたラーメンみたいにずっと出演していてほしい存在です。

22位:松田翔太

松田翔太

松田翔太さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

独特の演技はうまいと思います。すべての役柄をオールマイティにこなせる役者かどうかと問われたら、彼はたぶんn難しい。違うと思います。過去の作品を見ても独特の存在感はあるので期待できる役者と思っています。

21位:綾野剛

綾野剛

綾野剛さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

演技の幅が広いな、と思う俳優の一人です。優しくてふわふわした、ドジっ子の産婦人科医から、狂気満載の不死身の殺人鬼、情緒不安定でなげやりな精神病等患者まで、実に様々な役をこなしていらっしゃいます。ここまで180度演技を変えられる人も珍しいんじゃないかと思います。

綾野剛さんが出演している作品をいくつか見せてもらっているが、どんな役柄でも変わらずに演じられているし、みていてすっとはいってくる。また、引き込まれるかんじがする。綾野剛さんが出演していることでまとまりのあるかんじになっている気がする。

20位:伊藤淳史

伊藤淳史

伊藤淳史さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

芸能人にも関わらず、全くそう言ったオーラを感じさせないところやどこにでもいる一般人のような雰囲気が作品全体の世界観を損ねることなく鑑賞する側をその世界観に引き込んでくせる演技が本当に素晴らしいと思います。

ちびノリダーの頃から見ています。主役にはなれませんが、すごく味のあるわき役だと思います。主役をうまく引き立てる演技のうまさがあります。特に目立つわけではないのですが、ドラマで出てくると、安心します。年を重ねた時の演技が楽しみな役者さんです。

19位:三浦春馬

三浦春馬

三浦春馬さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

ヒロインの相手役という印象が強かったのですが、「キンキーブーツ」のローラ を演じるのを拝見して、歌唱力の凄さにまず驚かされ、ドラッグクイーンを見事に演じ上げていてとても惹きつけられ、印象がガラリと変わりました。

今まで、若手キラキラ系俳優枠だと勝手に思い、少し、苦手意識があったのですが、舞台でのドラッグクイーン姿がとてもなりきっていて、衝撃を受けてから、印象ががらっと変わりました。役とすごく向き合っている俳優さんだと思います。

18位:瀬戸康史

瀬戸康史

瀬戸康史さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

仮面ライダーをしていた頃からのファンで、その演技力もどんどん増していっていると思います。
当初は、ぎこちないと感じる部分もたくさんありましたが、演技をする度にナチュラルさが増してきて、主人公のナイーブさなども上手に表現することができていると思います。

海月姫では女装を披露していましたが、女の子でした。町を歩いていてもわからないくらい可愛い。女性になりきるために勉強したのだろうと思います。同じドラマでも男性のシーンもありますが、こちらは男らしい。使い分けが上手だと感じました。

17位:生田斗真

生田斗真(ジャニーズ)

生田斗真さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

TVドラマ「俺の話は長い」の演技が最高でした。様々な出演作品を見てるはずですが、もうこのドラマの彼しか思い浮かびません。ツベコベ言わせたら天下一品の引きこもりをちょっと小生意気な様子もあった少年時代の生田斗真の顔を見せつつ見事に演じていたと思います。ニート=根暗の概念をひっくり返し、ニートなのに友達もいて出歩いて、刺激を受けながら葛藤していくとういう新しいニート像が生まれたのも彼ならではないでしょうか。姉役の小池栄子とのケンカシーンも芸達者ぶりがうかがえて毎週楽しみでした。

演技に非常に艶があるから。
引き締まった肉体美や体幹のしっかりした姿勢にジャニーズ出身の俳優なんだなと思わされる。
ウロボロスや予告犯などのクライムサスペンスから土竜の唄のようなギャグまで幅広いキャラクターをこなすから

16位:千葉雄大

千葉雄大

千葉雄大さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

可愛い雰囲気の時も、少し悪し役の時も、きざな時もどの役を見ても、それが千葉さん自身なのかと思わせる演技力。バラエティー番組等でみせる千葉さんが本当の千葉さんなのか、その時すら演技をしているのではと思ってしまうほど、素が分からないと思わせてしまうという事は、真からの役者さんなのではと思ったので、選びました。

見た目の可愛さを生かした演技がぴったりで、後輩役をさせると主人公よりも存在感を感じる演技を見せてくれると思います。主人公を演じることも多く、シリアスなシーンでは笑わない役をすることもあり、その存在感にもまた見入ってしまうほどです。

15位:田中圭

田中圭

田中圭さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

おっさんズラブで主人公を演じた時、だだをこねる様子が本当に子どものようでした。主人公のだらしのない感じが伝わってきました。田中圭さんだからこその愛されるキャラクターだったと思います。一変、ビオレなど洗剤のコマーシャルは爽やかさを感じます。

「おっさんずラブ」のようなコミカルなものから、「あなたの番です」のようなシビアな役まで幅広い役柄を演じられる感じは、他の俳優さんとまた違った魅力を感じさせてくれ、演技力の高さを感じさせてくれると思います。

14位:柳楽優弥

柳楽優弥

柳楽優弥さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

シリアスなキャラクターから軽薄なキャラクターまで幅広く演じられるところ。わざとらしさのないナチュラルな演技をする役者さんだと思います。身のこなしが軽やかで、目で、視線で語るような演技に惹きつけられることも多いです。

カンヌ映画祭で一躍脚光を浴びた存在感は誰もが認めるところですし、大人になってからの活躍もちゃんと作品ごとに個性ある「役」をこなしていると感じます。”何をやっても同じような”人ではない、と思います。個人的にはドラマ「ゆとりですがなにか」とか映画「銀魂」、好きです。

13位:松坂桃李

松坂桃李

松坂桃李さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

すごく演技が上手い!と思ったわけではないのですが「カッコいいね」と最初は松坂桃李として見始めてもすぐに役の人として入りこめ、「桃李感」が無くなっていくという感じです。もう 10年くらい前に天海祐希さん主演ドラマに出演していた頃から
気になる存在でした。

アカデミー最優秀賞をとるだけあって、やっぱり上手い俳優さんだと思います。昔のドラマを偶然見たのですが、上手でした。少し前に放送されたスペシャルドラマの犯人役も大変うまかったと思います。色々な役をやってほしいと思います。

前まではそこまで演技力の高い俳優さんだとは思っていなかったのですが、時代劇や「娼年」というR-18指定の作品などを通して演技力の高さを感じました。役の些細な感情の表現、表情などとても繊細に演じていると思います。

12位:大野智

大野智(ジャニーズ)

大野智さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

どんな役であってもその役になりきる演技力のある人だと思っています。最初にすごいと思ったのはドラマ「魔王」です。誰からも愛される弁護士が魔王に代わる瞬間は背筋がぞくっとしました。嵐の大野さんと知る前に見たドラマです。その後も怪物くんなど何を演じても魅力的に演じていて演技力が高い人なんだと感じています。

「魔王」や「鍵のかかった部屋」「死神くん」「怪物くん」などどんなキャラでもすぐに自分のものにしてしまう演技力の高さを感じます。特に泣きの演技では視聴者を引き込むほど魅力ある演技だと思います。コミカルな役から復讐に満ちた悪い人間の表現力等様々な顔を見れてすごいと思います。

特に、「鍵のかかった部屋」を好きでよく観ていたのですが、難しくて長いセリフを、早口で身振りも加えながら演じていた姿が素晴らしいと思いました。その他にも、ユーモアのある役もこなし、幅広く活躍されているので、すごいと思います。

11位:濱田岳

濱田岳

濱田岳さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

主役だと作品にバッチリ合致した独特の雰囲気を漂わせる演技が魅力。
脇役だと愛嬌のある顔立ちも相まって非常に画面が和らぐ。けれどシリアスな作品にも合わない事がない。それは間違いなく演技で作品の雰囲気に合わせているからだと思うから。

脇役が多いと思いますが、濱田岳さんがいると盛り上がってコメディタッチになるので、面白く視聴することができます。若さがあるけど二枚目ではない親しみやすさを感じさせ、感情の細かい機微を表現することができる役者さんです。

子役から演技をされているだけあり、安定した演技力で、とても安心して見ることができます。
そして、感情を高めて泣き叫ぶシーンなどでは、心からの叫び声に聞こえて、とても胸が締め付けられます。
コミカルな演技も上手で、本当に万能な俳優だと思います。

二枚目俳優、イケメン俳優と呼ばれる人と違い、コミカルな演技で魅了させてくれる俳優です。auの三太郎などCMも多く起用されていますし、身近に感じやすくとても親近感のある俳優です。他の俳優には真似できない魅力があります。

10位:松山ケンイチ

松山ケンイチ

松山ケンイチさんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

ストイックな役作りによる固定されないキャラクター性が非常に魅力。シリアスな役から人情味のある役、ギャグやコメディの主人公までこなせる人はなかなかいないと思うから。和製ジョニーデップと言われるのも納得。

正統派からサイコな役までこなせる凄い俳優だと思う。穏やかなイメージを持っていたが、デスノートでLの役を演じたときの演技力に衝撃を受けた。同じ人とは思えないくらい凄い。それからは出ているドラマはチェックして見るようになった。

映画のデスノートで、松山ケンイチさんを初めて知りました。この映画が皮切りとなって、デスノートは映画版だけではなく、ドラマ、舞台も作成されています。しかし、松山ケンイチさんが演じるLでなければあれほどのヒットは生み出せなかったと思うます。そのため、演技力が高い俳優さんに松山ケンイチさんを選ばせていただきました。

明るいキャラの時はしっかりと明るく、まじめな役では真面目に演技をしている。主演もするし、わき役もできる。アニメ映画の声優では敵キャラであってもイメージを崩さずそのキャラにあった演技をしていたので、うまいと思う。

松山ケンイチに注目したのは、デスノート。あの役を本当に人間が演じられるのかと思ったが、松山ケンイチは見事にこちらの予想を裏切ってくれた。後で、役柄によってさまざまに変化するのでカメレオン俳優と言われていると知ったが、まさにそうだと思う。

9位:松本潤

松本潤(ジャニーズ)

松本潤さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

松本潤さんは主役が多く一本筋の通った役が多いと考えたからです。どんな困難があってもまっすぐ自身の考えを貫くのは難しく内包するものが外に必ず出ているので、一本筋の通った役が多いということは松本潤さんご本人が自身の考えを貫く人だからあたえられるのだと思います。

松潤は嵐メンバーのうちで一番演技が上手いと思います。もともとが不器用な分、真剣に見えるところが演技にもプラスに見えるように思います。これまでの演技がとても良かったので、これからも期待できると思います。

弁護士といった難しいセリフのある役から、パティシエのような役に至るまで、どんな対照的な役でも完璧にこなしていて、しかも演技に余裕があるように見えるので、見ているこちらも、安心して楽しく見ていられます。

王道主人公を演じてそうですが、王道主人公というよりちょっと癖のある人物を演じていて、それぞれの役をより魅力的なキャラクターにして物語を面白くしているところです。知らずに見た時、この役もこの人だったのかという驚きがありました。

他で、演技力が高いと思う人は、あまりいないです。どの方も似たり寄ったりです。アクションをうまくこなせているので、松本さんを選びました。頭の良い役が多い気がしますが、汚れ役もこなせるのではないかと思います。顔で演技のできる方だと思います。

8位:窪田正孝

窪田正孝

窪田正孝さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

若い頃から見ていますが、演技の幅がある俳優さんだと思います。コミカルな役、シリアルな役、使い分けがうまいです。「この人こういう役ばっかり」「この人、どのドラマ見ても同じに見える」俳優さんが多い中、窪田さんは別格です。どのドラマを見ても、その役に入り込んで、毎回見るのが楽しみです。結婚して、更に演技力の幅が出てくると思います。

いつも役と真摯に向き合っている姿勢に好感を覚えます。
気弱な青年から、友人である男性に恋心を秘めた役、真面目に夢を追い求めている役と、演じる役は様々で、難しいものもたくさんあると思いますが、なんなくこなしている印象があります。

天真爛漫な役柄からシリアスな演技までこなせるとても器用な俳優だと言う印象です。「アルジャーノンに花束を」へ出演されていた時には、その役の感情の表れ方がとても純粋でエネルギッシュなことに驚いて、見ている方も心を動かされました。

素朴な感じの笑顔がたまらないのに、それでいてふとした瞬間の鋭い演技ができるのがすごいと思います。デスノートなんかはその最たるものだと思います。朝ドラで純朴な音楽家を福島弁で演じている姿は新境地を開いたなと思います。

演技力の高さに心が惹かれます。初めて窪田さんの存在を知ったのは「SUMMER NUDE」なのですが、その後の「花子とアン」や「Nのために」「アルジャーノンに花束を」「アンナチュラル」「ラジエーションハウス」などどの作品でも存在感があり、繊細な表現力がとても上手で主役も脇役もきちんとこなせる数少ない演技派俳優だと思います。

オフの時はとにかく笑顔が可愛く、好きな物について語る時の嬉しそうな顔が忘れられないが、ひとたび役に入ってしまえばもうそこに窪田正孝はおらず、役になりきれる。彼のあの鋭い目付きや死んだような目付きが、オフの彼からは想像も付かない。あとは声の出し方が上手いと思う。役に合わせて声を使い分けることが出来ていると思う。

7位:斎藤工

斎藤工

斎藤工さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

とにかく、かっこいいです。映画に詳しすぎるほど詳しいので、演技に関する造詣も深く、厚みのある演技ができている方だと思います。キラキラとは違う、なにか、影がありつつ、面白さもある方なので、深みがある演技なのではないでしょうか。

昼顔で演技を初めて観ました。どんな役にもハマるカメレオン俳優だと思います。と同時に、とても色気のある演技をされるので貴重な存在です。影のある表情を出せるレアな俳優さんなので、これからどのように歳を重ねていくのかが楽しみです。

見ためから濃いのでインパクトがあるが、真面目な役から悪役、お笑いまでこなす演技の上手な俳優だと思います。素顔はお笑い好きの気さくなタイプのようで、笑っていると優しい印象ですが、ドラマや映画のシリアスなシーンでは真面目な迫力のある演技をしているので感動します。

最初に見たときは正直あまり印象がなく、なぜこれ程人気があるのか疑問に思った。出ているドラマを見て、一瞬で納得。クールな大人も強引な男の子も見事に演じ分けていて凄いと思った。覆面で芸人にもチャレンジしているのを見て、何にでもチャレンジする俳優さんであることを知り、とても印象が良い。

とにかく人を見つめる演技が素晴らしいと思います。台詞がなくてもあのあつい視線だけで恋心の切なさや苦しさ、激しさまでもを表現していると思います。落ち着いた口調の台詞まわしも聞きやすく、色っぽくて素敵です。

自分が求められているものをゆがめることなく確実に提供できる人だなという印象です。監督なり製作者側の意図を完全に伝えてくれているだろうという確信があります。変なこだわりがなく、自在に変化できるところがそう感じさせるのかもしれません。

6位:二宮和也

二宮和也(ジャニーズ)

二宮和也さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

不細工ではないものの突出した美形というわけでもないため、いろいろな役柄にピタッとはまるところがあると思います。台詞のない場面での表情がとても自然で、いつの間にか気持ちが引き込まれていることが多いです。

ジャニーズながら、自然な演技が本当にうまいと思います。ジャニーズ=演技はちょっと、というイメージがあったのですが、一気に塗り替えられました。そこらへんにいそうな、よくいる人から、頭のキレる天才まで、変幻自在の演技力を持っていると思います。

子供の頃からアイドルというくくりで観てきましたが、嵐として歌ったり踊ったりしているときや、バラエティなどで見る素の感じとは違った雰囲気で観ている私を安心させてくれるような安定した演技力があると思います。

映画『母と暮せば』を観て、彼の演技が素晴らしいと感じました。気取りがなく、本当にその人物が実在しているかのように感じさせる演技です。もはや嵐の二宮和也という人物が芸能界で活躍している様を演じている人がいると思ってしまうほどです。

ジャニーズとは思えないお芝居をする。とてもではないがアイドルには見えない。若い時は一括りに好青年のような役が多かったが、今は歳も重ね、幅広い役を演じられているのもすごい。彼が持つ、元々の悲しさや闇のような部分を反映した役がとにかく似合う。声だけでのお芝居も素晴らしい。鉄コン筋クリート、暗殺教室では度肝を抜かれた。

目で語りかけることのできる俳優と感じるため。特に社会派なドラマ・映画の役柄では、誰かに対しての信頼・疑いといった気持ちを言葉に発することなく、二宮さん自身の目で察することができる。主役でも脇役でも重要な役柄をこなすことができると感じている。

5位:中村倫也

中村倫也

中村倫也さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

ここのところ急に知名度が上がってきましたが、実は過去に見ていたいろいろなドラマにこの人が脇役で出ていたことを知り、とても驚きました。中でも一番驚いたのが、上野樹里と出演していたダイワハウスのCMです。よく「カメレオン俳優」という呼び方がありますが、まさにそうで、それぞれの役に完全に馴染んでいて、この人自身の存在感を完全に消すことが出来ているからだと思います。

役柄によって、目つき・態度・服装等、同一人物とは思えない雰囲気を出しているし、トーク番組での中村さんと比較してみても、まったくの別人に見える時もあると感じるという事は、演技がとても上手いゆえにおこることだと思うので、中村さんを選びました。

以前からお名前は知っていたのですが、あまり拝見したことがなく、最近のドラマを見て演技が、上手い方だなあと思いました。映画にもいっぱい出ているようですし、それは演技力の高さがあっての事なのではと思います。活躍が楽しみな俳優さんの一人です。

突然出てきて、気づいたら中村さんの出演しているドラマを見たいと思わせる人だと思います。ちょっとだらしないイケメンを演じていて、すごいはまり役だなと思っていたら、今回のドラマでは美食探偵を演じています。そのしぐさや表情が視聴者を魅了します。調べてみたら他にもたくさんの映画やドラマにも出演しているんですが、素顔がわからないほど全然違う人を演じているように感じました。これからどんな役を演じてくれるか楽しみな役者さんです。

「初めて恋した日に読む話」での役柄が、良すぎました!本当にそんな人に見え、あの作品の中で、最も好きなキャラクターでしたが、他のドラマやCMでは全く違う役柄を演じられていて、それぞれ全く違う人に見えるので、まさに「カメレオン俳優」だな、と思います。

あの、独特の雰囲気は誰にも出せないと思います。
柔らかく、つかみどころがない。まるで、青空を漂う雲のようです。
キザな台詞をサラッと言えてしまうところや、フッと横目で相手を見るシーンには、いつもドキドキさせられてしまいます。

特に、「美食探偵」が好きで、よく観ているのですが、演技力が高く、しかも食べる時の所作が非常にきれいで、役に非常に合っていると思います。その他にも、今回とは対照的な役でも上手に演じていらっしゃったので、今後もどんどん活躍していっていただきたいです。

4位:山田孝之

山田孝之

山田孝之さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

勇者ヨシヒコというドラマを見て、演技の幅が広いと思ったからです。勇者の役でありながら、不倫に目覚めたり、映画クローズの芹沼のような悪を演じたりと演技の幅に感心しました。彼の演技が勇者ヨシヒコのドラマを面白くさせたと思います。

色んなタイプの人の演技をしているし、カメレオン俳優と呼ばれるほどだからです。昔はおとなしい感じのイケメンタイプだったが、作品ごとに変わるので見ていても面白いです。ジョージアのコーヒーのCMを見ているだけでも、演技の幅があると感じます。

まずはどんな役柄も演じることが出来る柔軟性と役を演じる際の細かな所作から山田孝之と言うパーソナリティーを一切感じさせず、あたかもそういった人物が存在するように感じさせてくれるといったところが素晴らしいと思います。

コミカル(例:勇者ヨシヒコ)な作品から、シリアス(例:凶悪)な作品まで、その作品の世界観に落とし込んだ空気感を醸し出すことができるため。また、セリフ回しから繊細な心情変化の様子を感じ取ることができるため。

とにかく色んな役が演じられる。演技の幅が広すぎる。まだ若い時のちゅらさんやウォーターボーイズ、世界の中心で愛を叫ぶなど、がむしゃらに突っ走る役も出来るかと思えば、ヨシヒコやクローズなど真逆の役もこなせる。とてもではないが同じ人間が演じているとは思えない。まさに天性の役者。

勇者ヨシヒコのインパクトがかなり強い俳優さんです。演じられる役の幅が広いにも関わらず、どの役もぴったりこなしている印象です。特に個性の強いキャラクターを演じさせたらピカイチで、この役は山田さんじゃないとダメだなと思わせる俳優さんだと思います。

彼がいるだけで、ドラマや映画の雰囲気ががらりと変わるなとおもいます。面白い役は普段の性格からぴったりなハマり役だなともって笑ってしまいます。しかし、真面目な役をするときには、少し怖いくらい迫力があり画面に引き込まれてしまいます。

人物はあまり好きではないですが、役によって全く違う面を見せてくる演技力は、見ている側がその作品にのめり込ませてしまうという事は、相当な演技力だと思います。また、次の作品も見たいと思わせるという事は、これまた真の演者ではないかと思います。

3位:小栗旬

小栗旬

小栗旬さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

幅広い役をこなしており、その物語に引き込まれるような演技をしている点。どのようなジャンルの作品でも、その役割を理解して挑んでいるように見える。声優業も、アニメを見ていても違和感がないので、結果演技力が高いと思う。

役柄で、こんなにもイメージが変わる俳優は珍しいと思います。
クールでバリバリ働く、若手のイケメン社長から、女性にだらしがなく奔放な男性、そしてハチャメチャでつかみどころがない男まで、演じる度に印象も行動も、すべてが違って見えます。

7年前に放映されたドラマ「Woman」での青柳信の演技が、とても素晴らしかったです。元々は、何か有名なタレントと言う印象しかありませんでしたが、私にとって大切なこの作品で、かけがえのない役割を担っていた人だなと今改めて思います。シンプルなようでいて難しい役柄を、不思議な存在感と、役者の欲をぐっと抑えたような素朴な演技でこなされていたと思います。

存在感が半端ない。滲み出る色気がある。目と表情で、心の中の感情を表現することができ感性が優れた方だと思います。癖のある個性的な役を演じることが多いと思いますが、難しい役をよくこなしておられます。どの女優さんと一緒にやっても、いい感じで仕上がっています。

小学生の時に、嵐の松本潤さんが主演のドラマスマイルを見ていました。そのドラマの主要登場人物として、小栗旬さんが出られていたのですが、その時の演技が10年以上経った今でもとても鮮明に残っていたため小栗旬さんを選択しました。

私の見るドラマや映画のほとんどに、何かしらの役で小栗旬さんは出演なさっているからです。主役だけではなく脇役や準主役など、どのような役でもこなされている姿はまさしく俳優さんであると言えます。小栗旬さん自身も滲み出ているのに役にしっかりハマっているのはさすがだと思いました。

映画銀魂を見て、こんな役もできるんだと思ったからです。主人公の銀ちゃんこと坂田銀時は仕事もろくにしないダメ人間です。一般的な小栗旬のかっこいい姿とかけ離れてしました。そのギャップがとても面白く、小栗旬の演技力の高さを感じました。

独特の個性ですが演技はうまいと思います。確か両親のどちらかも同じ道だったと聞いたことがあります。これまでの演技をみても自分の個性を発揮していると思いますし、ドラマでの難しい役でも魅力的に演じていました。

2位:鈴木亮平

鈴木亮平

鈴木亮平さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

数々のテレビドラマだけでなく、映画への出演も多い。そのジャンルも幅広い。最近ではNHK大河ドラマ「西郷どん」のイメージが記憶に新しいですが、映画「変態仮面」や「俺物語」のような二枚目だけでない役者イメージを汚さないか心配になる役すらちゃんと不自然にならずこなせるふり幅のある演技力だと思います。

大河ドラマ、西郷どんで西郷吉之助を務めた時の演技が良かったです。特に、島流しの刑に遭ってしまい、島でやる気をなくしてしまうところは、近寄りがたい恐ろしい雰囲気が表情からも伝わってきました。方言も違和感がなかったです。

鈴木亮平さんのすごいところは、役とのシンクロ率です。恰幅のいい男性のときは、体型まで変えますし、話し方や声質まで変えてしまいます。
そして、「テセウスの船」では、善人なのか、それとも極悪な殺人犯なのかわからない微妙な演技で人々を魅了しました。

良い人から変な役まで実にいろいろな役柄をこなしているから。また役に挑む姿勢が生半可ではなく、役作りのために体重の増減(マイナス20キロからプラス30キロまで!)を繰り返したり、役になりきるための努力・ストイックさがすごい。それだけ1つ1つの役に真摯に取り組んでいるということだと思う。

鈴木亮平は何といっても役柄の幅が広い。美男ではないので、美男しかできない役は無理だが、悪役から善人、凶悪から気弱、果ては変態まで演じて見せてくれた。その役への没入感は半端ではないように思う。肉体を改造してしまうほどの役への思い入れもすごい。

西郷どんのインパクトが強い俳優さんです。役に合わせて体形までコントロールしていて、リアリティーを追求する役作りをする方だと思います。説得力のある演技で、観ていると自然に引き込まれます。西郷どんの放映前は、西郷さんのイメージ無いなぁと思っていましたが、いざ観てみたら、良い意味で見事に裏切られました。

役作りのために体重を何キログラムも落としたり増やしたりする努力が素晴らしいです。「西郷どん」の主役は、リーダーシップをとることができる素晴らしいはまり役でした。「テセウスの船」では、年齢を重ねた役を演じ、カラダの使い方までよく観察して演じておられると感心しました。

役柄によって自らの外面をも変化させるほどに作り込むプロ意識や端々に感じさせる知性が他の役者さんと比べても際立っていると思います。それと表現力の豊かさや内面から滲み出る柔らかさや懐の広さがとても魅力的に感じます。

1位:藤原竜也

藤原竜也

藤原竜也さんが演技上手いと評判の理由(抜粋)

様々な映画に出ていますが、どの役を演じてもその時々で色んな表情を見せてくれて観ている私を映画など映像の世界に引き込んでくれ毎回ワクワクさせてくれる感じは、他の俳優さんと違った特別なものを感じさせてくれます。

以前は丸顔ということもあって、あまり評価していなかったが、デスノートあたりから酷薄な役等に演技の幅が広がったように感じた。典型的な美男ではないし、二枚目俳優ではないが、美しい男を演じられる男優だと思う。

役どころは偏ってはいるが、サイコパスな演技や、叫ぶ演技力などが非常に高く、迫力がある。絶望的なシーンでは本当にこっちもドキドキさせられて物語を見ることができる。裏表のある役どころでも、うまく表現していると思う。

くせのある役にはこの人かと思わせます。デビューが蜷川幸雄さん演出の身毒丸であった事もあり、鬼気迫る演技は凄いと思います。映画でもカイジやバトルロワイアルなど、現実にはない変わった役が多いが、それも演じきれる俳優です。

演技力の「力」、という部分が抜群に強い、と思いました。必ず印象に焼きつく演技を残していきます。演技の力が強すぎて、時折他の人物より浮いてしまうぐらいです。現実には実在不可能そうなキャラクターでも、見事に作り上げてしまうから驚きです。

好き嫌いは別として大変演技力のある方だと思います。彼が出演した様々な作品の重要シーンをすぐ思いだす事が出来ます。デスノートのラスト、父親に犯人だとバレた時の狂気の顔、映画「億男」のカリスマ役で万札をバラまいているシーンなど。思い出してまた見たくなるので、演技力にハマっているといえるのかなと選びました。

鬼気迫る迫真の演技といえばこの人だという印象です。同じように思う人は日本にたくさんいるんじゃないでしょうか。独特なハスキーボイスも、その真似できない演技に一役買っていると思います。俳優は作品を通して、今を生きる人々の心の声を体現する仕事といってもいいと思いますが、この人は、豊かなようでいて何かに縛られている私たちの心の叫びを画面で訴えているような気がします。

藤原竜也さんは舞台もされているし、有名な監督さんに指導を受けていただけあって演技がとびぬけていると思う。若いころから映画やドラマ、舞台で経験して場数を踏んでいるのも演技力がすごい要素なのかと思う。また、映画のデスノートでは鳥肌が立たつような演技だった。

映画カイジを見て、演技に強烈なインパクトがあったからです。叫ぶシーンやあのギャンブルのドキドキするシーンはとても印象に残りました。彼にしかできない演技だと思います。事実、彼の名言は真似して言いたくなるような中毒性があります。