小学1年生6~7才に人気の習い事ランキング!おすすめの理由と費用・効果について口コミ評判まとめ!

2020年6月8日

11位:自然教室

自然教室(習い事)

自然教室が小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

小さい頃から玩具ではなく、自然に興味を示していました。枝で工作をしたり落ち葉で絵を描いたりしていたので、毎回笑顔で取り組んでいました。週末の活動が多く自分土日祝日等は泊まり掛けのレクもあり 一回に付1万前後の費用が掛かりましたが、人との関わり方等も学べるので 心の成長に繋がる教室だと感じています。 基本的に参加料プラス材料費なので月12000円くらいです。

15位:バレエ

バレエ(習い事)

バレエが小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

バレリーナのように手足が長く綺麗な身体になればいいなと思って通わせました。厳しいトレーニングが本人に合っていたようで楽しく通っています。習いはじめてすぐに体が柔らかくなりスラっとしていくのがわかりました。頻度は週に2回、1ヶ月のレッスン代は1万円以上です。レッスン代の他に入会費、衣装、ステージ代などイベントによってかわります。

14位:ポピー

ポピー(習い事)

ポピーが小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

余計な付録が少ないこと、月3000円かからない費用が安いことが続けやすいと感じました。ポピーは小学校で使われるドリルを製作している会社であるため、シンプルでわかりやすい教材であり、子ども本人も抵抗なく取り組めています。家庭での学習習慣をつけるという面や、小学校での学習内容を定着させるために、ちょうど良い習い事です。

13位:リトミック

リトミック(習い事)

リトミックが小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

はじめはピアノを習わせようと考えていたのですが、周りの親御さんから、まずはリトミックで音感やリズム感を養ったほうがいいと教えてもらったからです。
また教室のチラシにお友達が載っていて、可愛い衣装が子どもに興味を持たせたようです。
娘はお友達と一緒にできることを楽しく感じているようです。
費用は1ヶ月1万円。
頻度は1ヶ月に3〜4回です。
年に2度ほど発表会もあるようです。

12位:公文書き方教室

公文書き方教室(習い事)

公文書き方教室が小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

親がペン習字を習っていて、一緒にやれる習い事ということで始めました。子供が習い始める前から一緒に連れて行っていたので、すんなり始めていました。鉛筆の持ち方がよくなり、字を丁寧に書くようになりました。また、集中力がついたと思います。週1回30分程度教室でプリントをやって、残りは家でやります。費用は3500円程度です。

16位:ダンス

ダンス(習い事)

ダンスが小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

地域でバリダンスを教えてくれるグループがあり、母親の私自身も子供も興味があったので通っていました。まずは体験教室に参加し、子供が楽しそうだったので、週に一度通い始めました。費用は一度のレッスンが2000円でした。大人コースは本格的でしたが、子供はそこまで厳しくなく楽しく踊ることを重視しており、お友達もできて楽しそうでした。

10位:将棋

将棋(習い事)

将棋が小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

本人が希望したので習い始めました。穏やかな先生の指導が子どもに合っていたようで、どんどんやる気になり、負けが続いても嫌がることなく通っています。楽しく続けられることが一番大事だと考えているので、将棋を習い始めて本当に良かったです。月謝ではなく、予約をして教室に行けた時に一回分の料金を支払うシステムなので、行けなくて勿体ないということもなく、子どもの体調や用事を優先できるのも嬉しいです。基本的に月2回で、1500円程度です。

9位:ロボット教室・プログラミング教室

プログラミング・ロボット(習い事)

ロボット教室・プログラミング教室が小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

学研系統の学習塾でプログラミング・ロボット教室を受講させていました。体験授業の時や最初の通常授業から楽しそうもやっていました。今日は何が出来たかなども話すようになり、習わせて良かったと思っています。月謝は月で約10,000円で、週1回で通塾していました。親からの目線ですが、論理的に物事を考えることに少しは役に立ったのではと感じています。

これからの時代は、プログラミングやロボットなどを扱う仕事が増えると思ったからです。実際に学校の授業でも導入されているので、習っていて損なことはないと思いました。頭で考えて行動するということも身につくし、男の子も女の子もこういった情報系の分野を学び、時代についていってほしいなと思います。頻度は週1程度で良いかなと思います。

8位:習字

習字・書道(習い事)

習字が小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

《理由》文字を綺麗に書けるようになって欲しい。集中力を身に付けさせたい。塾に通う経験をさせたい。《本人の反応》楽しく通っていた。集中して何かに取り組めるようになった。字が達筆になった。友人が増えた。真剣に取り組むようになってから、向上心が増した。やりがいを感じていた。階級が上がったり所属する協会?の月刊誌に自分の作品が載ったりして自信を持てるようになった。自尊心が増した。長く続けられていた。《親の反応》字が上手くなって嬉しい。集中力が身に付いたと思う。入賞した時は私も嬉しかった。私も書道を習っていたので、親子での話題が増えた。真剣に取り組むようになって、目標を持って取り組んでいたのでそう言った経験ができてよかった。《費用、頻度》5000円前後+購入した半紙や筆などの費用を月払い、週に2回(塾が開いている時間帯の中で時間制限無し)

習字。私(母)が習いたかった。男子は子どもの頃に習字でもやらないと字がきれいになる機会がないと考え、親子が一緒に通えるところを探した。週1回。子どもは硬筆、毛筆と両方習えて役に立った。

母親である自分が幼少期から中学まで習っていて集中力がつき字の上達を実感できたので、娘にも経験してほしいと思ったため習わせた。実際習ってみた娘は楽しく通えているが、手や服が汚れてしまうのが少しストレスの様子。また、費用面から見ても月に3000円と高すぎない額なので家計に影響を与えない範囲で通えるのが親としては嬉しいところ。

7位:サッカー

サッカー(習い事)

サッカーが小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

お兄ちゃんが通っていてとても役にたっているからです。体力の面はもちろん、小学校以外にも友達が出来ることで視野を広げてあげられていると思います。テクニックを伸ばすというより小さい頃のサッカーは楽しいものだと教えてくれる所なのでお兄ちゃんが長く通えています。本人はお兄ちゃんと同じ事をするのが好きなので楽しく通っています。

サッカー。何かしら運動をさせたいと思っていたらサッカーに息子が興味をもったから。週1回で月謝7000円。親は見学する程度で、数ヵ月に一度の試合の際も手伝い不要なのが助かった。
テレビでサッカー日本代表を見て以来、すっかりサッカー好きになったので、自分でもやらせてみました。ボールとスパイク以外は特にお金がかからなかったことと送り迎えの必要もなかったので、子どもの自主性を伸ばす意味でも、帰宅連絡時間だけはしっかりしてあとは、自由にさせていました。幸い今のところはれといった問題はおきていません。

なにかしらスポーツをさせようと思って探していたら有名なサッカークラブが家の近所にあったので。小学一年生は週に一度のトレーニングで、来年からは週に2回のトレーニングになります。とても良いコーチにめぐまれたこともあり、子供は大満足です。チームの子たちともだんだん仲良くなってきて、チームワークの大事さも学んできているとおもいます。体力もどんどんついています。

幼稚園の頃よりサッカーを習わせていますが、入会してから体力が付き身体能力が上がった来たと思います。特に持久力が付いたのは本人も自覚しておりマラソン大会では3位になり自信がついた様です。費用は週1回で、月額3,000円程度で練習着やシューズを購入する初期費用がかかりますが、他の習い事と比較しても安いのではと思います。

6位:英会話教室

英会話(習い事)

英会話教室が小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

公文と英会話教室へ行かせてます。まず公文は小学校の授業中に座っていられるかの、もはや座るための練習として行かせてます。小学生程度の勉強であれば親も教えてあげる事は可能です。ただ家で親に教えてもらうとなると本人が甘えます。なので周りの子供たちが勉強している環境で座ってやる。という事をやってもらいたかったからです。費用的には一教科7千円でそんなものかなと思います。英会話教室では外国の先生に生の英語でお勉強できる点でとても良いと思ってます。一つの教室に最大子供は6人に海外の先生に日本人の先生もいます。どちらも子供は楽しんで行ってくれてます。

親である自分が、学生時代も今も、英語が全くできないことが一番の理由でした。中学から英語を学んでも、なかなか難しいと思います。せめて聞き取りだけでもできないと、今の時代は不便だと思い、通わせました。週1回の少人数制。夕方から1時間半程度の塾でした。定期的に劇場を借りた公演をしていて、見に行くのも楽しかったです。また、英検にもチャレンジできるので、家庭でも勉強するようになりました。

たまたま家のポストに入っていた広告を見て、子供が通いたいと自発的に言ってきたので行かせました。教材費に10万円ほどかかり、かなりの出費をしました。毎週通わせるのに、自転車での送り迎えが大変だったので、金銭だけじゃなく身体的にも苦労をしました。子供は遊びに行っている感覚で英語に触れていたので楽しんでいたと思います。

英会話は幼稚園の頃から引き続き習わせていました。ネイティブの先生が遊びの中で英会話を教えてくれると言う物で、イースターやハロウィンなどの行事もイベントとして行ってくれたり、外国(主にアメリカ)の風習や習慣なども教えてくれる教室です。レッスンは週に1回で、月謝は1ヶ月6500円と割とリーズナブルなのかなと思います。
子供はレッスンが好きで毎週楽しみに通っていました。そのおかげで英語が好きになりました。

5位:空手

空手(習い事)

空手が小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

親である自分と小学校3年生だった息子が先に道場に通っていたのですが、当時年中児だった娘が興味を持ち、そのまま小学校1年生時でも継続して通わせていました。どちらかと言うよりは技を覚えると言うより同年代の子との交流を楽しんでいたようです。そして私も稽古に出ていたせいか、一緒じゃないと泣き出してしまう事もありました。頻度としては週2回ほどで、費用は月1000円(当時)です。

小さいころから、落ち着きに欠けているように感じていたので、静と動のけじめがあるものに触れさせて身につけさせたかった為、見学をして習わせることに決めました。当初は、その独特な雰囲気に(先生のドスのきいた声など)に怖がっているようなところもありましたが、徐々に慣れ、階級が上がるにつれてしっかりしてきたと感じました。公民館で行っていたので1000円/月で、週一回でした。

身体が小さかったので、体力をつけさせる目的とともに、いじめられたり手を出されたときの護身や自分自身に自信をつけさせるために習わせました。体験で行ってみたら子どもも気に入って通い始め、師範や年上の先輩たちと練習することで楽しさや前向きさが出ました。週1回で月8000円位でしたが6年間通って茶帯までになり、小柄ではありますが体形がほどよい筋肉でシックスパックになり、本人も自分に自信が持てるようになりました。

空手は身体を動かすスポーツでもあるし、型を覚える際に頭もつかうので、息子が小学一年生の時から習わせました。1ヶ月3000円のレッスン代に入会費と、道着を買いました。レッスンは週に一度、型のテストまえだと週に2回や3回になったりします。体を動かすことと同時に礼儀もしっかりたたきこまれるので満足しています。息子はテストに合格してベルトをもらうのがモチベーションになっているようです。

4位:ピアノ

ピアノ(習い事)

ピアノが小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

実家にピアノがあって、子供が興味を持って弾いていたので、習わせようかと思いました。優しい先生で娘は楽しく通っていましたが、もし本格的に習わせたいのであれば、指導力などを考え、ちょっと物足りない先生ではあったと思います。費用は月4回で7000円でした。ピアノを習っていたおかげで、卒業式や合唱の際に、ピアノ伴奏の役をやらせてもらいましたので、よかったと思います。

ピアノは指先を動かす繊細な作業であり、幼い頃からすることで感覚が鋭敏化する良い教材であると思うから習わせたい。として、子供は最初はイヤイヤ通うこともあったが、だんだんその魅力に気づき、自分から家でも引くようになって言った。費用は個人経営のピアノ教室たったのでひとつき約10000で通うことができていた。

3歳からピアノを習っていたので、そのまま辞めずに続けていました。家から近い、月6000円、先生も優しく、ピアノの発表会は年一回、と負担のない条件だったので、無理なく嫌になることもなく続けていました。また、先生と連絡がLINEで取れたのもよかったです。ピアノ以外にもソルフィージュもしてくれたことも、良かったです。

習わせるきっかけは知り合いの子供がピアノ教室に通っていたからです。通い始めた当初は週一回教室まで行くのが嫌なんじでしたが徐々にピアノが弾けるようになると嫌がることもなくなりました。年一回の発表会があるので本人としても練習する意欲が出ています。費用は毎月5000円です。頻度は週一回です。子供の時に何かに打ち込めることは良いことだと思います。

上の子達もやっていたので、自然と興味を持って年長よりピアノを習いだしました。個人教室ですが、先生との個人レッスンの他、発表会前はグループで練習したりと常に数名入れ替わりで幅広い年齢の子と接するのが楽しかったみたいです。ただ家での練習をさせるようにもっていくのは、大変でした。週1回1時間程度で6000円の月謝でした。6年生の現在、決して上手ではありませんが楽しんでピアノを弾いています。

小学生時代、自分自身もピアノを習っていて、音楽発表会などで鍵盤ハーモニカやリコーダに埋もれず、木琴鉄琴など担当になれたので少し目立てました。その経験を子供にもさせてあげたいと思い、習わせてみました。褒め上手な先生で楽しそうに通っています。週に1回で、月謝は6000円なので、1レッスン1200〜1500円程度という計算なります。

3位:公文

公文(習い事)

公文が小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

自分が算数の単純計算がかなり苦手で、中学受験、高校受験とずっと苦労し続けたので、子供には早いうちから計算問題がスラスラ解けるようになっていてほしいなと思って。幼稚園の頃から公文をはじめました。そのまま小学生になっても続けている感じです。ほかにもスイミングも習わせたかったのですが、本人が水を怖がり嫌がったためやめました。

算数など基本的な思考を養うため。まず、小学校に慣れ、友達との良い関係性を築くこと優先としています。年齢が上がるにつれて、スポーツやその他の習い事をしたい意欲などがあればさせたいと考えています。費用については一ヶ月5000程度で週1でした。周りのお子さんも通ってる子がおり、そこでお友達になって良い関係性になってくれればよいと思います。

公文の英語を習わせていました。週に2回通っていました。入会する前に無料体験で国語・算数・英語を試してみたところ、子供は英語に興味を持ちました。そのため、英語のみを習わせることに決めました。宿題がきちんとあって毎日しっかり継続するシステムなので、無理なく英語が身に付いていくのを感じました。子供だけで進めていけるので親としてはありがたいと思いました。

近くに公文の教室があったことと、テレビのコマーシャルでよく見かけていたので通わせました。子供の反応は、先生に馴染むことができませんでした。自分でプリントをやる方式であり、わからないところは教えるというよりは、自分で考えさせるやり方のため、それにあわなかったようです。親の感想としては、子供に考えさせる力をつけるのは必要ですが、わからないところは教えないとわからないままになり、たまたま答えが当たったりするとそのまま通過してしまう。また同じプリントをやらされても、答えが分からずやり方もわからないという状況に陥り、帰宅が遅くなるので、やらせるなら子供の性質をよくみてやらせるべきだと思いました。費用、頻度については、週に1回で1教科5000円ほどだったと思います。国語と算数、英語をやらせましたが結局こちらが思ったような結果は得られませんでした。

公文は週2回。国語と算数を習っています。小学生になると勉強が始まるので、その前にある程度習わせておきたいと思い、去年からやっていまs。とにかく毎日の宿題が嫌でほとんどしないので、宿題の量はかなり減らしてもらっています。公文の教室に行けば意外とやるようですが、公文は教室に行ったら終わり、ではなく日々の勉強も大切、という方針の教室なので、毎日の宿題をやらせるのが大変です。

こどもちゃれんじは、幼稚園の時から始めて、自宅で自習するのにとても役立ちました。机に向かう習慣がついたので、その後、1年生の後半からは、公文教室へ変更しました。公文では、自分のペースに合った勉強ができたので、苦手な科目は復習を主に、得意な科目は好きなだけ進めるので、子供も意欲的に楽しく勉強できたようです。週に2日間通っていました。

小学生の低学年の時に、子供自身が通いたいと言い出したので通わせました。家から徒歩で通える所にある点と、アットホームな
雰囲気で少人数での学習だったのが良かったと思います。三者面談も年に数回あり、勉強中の態度や学習の進行具合などを知ることができました。子供は宿題には手を焼いていましたが、サボること無く通っていました。

2位:ベネッセこどもちゃれんじ

進研ゼミ(習い事)

ベネッセこどもちゃれんじが小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

ママ友が「ベネッセこどもちゃれんじ」をおすすめしていたため始めた。子供の自主性に任せると、毎月届く度にためこんでしまうため、親が一緒に見てあげないとならない。一方で、塾に通わせれば決まった時間にしっかりと学習指導してもらえるので、金銭面を除けば親としての安心感は塾の方が高いと感じた。子供自身、「ベネッセこどもちゃれんじ」は定期的に届く学習ビデオを楽しむ程度だった。

遊び感覚で何かに興味を持ってもらえればと、物心ついたころからこどもちゃれんじを始めており、その延長で1年生になっても続けていました。
始めた当初に比べ、1年生になると興味も薄れ、他の楽しい遊びを覚えたこともあり、届いた当日しか見ないようになっていきました。
教育熱心な家庭ではないので、1年生の一番の目的は友達作りと考えていたこともあり、確か3年生になった頃に退会しました。

1年生4月号から始めると、タブレットが無料でもらえるからという安易な気持ちで始めました。申し込みしたのは2月ごろですが、まさかその時は、学校が休校になるなんて思っていませんでしたので、現在家庭学習に大変役立っています。本人も視覚聴覚で楽しめるタブレット学習を毎日喜んで取り組んでいます。費用は月に4千円でおさまる額です。

上の子がやっているので、下の子もやりました。当初張り切って取り組んでいたのですが、次第に疎遠に。一時やめましたが、友達がやっていたことに刺激を受け、再開しました。やめられることが分かり、安心したのか、逃げるのではなく、自分で取り組む日、後でやる等子供なりにコントロールして何とか頑張っています。私自身はベネッセでなくても構いません。書店の問題集の方が安くて良いとも思いますが、再開した今は主体的にやっいます

ベネッセはこどもちゃれんじベビーから利用しており、その流れでこどもちゃれんじも続けて受講するようになったのが理由です。こどもは赤ちゃん時代からベネッセのちゃれんじ教材に慣れ親しんでいたため、とても喜んで取り組んでいました。親としても全く初めての教材を試すよりも、子どもも親も雰囲気やシステムに馴染みのある教材の方が利用しやすく、安心して継続することができました。費用はあまり気にならず、どこかに通わせるよりは自宅で自由な時間に活用できる教材でしたので、大変便利に感じられました。

習わせた理由は、家庭学習の習慣をつけることと学校生活に慣れて欲しかったからです。子供は学校から帰ってきたときに教材が届いていると喜びました。季節や学校生活に合った内容であり、イラストや写真で学ぶことが出来るので一人でも親子でも楽しむことが出来ました。費用も塾に比べたら格段に安いので低学年で勉強の習慣をつけることが目的であれば習い事として良い物だと思います。

小学1年生の頃にチャレンジを受講していました。続けられるような仕掛けが様々されており、やめたいと考えたことはほとんどなく楽しく学習を行えていました。ただ、勉強のモチベーションは学力の向上ではなく、付録のおもちゃや、ポイントをためてもらうことのできる景品等が主なモチベーションでした。月々5000円弱は若干高い気はしますが、幼いころに身についた学習習慣は今もなお継続することが出来ているのは、チャレンジのおかげだと感じています。

幼児期からこどもちゃれんじを行っており、幼稚園の頃には毎回ドリルをこなす習慣ができていた為そのまま続けています。チャレンジではしまじろうでしたが、小学生になってからはこらしょとキャラクターも可愛いので喜んで取り組んでいます。費用は毎月3千円程ですが毎回親がドリルを探してきてさせるよりは内容がしっかりしているので安上りかなと思ってます。追加コースも充実しているところも気に入っています。また赤ペン先生からの答案返却をいつも楽しみに待っているようです。

1位:水泳

スイミング・水泳(習い事)

水泳が小学1年生に人気・おすすめの理由(抜粋)

乳児の時から、ぜんそくの改善のために親子でスイミングに通わせており、ずっと続けさせていました。早くから始めたおかげか、習得も早く、学校の体育では運動はからきしダメでしたが、水泳だけは一番上手で楽しかったようです。鍛えられたのか体も強くなり、ぜんそくの症状もあまりでなくなったので、効果はあったと思います。

サッカーは子供を通わせていた保育園のママに誘われたからです。通っている小学校の少年団チームで、監督数名と有志のお父さんコーチに教わっています。練習頻度ですが土日は、ほぼ毎週サッカーでその中で試合も行われます。地域の少年団なので費用は毎月2000円と大変リーズナブルです。子供も、同じ小学校の子がほとんどなので上手くなりたい!というよりは友達とサッカー出来ることが嬉しいようです。水泳については、スポーツクラブが運営するスクールです。週に1度だけですが、送り迎えのバスのサービスがあり会費は月に8500円ほどです。夏休みに水のレジャーに出かけたときや、学校のプールの授業で泳げた方が楽しいかなと思い通わせ始めました。進級試験もあるので、子供にとっては泳げる楽しさと進級するための努力どちらも学べていると感じます。サッカーも水泳も選手にしたいとは思っていません。今は時代からか外で運動する機会が減っているので、身体づくりとサッカーに関しては仲間との協調性を学べる貴重な時間だと思っています。

ほとんどの習い事が、家でも教えてあげることができるが、スイミングだけは家で教えることができず、でも命を守るために絶対に身につけてほしい能力が泳ぐ力なので、スイミングを保育園の時から習っています。家から近くて子どもが一人でも行ける、という理由も大きいです。週一回、一時間程度で、7000円です。習い出したころは、すごく楽しそうに行っていましたが、なかなか級があがらず、本格的に泳がせてもらえていないので、今はモチベーションが下がっています…。でも、近所のお友達が一緒なので、それにつられて行っているという感じです。泳がせてもらえるようになったら、また楽しくなるかと期待しています。

学校のプールで他の子が泳げるのに、自分が泳げなかったことを悔しく思った本人の希望で水泳を始めました。自らの希望で開始したこともあり、メキメキと上達し、あっという間に最終クラスまで到達しました。費用は月10000円ほど。週二回のレッスンを受けていました。正直、他の兄弟もいるなかで週に二回のレッスンにつれていくのは大変でしたが、本人のやりたい!という気持ちは大事にしてあげたく、習わせました。

スイミングは有酸素運動は脳の活性化等により頭がよくなると聞き、長女もずっとスイミングを習わせたため実感している。体力向上と知力向上を期待してスイミングを習わせた。父親が気管支喘息なので肺を強くし小児喘息防止するため。週3回、約1万円程度。進研ゼミのチャレンジタッチは、授業に合わせた勉強ができ、自分のペースで毎日予習、復習の勉強が出来るから。約4千円弱。なかなか毎日自分から進んではやらないが、1度始めるとゲーム感覚で出来るようで良いと思う。

泳げない男子はかっこ悪い、と昔誰かが言っていたのを気にしてきて、自分にも息子が出来たら、絶対水泳は習わせようと決めていました。週一のグループレッスンで、一般的なコースです。特に水泳をがんばらせたいとも思いませんでしたし、本人も特にがむしゃらに頑張るのではなく、楽しいだけの水泳でした。他校の友達も出来たし、概ね満足しています。

スイミングは幼稚園の頃からの延長で習わせています。レッスンは週に1回、月謝は1ヶ月6500円です。その子の実力に合わせてクラス分けをしてくれていて、レベルに合った指導をしてくれます。1クラス大体10人くらいなので、お友達と切磋琢磨しながら上達する事ができます。定期的にテストを行なってくれるので、テストまで目標をもってレッスンに取り組む事が出来ます。子供は級が上がるのを目標に楽しんで通っています。

習い事をさせていなかったので、なにかさせたいと思っていて、お友達が水泳を習い始め、子供も興味を持ち、習ってみたい!と言ったので始めました。今までの親と離れてなにかをする経験が保育園に通う以外はなかったし、初めての環境や親が観ている所で離れての活動は本人も親も不安でした。初めの頃は、見学の場所を何度も何度も私が観ているか?確認しながらで、私が観ていなかったり、下の子と席を外してしまうとと泣いてしまったり、気持ちが不安定でした。
しかし、慣れてくると、自ら楽しんで授業もうけ、進級する喜びに目覚めて、自信もついてきました!
頻度は、週1回で費用は7000円です。