恋愛ドラマおすすめ人気ランキングTOP43!超名作から豪華キャスト作品まで厳選一挙紹介!

2020年5月21日

43位:SUMMER NUDE

SUMMER NUDE(恋愛ドラマ)

SUMMER NUDEが人気・おすすめの理由(抜粋)

このドラマの中に入り込みたいくらい、大好きで毎年観ている夏ドラマです。海が近い街で暮らす仲間と日常を描きながら、恋愛が進んでいく感じが心地よくもあり、共感できる感情もあり。出演者は若い方だと思いますが、意外とわたしには癒しのドラマです。

42位:ヤンキー君とメガネちゃん

ヤンキー君とメガネちゃん(恋愛ドラマ)

ヤンキー君とメガネちゃんが人気・おすすめの理由(抜粋)

これは漫画を先に見ていて、単行本を買うまで面白い漫画だと思っていましたので、ドラマ化されると知り必ず見ようと思っていたものです。実写化になるとやはりインパクト差はなくなりますが、キャラと俳優さんのリンク度は高いと感じましたので、見て楽しめました。

41位:ラブジェネレーション

ラブジェネレーション(恋愛ドラマ)

ラブジェネレーションが人気・おすすめの理由(抜粋)

仕事をして、恋愛をして、とても身近に感じられるドラマでした。身近に感じるからこそ共感する部分も多く、リアルな感情が描かれている。観ていると自分の感情も一緒に動かされて、ハラハラ、ドキドキします。何度観てもまた観たくなるドラマの1つです。

40位:空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室(恋愛ドラマ)

空飛ぶ広報室が人気・おすすめの理由(抜粋)

自衛隊を舞台としていて、ブルーインパルスが観れるのが楽しみでこのドラマを必ず見ていました。綾野剛さんと新垣結衣さんの爽やかなラブストーリーが描かれているところも魅力です。東日本大震災に絡めたストーリーですが、最終話でブルーインパルスが飛ぶ様子を仙台の人たちが応援するシーンは感動的でした。

39位:君はペット

君はペット(恋愛ドラマ)

君はペットが人気・おすすめの理由(抜粋)

リアルタイムでは、タイトルで観るのを躊躇していましたが、再放送時に観ましたら、モモ(合田武志)がとてもキュートかと思ったら、すみれちゃん以外にはクールだったりして、キャラクターがとても良かったです。すみれちゃんも気が付かないうちにモモに頼っていて、モモも次第にすみれちゃんが大事になっていくあたりがとてもキュンキュンしました。

38位:桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部(恋愛ドラマ)

桜蘭高校ホスト部が人気・おすすめの理由(抜粋)

なんといってもキャストさんにイケメンが多い!こんな学校生活あったら楽しそうだよなあなんて妄想が膨らむ作品です。
こんなイケメンに囲まれて生活したい!というか、チヤホヤされたい!と見れば見るほど感じる作品。キュンキュンしたい方にお勧めです。

37位:私が恋愛できない理由

私が恋愛できない理由(恋愛ドラマ)

私が恋愛できない理由が人気・おすすめの理由(抜粋)

女子3人のルームシェアという設定が楽しいです。どんなに仲が良くても負けられない気持ちがどこかにある。そんな女子の静かな戦いがリアルに感じられます。大人だけれどやっていることは学生時代と変わらない。そんな3人の生活が共感でき、懐かしくて癒やされます。

36位:僕とスターの99日

僕とスターの99日(恋愛ドラマ)

僕とスターの99日が人気・おすすめの理由(抜粋)

もしもトップ女優とボディカードが恋に落ちたら?と、いう誰もが一度は考えたことがあるような設定が魅力的でした。
そして、西島さんの役がとっても個性的でした。
星を発見したいという純粋な夢を持ち続けている姿が、とても魅力的でした。

35位:恋がヘタでも生きてます

恋がヘタでも生きてます(恋愛ドラマ)

恋がヘタでも生きてますが人気・おすすめの理由(抜粋)

大人だからといって、恋が上手なわけではない。
そのことを教えてくれたドラマだと思います。
恋愛が下手なのは、自分のせいではない。
でも、なかなか恋に一歩を踏み出す勇気がない。
すべての大人に向けた励ましのように感じました。

34位:薔薇のない花屋

薔薇のない花屋(恋愛ドラマ)

薔薇のない花屋が人気・おすすめの理由(抜粋)

薔薇のない花屋は一見シリアスなドラマですが、優しさや大事なことを教えてくれるとても素晴らしいドラマだと思います。なにより雫の可愛さと演技力の高さが際立っていて、あの子がいなければこのドラマは成り立たなかったと思います。

33位:5→9〜私に恋したお坊さん〜

5→9〜私に恋したお坊さん〜(恋愛ドラマ)

5→9〜私に恋したお坊さん〜が人気・おすすめの理由(抜粋)

石原さとみと山下智久の美男美女同士であるにも関わらず、恋愛や仕事を真剣に描いてかつコミカルに笑える要素もあり、パーフェクトなドラマだと思う。石原さとみの演じる主人公が、恋と仕事の優先順位に悩む姿に共感できる。

お坊さんと英会話という、かなりぶっ飛んだ設定に、かなり度肝を抜かれました。
注目は、高嶺の純粋さです。
潤子に冷たくあしらわれても、健気に尽くす姿が、かなり印象的でした。
印象的なのは、最終回のクリスマスツリーです。
輝くイルミネーションと二人の姿が、いまだに記憶に残っています。

あんなにイケメンお坊さんいません!それがまずドラマですね!潤子の働いている英会話教室も現実離れしたオシャレな感じですべてが行き過ぎたところがまた良かったです。最後にうまくまとまってハッピーエンドで全体を通して素敵なドラマでした。

32位:Beautiful Life

Beautiful Life(恋愛ドラマ)

Beautiful Lifeが人気・おすすめの理由(抜粋)

なんといっても木村拓哉さんのイケメンっぷりが半端ない。美容師という設定もずるいほどかっこよく、見入ってしまう。さすがカリスマだと感心してしまう。主題歌とドラマの相性がばっちりで、ドラマを引き立てる要素となっている。

木村拓哉さんと常盤貴子さんが共演した話題作で、私の中でもお勧めしたい作品です。イケメンカリスマ美容師と車椅子の女性が恋する物語ですが、車椅子の女性は長く生きられる可能性が少ないという設定でした。このドラマでは、愛について甘く切なく描かれていて良かったです。特に最終回は涙してしまいます。

31位:GOOD LUCK!!

GOOD LUCK!!(恋愛ドラマ)

GOOD LUCK!!が人気・おすすめの理由(抜粋)

このドラマは、全日空全面協力の元作られているドラマであるところが魅力です。また、主演が木村拓哉さんであるところも良いです。飛行機を飛ばすためにどれだけのスタッフが協力しているのかがよくわかります。最後の、ハワイへのフライトはとても感動的でした。

GOOD LUCKは恋愛ドラマとしてでも面白いですし、主人公の成長過程とパイロットという職業にスポットを当てた点からも含めて全てが面白いドラマだと思います。2人の仲が付かず離れずでやきもきするときもありますし、フライト中のハプニングなどハラハラする部分、毎回楽しく見ていました。

30位:いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(恋愛ドラマ)

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうが人気・おすすめの理由(抜粋)

始まりから最終回まですごく次回が気になるドラマでした。有村架純の自然な演技と素朴な役がぴったりで、ついつい感情移入してしまうドラマでした。泣かずにはいられないシーンが何度もあって、苦しいことを乗り越えての最後が最高でした。

現在の若者の貧困を真正面から取り扱ったドラマです。地方から出てきて東京で必死で生きる主人公たち。2部構成でしたが1部の最後の芋煮会での森川葵さんの演技が凄かったです。気持ちを隠すのは優しさゆえでも、隠された方は怒りを爆発させます。2部も次々と苦難が訪れますが、最後はハッピーエンドで、しみじみと後味のよいドラマです。

29位:ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜(恋愛ドラマ)

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜が人気・おすすめの理由(抜粋)

バスケットボールをテーマにドキドキを提供してくれるドラマだった。イケメン主人公とそのチームメイト、ヒロインは超美形でみていて常にドキドキしていた。主人公がブザービートを決める瞬間はわかっていながらもテレビの前でガッツポーズしてしまうほど入り込んでみていた。

この作品を見て北川景子さんに惚れてしまった人も多いはずです。彼女の咤激励で主人公がスーパープレイを見せるというシーンには胸が熱くなりました。お互いの夢を語り、応援し合い、信じあうという主人公とヒロインの関係性には憧れます。

28位:モトカレマニア

モトカレマニア(恋愛ドラマ)

モトカレマニアが人気・おすすめの理由(抜粋)

モトカレマニアは新木優子さんが主演のドラマなので、見てみました。その主人公が妄想癖がある少女であるという設定が面白かったです。元彼との関係修復ができるのか、ドキドキしながら見られました。また、キャストに田中みな実さんがいたのも豪華でした。

復縁を希望する主人公に非常に共感できたドラマ。元カレと出会う前に、引き寄せの法則を使って元カレと復縁しようとしている感じが健気で応援したくなる。でも、自分の幸せにまっすぐに正直に生きようとした結果、元カレを選ばないという選択をしたことも、考えさせられた。

27位:ラスト・フレンズ

ラスト・フレンズ(恋愛ドラマ)

ラスト・フレンズが人気・おすすめの理由(抜粋)

悩みを抱える登場人物たちが魅力的でした。自分と重なる役柄がいて、毎回ハラハラ、考えさせられました。
また、最終回では悲しすぎて大泣きしました。その後自分の人生を考えさせられました。自分の中で間違いなくベストなドラマです。

衝撃的なドラマで人生で一回は見たほうがいいと思います。長澤まさみ、栄太、上野樹里など役者さんも豪華で、特に錦戸亮の演技が迫力がありすごいです。見ると辛くなってしまうドラマですが、愛とは友情とは、と大変考えさせられる内容です。

26位:東京タラレバ娘

東京タラレバ娘(恋愛ドラマ)

東京タラレバ娘が人気・おすすめの理由(抜粋)

恋愛要素以外にも友情であったり、仕事、人間関係など多くの事から30歳前後の女性の日常が描かれている点がいくつもあるところに魅力を感じました。楽しいだけでなく、辛さを感じる点や共感が得られる点などいろいろな場面があり引き込まれました。”あるある”と感じるところもあるが、憧れるシーンも多くあり、自分自身のいろいろな感情を出せるドラマだと感じました。

女三人でお酒を飲みながら語っているシーンが印象的で、その中でのいろいろな言葉には思わず共感してしまうものも多かったです。コメディ的な要素もありつつ、感動できるところや心に響くようなセリフもあって見どころが満載のドラマでした。

25位:きょうは会社休みます。

きょうは会社休みます。(恋愛ドラマ)

きょうは会社休みます。が人気・おすすめの理由(抜粋)

ヒロインの女の子がちょうど私の年齢と同じくらいで、同年代の女性が10個近くも離れているイケメンの若い男の子から告白される羨ましさでキュンキュンしたドラマでした。私にとっては夢のような話で、実際に自分に起こったらどうなるだろうと想像ばかりしていました。歳なんて関係ないと言って本気で好きになってもらえるヒロインのようになりたいなと思って、実際自分磨きを始めたくらいこのドラマにはまっていました。

30歳を過ぎるまで恋愛したことのない主人公の、恥ずかしさや劣等感を感じ、自分と重なるところがあって共感できた。イケメンの若い子が近づいてくる過程がドキドキして自分も恋愛をしている気分になれるし、自信を持てる。

綾瀬はるかさんが主演のドラマだからです。福士蒼汰さんとのラブシーンが多く、その中で見せた「カベドン」は、ドキドキしました。おそらく、カベドンは、このドラマのせいで有名になったのではないでしょうか。また、玉木宏さんが演じた会社社長の役も面白かったです。

24位:ダメな私に恋してください

ダメな私に恋してください

ダメな私に恋してくださいが人気・おすすめの理由(抜粋)

ミチコが可愛い!主任のドSで優しいところが最高!ミチコと主任の掛け合い大好き。ミチコの着ている洋服やルームウェアが可愛い。ミチコの考え方と話し方も好きです。最後はきゅんきゅんMAXで終わりました。続編をずっと待っています。

失業した主人公が、意地悪な元上司に住み込みで雇われるという設定が、あり得ないようだけど、見ていて面白かったです。そこで働く仲間たちも、良い人ばかりだったのも、良かった。元上司に恋をしてしまいつつも、ライバルが彼の亡き兄の妻という複雑な設定もまた、見ていてドキドキしました。

深キョンがかわいかった、ディーンフジオカが男前すぎてどうしようかと思った。画面内の顔面偏差値が非常に高く、見るだけで幸せになれるドラマでしたが、ストーリーもドタバタでどの回も飽きなかった。ハッピーエンドだったのもいいと思う。

23位:デート~恋とはどんなものかしら~

デート~恋とはどんなものかしら~(恋愛ドラマ)

デート~恋とはどんなものかしら~が人気・おすすめの理由(抜粋)

このドラマの脚本家が好きだというのもある。ごたぶんにもれず面白かった。恋に奥手な女性と、高等遊民をきどっている男性との恋の行方。最初は全くかみあわないが、なんとなくお互いのことが気になってくるのであるが、見ているこちらまで応援したくなってくるから。

変わり者の2人の恋愛ドラマです。初めての恋愛のことを思い出すこと間違いなしだと思います。また、変わり者だと思わてている人、このドラマを見ることで自分はこれでいいんだと肯定してもらえるような気持ちになると思います。

ダメダメな40代のニート男性と、バリバリキャリアウーマンのアラサー女性のお見合いという内容が、笑えました。恋は勿論、デートも真面目過ぎてギクシャクしているのも逆に面白いです。特に、自分の気持ちを伝えるために、苦手なダンスを彼女に披露する場面が良かったです。

22位:ラスト・シンデレラ

ラスト・シンデレラ(恋愛ドラマ)

ラスト・シンデレラが人気・おすすめの理由(抜粋)

あり得るわけはないと思いつつ、篠原涼子が演じる主人公の設定と背景にどんどんのめりこんでいけるドラマでした。そして、過去一番三浦春馬がカッコよいと思える作品だったと思います。いつもそばにいる藤木直人と篠原涼子の関係も絶妙に面白かったです。

最初はあり得ない設定だと思っていましたが、だんだんと篠原涼子と自分を重ねてしまっているところがありました。三浦春馬のかっこよさにはきっとどの女性もクラクラしていたのではないかと思いながら見ていました。なかなかうまくいかないだけあって最後は感動しました。

主人公を含めたメインの登場人物たちのキャラが際立っているので面白かった。また、理想の恋人との将来について考えてはいまいち自分の気持ちの通りに行動できない主人公の心情とかがすごく丁寧に描かれていて現実的だったので、感情移入出来たので面白いと思った。

21位:リッチマン・プアウーマン

リッチマン・プアウーマン(恋愛ドラマ)

リッチマン・プアウーマンが人気・おすすめの理由(抜粋)

もともと、小栗旬さんと石原さとみさんが共演することで、話題になっていたので見始めましたが、小栗旬さんがベンチャー企業の社長さんで、石原さとみさんが就活者なのですが、石原さとみさんの役柄が、常に前向きで良かったです。小栗旬さんが天才プログラマであることも面白かったです。会社を成功させるサクセスストーリーなので見ていて痛快でした。

石原さとみの魅力が一番感じられるドラマだと思う。このドラマで外見もかわいくなったし雰囲気も「このような女性に応援されたい」オーラが出ていた。また、その中でも芯のある女性を演じたことで石原さとみもそのような印象になった。

正反対の世界を生きている男女2人がなぜかお互いに恋愛感情を見出していく様が面白く、現代の社会をも同時に描いているようで感動した。勉強に対するモチベーションも向上した。キャストが豪華な点もとても良かった。

20位:愛していると言ってくれ

愛していると言ってくれ(恋愛ドラマ)

愛していると言ってくれが人気・おすすめの理由(抜粋)

観ていて切なくなるラブストーリーで、手話を勉強しようかと思った。大人の男性とこれから未来がある女性が、お互いに惹かれ合って居るが故の行動や決断が泣けた。海辺のシーンはなんとも言えない切なさと感動を覚えました。

最終回で、電車で去っていこうとする常盤貴子さん演じる主人公に対し、ホームまで追いかけてくる豊川悦司さんの場面が、良いです。彼は喋れないはずなのに、それがもどかしくて、だけど一生懸命、彼女を呼び止めようと大声を出すところが、泣けてきます。矢田亜希子さんが演じる、彼の妹も小悪魔過ぎていいキャラだと思いました。

オープニングのポップな路上ライブのシーンから始まって、まさかこんなストーリーが展開されるとは思っていませんでした。正直、流し見する予定だったのにいつの間にか画面から目が離せなくなっていました。想いあっているのにすれ違い、深く愛し合っていても離れなければならない恋が、2人が、世界中のどこかにいるんだろうと胸に刺さった作品です。とても美しい作品でした。

19位:世界の中心で、愛を叫ぶ

世界の中心で、愛を叫ぶ(恋愛ドラマ)

世界の中心で、愛を叫ぶが人気・おすすめの理由(抜粋)

あまり経験できないような、恋人の死を描いていることで、実際に自分の恋人が死んだらと考えさせるようなドラマ。人生経験のない素直な高校生が命に立ち向かう姿をみて、自分ももっと毎日を大切に、大事な人を大切にと思わせてくれる。

このドラマは、綾瀬はるかさんと山田孝之さんが共演する作品で、しかも、あらかじめ映画版で内容を知っていたので興味深く見れました。このドラマは、私の中では、最高のドラマです。最初の方は爽やかな高校生カップルの豊ヶ丘で楽しく見られます。回を重ねるたびにヒロインが白血病で弱っていくのですが、それを検診に支える主人公の誠実さに感動しました。

世界の中心で愛を叫ぶは純愛なドラマのほかに人の出会いにおいて、縁の重要さをおしえてくれた気がします。主人公朔がおじいちゃんちゃんに自転車を教えてもらった回想シーンが感動しました。このドラマを見て、出会いの縁を大切をしようと思い、また育ててもらった父や祖父に感謝の気持ちを出したいと思いました。

18位:オレンジデイズ

オレンジデイズ(恋愛ドラマ)

オレンジデイズが人気・おすすめの理由(抜粋)

学生時代の甘酸っぱくも切ない恋や友情など憧れのキャンパスライフを凝縮したかのような恋愛青春ドラマで当時すごく憧れました。主演の俳優さん達もすごく好きで何より北川悦吏子さん脚本のドラマなので間違いないと思って好きで見ていました。

当時高校卒業の時期で進路にこまっていたが、大学進学のきっかけとなったドラマ。キャンパスライフを通して人を思いやること、全てがうまくいくことはないという現実味も出したドラマ。また、福祉業界への興味をもたせてくれました。

「大学生になれば、こんな青春や恋愛を楽しめるのではないか」と思い、大学への憧れが強くなった作品です。実際にはこのドラマのような甘酸っぱい経験はありませんでしたが、夢を見させてくれた思い出の作品と言えます。今この作品を見ても「大学生って良いなぁ」と思います。

このドラマみたくキラキラした大学生活を過ごしたかったなというのが第一印象です。耳が聞こえないヒロインを主人公が支えてあげるのですがお互いの気持ちがスレ違ってしまったりする淡く切ない関係を妻夫木聡と柴咲コウが演じていて何度見直しても良いドラマだなと思っています。

17位:ロングバケーション

ロングバケーション(恋愛ドラマ)

ロングバケーションが人気・おすすめの理由(抜粋)

このドラマは、なんといっても役者さんの演技が素晴らしく現代の俳優さんでは出せない色気や大人らしさがあり見入ってしまいます。また大人なビターな恋愛で、すれ違いなど歯がゆさを感じる場面もありますが見どころ満載です。

ロンバケは恋愛ドラマで1番好きなドラマです。ロンバケを見た時からこんな恋愛がしてみたいとずっと思って生きてきました。ひょんなことから一緒に住むことになった2人が、最初は毛嫌いしていながらも段々と惹かれあっていく姿、またキャストの皆様の演技も上手で個性的で大変気に入っています。

母親が好きで見ていたのですが、放送当時は子供すぎて記憶にないのですが、大人になって見ると木村拓也さんの格好よさに驚きます。話も面白くて、ああいうドラマが今改めて見たいなと思います。山口智子もとっても可愛くて好きです。

ロングバケーションは、木村拓哉さんと山口智子さんが主演であるところが興味深かったです。ひょんなことから、二人の同棲が始まるというストーリーは面白かったです。最終的に、二人が結ばれるというストーリーは見ていてとても喜ばしく思えました。

16位:私 結婚できないんじゃなくて、しないんです

私 結婚できないんじゃなくて、しないんです(恋愛ドラマ)

私 結婚できないんじゃなくて、しないんですが人気・おすすめの理由(抜粋)

中谷美紀が綺麗なのと、ドラマをやっているときに自分も恋愛に悩んでいたので共感しながらみれて面白かったです。出てくる登場人物が魅力的な人が多くて楽しかったのと、母親役の夏木マリが好きなので見ていました。

面白さと楽しさが盛り込まれ中に、リアルな状況があるので、入り込んで楽しめました。恋愛下手な自分には、そうなの?と思う部分もあり、飽きないドラマでした。出演者も全員しっくりくるメンバーで、リアルな感じがドラマだと忘れてしまいます。

当時は必至で婚活をしていた頃だったのですが、恋愛に関して「そうなんだ~」「なるほど」と、学べるような知識もいろいろとドラマ内のストーリーの中であって、楽しみながらも学びも多かったドラマでした。思わず笑えるような場面もあっておもしろいドラマでした。

中谷三木と藤木直人というキャストだったので安心して見られる作品でした。私は結婚したものの、同年代として共感できる部分も多く、現代の恋愛をリアルに描けていたので、最後まで面白く見ることができた作品でした。

15位:大恋愛〜僕を忘れる君と

大恋愛〜僕を忘れる君と(恋愛ドラマ)

大恋愛〜僕を忘れる君とが人気・おすすめの理由(抜粋)

久しぶりの名作を観た感覚でした。毎回毎回、涙無しでは観られないくらい心をえぐられるような感動のシーンが沢山あって、辛すぎるのに観たい、主人公たちに幸せになってほしいと、きっと日本中の視聴者が願ったと思います。ノンフィクションなんじゃないかと錯覚させるような作品でした。戸田恵梨香さんやムロツヨシさんの魅力が存分に出ていたと思います。

まさに今夜な夜なみてるドラマです。展開の変化にびっくりしたり、笑いが出たり、今目が離せなくなるといったかんじです。まだ最終話までみていないのですが、とても展開が気になるドラマです。素敵だなとも思います。

お金持ちの人と貧乏の人が出会って大恋愛をするドラマかなと思って見始めたら、幸せになったと思ったら病気が原因で別れたり、病気の進行で色々事件が起きてしまって毎週号泣してしまうドラマでした。アルツハイマー病だとわかっていて結婚する彼、進行していく病気を一緒に戦っていく彼の姿に感動して涙が止まりませんでした。病気のせいで、名前を間違えたり約束を忘れたりしますが、普通の男の人なら受け止められずに離れていくと思いますが、それを受け入れて一緒にいる二人の関係がすごく羨ましく微笑ましく、見ているこちらも恋愛をしている気持になりました。この2人の関係、ドラマが大好きです。

涙なしでは見れないですね。今までは恋愛ドラマの主人公の相手役はイケメン俳優と決まっていた気がするのですが、まさかのムロツヨシ。恋愛ドラマのストーリーのほうに集中することができました。胸のドキドキというよりは、胸がギュッと苦しくなるような、リアルな気持ちを味わいながら見ていくことができました。涙なしには見れないドラマです。悲しさも感じますが、それを上回る愛を感じることができる優しい作品なので、ハッピーエンドで終わることはないとわかっていても、もう一度見たくなる作品です。

14位:東京ラブストーリー

東京ラブストーリー(恋愛ドラマ)

東京ラブストーリーが人気・おすすめの理由(抜粋)

約30年前の恋愛におけるすれ違い。でもスマホやLINE、SNSがあったとしても、カンチとリカが結婚することはなかっただろうな…と妄想するのが楽しい。90年代を象徴する恋愛ドラマとして、いつの時代に見ても楽しめる。

このドラマは、現代社会では考えられないまだ携帯電話もなかった時代を舞台に社会人になった大人の恋愛ドラマです。主人公の揺れ動く心や感情相手の気持ちに気づいているのにうまく答えられない葛藤などドキドキ満載のドラマだからです。

織田裕二さん、鈴木保奈美さんの演技に釘付けになった作品です。天衣無縫な彼女に対し、しっかり支えようとする彼の人柄がよく表れていて、好感が持てる作品でした。毎回、様々な展開にハラハラしながら、二人の恋の展開がどうなっていくのか見守っていました。

東京ラブストーリーは、その当時人気脚本家であった、北川亜矢子さんの作品でありとても話題になりました。また、原作が柴門ふみさんであるのも魅力でした。何より、キャストが織田裕二さんと鈴木保奈美さんであったのが良かったです。爽やかなオフィスラブを見せてくれましたが、最終回はちょっと意外な結末だったので記憶に残りました。

13位:プロポーズ大作戦

プロポーズ大作戦(恋愛ドラマ)

プロポーズ大作戦が人気・おすすめの理由(抜粋)

このドラマでの「明日野郎は馬鹿野郎」と言うセリフが頭にずっと残っています。明日やれば良いやと逃げばかりではなく、今日やることは今日やらなきゃならないと考えさせられました。山下智久が演じているケンゾーが優しいのが印象的でした。

プロポーズ大作戦は主人公が高校生にタイムスリップした時が一番好きでした。青春真っ盛りで、親友と一緒のクラスで、好きな女の子がいるシュチュエーションが羨ましかったです。主人公は、片思い中でなかなか両思いになれないですが、主人公とヒロインが会話をしていると、2人だけの時に胸がキュンキュンするのでドキドキでそれが良かったです。

月9なのにコミカルで面白かった。自分でもあの時あーしていればとかを考えることがあるので主人公の二人がうまくいくのを楽しみに観ていました。榮倉奈々や濱田岳など今では主役級の方たちが周りを固めているのも見どころです。

高校生の青春が甘酸っぱく描かれていて、自分の高校時代を思い出したりして見ていてとてもドキドキします。長澤まさみが可愛すぎる。キャストも豪華でみんな演技が自然で上手だったし、今でもまた見たいと思います。

主人公が過去に戻って後悔している姿が、身近に感じられ応援したくなる。1シーンずつ過去に戻って何度も挑戦する姿から、ヒロインへの愛情がすごくかわいらしく映し出されている。自分も実際の恋愛でこれくらい人を好きになったことがあるかと問われる

12位:失恋ショコラティエ

失恋ショコラティエ(恋愛ドラマ)

失恋ショコラティエが人気・おすすめの理由(抜粋)

松本潤、石原さとみ、有村架純など、私の好きな芸能人が多数出演していることもあり、とても興味をそそられるとともに、恋愛物であることからキュンキュンできたから。それぞれの人が片思いを抱く様子が面白かった。

とにかく石原さとみさんがかわいかった。個人的にとても好きな女優さんで、近づくことはできないにせよ、同じ同性としても「このしぐさがらしい色っぽいな」とか、あざとさがとても勉強になった記憶がある。最後に主人公の松本さんと一緒にならない、というところもとてもよかった。漫画は見てませんが、好きでした。

内容もとても良かったですが、主演の石原さとみさんが可愛くて毎回観るのが楽しみでした。特に女性らしい服装やバッグなどの小物には注目していて、ドラマを観た後でどのブランドの服なのかチェックしたりもしていました。

ドラマの内容云々ではなく、石原さとみが見たいがために毎週欠かさず見てました。出てくるチョコレートも美味しそうだし、石原さとみが毎回可愛くて可愛くて‥。石原さとみが着てる衣装が毎回気になるドラマでした。

松本潤と石原さとみの美男美女がそろっているにも関わらず、だれもが納得するようなハッピーエンドに終わらないところが魅力的。石原さとみの小悪魔のようなかわいさをお手本にしなければならないと感じた女性は多いと思う。

11位:ホタルノヒカリ

ホタルノヒカリ(恋愛ドラマ)

ホタルノヒカリが人気・おすすめの理由(抜粋)

コメディタッチの恋愛ドラマで、がっつり恋愛もの、というドラマより気楽に見れて楽しめたところが面白かったと思う。女性主人公のキャラクターも実際いそうな人物だったし、その主人公の突飛だけど純粋な行動が見ていて楽しかったのが面白かったところだと思う。

普段はテキパキしているのに、家ではのんびりやりたい放題のホタルが、女性から見てもとっても可愛く魅力的で目が離せません。厳しいように見えて本当はとても優しい部長とのでこぼこコンビもとてもほっこりさせられます。

仕事はバリバリできるのに、私生活ではジャージでゴロゴロ、おっさんのような主人公ほたるの、仕事、恋愛にと奮闘する等身大の姿にすごく共感できたし、特にありのままのほたるを厳しくも暖かく見守り支える部長とのクスッとするのに、たまにキュンとさせられる恋模様も見ていて面白かった。

ホタルは、まさに自分だと思ってしまうほどあのグータラには笑いが止まりませんでした。普段はきれいにしているフリをして家に帰ってジャージでおっさん化してゴロゴロしている女性は意外にいるのかなと思うと安心しました。藤木さんもかっこいいので、映画編まで見ましたがとても面白かったです。

綾瀬はるかさんが、干物女というだらしない女性を演じてくれているところが魅力的でした。また、部長を演じる藤木直人さんも大人で真面目な会社員を演じているのも面白かったです。特に、藤木直人さんと綾瀬はるかさんの掛け合いが漫才のようで楽しく視聴できました。

蛍がとても可愛かったです。ダメダメなところだけじゃなく仕事はバリバリできるというのもいいです。でも、部長の前ではそのままの自分をさらけ出して、とても可愛かったです。縁側でビールを飲んでる2人の姿がとてもよかったです。

10位:モテキ

モテキ(恋愛ドラマ)

モテキが人気・おすすめの理由(抜粋)

森山未來はじめ出てくる人がリアリティがあって演技力があって毎週楽しみに見ていました。ドラマの中に出てくる音楽も心に残るものが多く印象に残っています。森山未來のことをすごく応援して見ていたのを思い出します。

主役の森山未來さんのちょっとオーバーな感じの演技がおもしろくて好きです。「モテキ」というタイトルだけど、結局モテているのではなく、女性たちからもてあそばれているだけという感じもまた、傍から見ていて面白いです。

モテキは、森山未来さん演じる主人公が、なぜか持ててしまうというストーリーですが、主人公のキャラが妄想癖がありちょっと面白かったです。また、出演している女性も満島ひかりさんなどをはじめとして豪華で、しかも色っぽいところが刺激的でした。

はじめて見たときは、とても深夜ドラマっぽく過激だなーなんて思っていたが、森山未來さんの演技がとても自然体でよかった。ドラマだけど、現実にすぐ近くで起きている人間模様を描写したかのようなおもしろさがあった。映画よりドラマ版のほうが内容がリアル。女性陣もとても素敵で、満島ひかりちゃんをこれで好きになりました。キスシーンも男性の脳内描写も、すべてがリアル!!って印象だった。

女の子たちがとにかくかわいい。みんな個性があって、女の子を見ているだけでも楽しい。誰とうまくいくかわからないし、誰とうまくいっても楽しそうで、見ていてどきどきする。男の人の気持ちもよくわかって勉強になる。

草食男子なんて言葉がありますがこのドラマの主人公はまさしく草食系男子なのです。全くモテない人生に嫌悪感を抱いて日々過ごしているところがどこか自分と切っても切り離せないところにあると感じどんどんドラマにのめり込んでいきます。ところどころ共感しながら進んでいくストーリーが好きです。

9位:おっさんずラブ

おっさんずラブ(恋愛ドラマ)

おっさんずラブが人気・おすすめの理由(抜粋)

これまでボーイズラブの恋愛ドラマというのがまったくなかったから新しい。若いイケメン同士ではなく、仕事のできないお兄さんと妻もいるおじさんというシチュエーションもおもしろい。ギャグ要素も強く、楽しい気持ちで見られる。

腐女子ほいほいのBLドラマと思われるかもしれないが、役者人の演技がピカイチで、感動すること間違いなしだと思います。ギャグメインですが、胸キュンもあります。男性同士の恋愛物語ですが、見た人みんな経験したことのある恋愛の切なさ、楽しさを感じることができるドラマだと思います。

男性同士の恋愛をコミカルかつ、純粋に描かれたドラマで、どの登場人物にも感情移入してしまった。「おっさんずラブin the sky」ではそれぞれキャリアを積み重ねてきた「おっさん」だからこその、仕事への情熱・プロ意識の描写と、4人の思いが交錯しあう、キュンキュンするようなオフィスラブのバランスが絶妙で、「働くアラサー女子」の心を掴むドラマだった。

登場人物それぞれに魅力があるから。特に主人公が二人の男に想いを寄せられるのが納得できるような愛嬌のあるキャラクターだった。話の展開もわかりやすく全7話完結と比較的短いが綺麗にまとまっていてずっと集中してみることが出来た。

設定が今の世の中にとても合っている設定だと思いました。同性恋愛が一般的に感じられる良いドラマだと感じました。その他の恋愛ドラマと共通の”キュンキュン”要素がたくさんあり、しかしスリリングさを感じられる場面も多くあり、そんな切り替えが楽しめる内容だと思います。

おっさん同士の恋愛モノですが、意外に純愛で面白かったです。田中圭さん演じる春田は、家での生活能力はないのですが、見ている内にどんどん可愛く思えてきました。部長、牧くんともに涙ぐましい努力が、微笑ましいような可笑しいような、楽しいドラマでした。

黒澤部長の純粋でまっすぐな愛情表現がとても新鮮で、惹きつけられます。どこか青春ドラマのような、観ていて清々しい気持ちになれるドラマです。たとえ想いが通じなくとも、人を愛することの尊さを教えてくれました。

8位:やまとなでしこ

やまとなでしこ(恋愛ドラマ)

やまとなでしこが人気・おすすめの理由(抜粋)

松嶋菜々子さんの可愛らしさが光る作品だと思います。私はリアルタイムで見ることは出来ず、再放送で初めて見ました。松嶋菜々子さんほど、「桜子」の名前が似合う人はいないと今でも思っています。堤真一さんが演じる欧介の素晴らしいですが、彼に惚れる矢田亜希子さんの役柄も魅力的でした。

松嶋菜々子さん演じる主人公が金持ち男性をゲットしようとする様が、あからさまなのに逆に清々しく可愛く見えて、応援していました。最終的には勘違いから知り合った魚屋の男性と結ばれるのですが、そこに至るまでの話も面白かったです。

ステータスの全く違う二人が恋に落ちていくのが面白かった。主役を演じている二人にも好感が持てた。なんとも気弱な男性が、気の強い女性と惹かれ合っていくので、真の愛を見つけて出会った感じだったし、主題歌もドラマの世界を盛り上げていたと思います。

ずいぶん古いドラマですがかなりお気に入りのドラマで何度も何度もみました。最初は毛嫌いしていた相手に恋心を抱いていく松嶋菜々子がかわいく見える。キュンとすることはないけれど、みたあとに微笑ましい気持ちになります。

やまとなでしこは、松嶋菜々子さんがわがままなキャビンアテンダント役をしていて興味深く見れました。また、堤真一さんが演じる魚屋さんの欧介さんというキャラもとても誠実で感動すら覚えました。二人が演じるちょっとちぐはぐなラブストーリーは見ていてドキドキし爽やかでもありました。ハッピーエンドになって良かったです。

名作ですね。桜子さんの言葉で、洋服は最大の武器であり最大の防御である、みたいな言葉があったのですが、その言葉は今でも私のポリシーとして生きています。桜子さんにはすごく共感することばかりでした。完成度の高いドラマですね。

恋愛ドラマの代表、主題歌からすべて好きです。逆シンデレラストーリーといえる。ギャップ燃え燃しますが、結婚は『お金か愛どちらを選ぶのかというドキドキも素敵です。三角関係やモテ男ポイ捨てなど妙にリアルで夢があるのかないのか。大人でないと楽しめないけどみたいドラマです。

7位:花ざかりの君たちへ~イケメン パラダイス~

花ざかりの君たちへ~イケメン パラダイス~(恋愛ドラマ)

花ざかりの君たちへ~イケメン パラダイス~が人気・おすすめの理由(抜粋)

1作目の堀北真希さんがまずかっこいい。元々堀北真希さんのお芝居は「野ブタをプロデュース」で好きになり、そこから堀北真希さん出演のドラマをいくつか見るようになりました。
その中でもイケメンパラダイスは、出演キャストも豪華で、堀北真希さん以外も素敵な役者さんに出会えたので、今でもたまに見返すドラマの一つです。

とにかくタイトル通りイケメンがたくさん出てきます。毎回目が離せなくなります。話はあまり現実的なストーリーではありませんが、コメディ感もあって私は好きです。自分のお気に入りのキャラが出来るとより面白いです。キュンキュンしながら見ることが出来ます。

前田敦子主演のリメイク版はあまり好きではないが、堀北真希主演の前作はとても面白かった。出ているキャスト陣(生田斗真、水嶋ヒロなど)が好きで見始めたが、個性あふれるキャラたちがたくさん出てきてとても面白かった。恋愛というよりもコメディーを見ているようで楽しかった。

女性の主人公が男装をして男子高校に入学して学園生活をおくるという設定が面白い。キャストもみんなイケメンでイケメンが個性的なキャラクターを演じているのも面白い。気づきそうなのに意外と気づかないのもツッコミどころ。

実際にはありえないような設定ではあるが、登場する役者さんが今では考えられないくらい素晴らしいラインナップで、まさに現実逃避させてくれるようなドラマだったと思う。現在は医者や警察などリアルな描写のドラマが多い気がするし、主人公以外にここまで豪華なメンツをそろえるようなドラマはないのではないか。

タイトルどおりイケメン満載の学園ドラマでした。恋愛ドラマですが、男子校のバカバカしくも熱い学園ドラマが中心で、寮長率いる寮同士の戦いが面白くて好きでした。堀北真希ちゃんの男装も似合っていて、恋愛パートもキュンキュンでした。

女性がイケメン学生に囲まれて日常生活を過ごすハラハラした感じを、ヒロインの立場になって体感できること、夢物語に近く現実には想像しにくいのでどんなにドラマチックに描いても突っ込まずに見れるところから、面白さがかんじられる。

6位:電車男

電車男(恋愛ドラマ)

電車男が人気・おすすめの理由(抜粋)

電車男は、伊藤淳さんのオタク演技がとても素晴らしかったです。また、伊東美咲さんもとても美しいです。このストーリーの面白いところは、電子掲示板を通じて主人公の恋を全力で応援してくれるところでした。特に、最終回では仲間たちが体を張って電車男を守ってくれたシーンが感動的でした。

主人公と自分を重ねて考えることができ、恋愛をしてドキドキしている感じ、みんなに応援されている状況から、実際に主人公になった気分になれる。また、恋愛に不慣れな主人公が新しい体験をしていく過程を見ていくことで励ましたくなる。

原作と合わせてドキドキしながら見ました!ネットの掲示板という、普段足を踏み入れることのない世界のことを知れたのが面白かったし、人間の優しさ、あたたかさにものすごく触れたお話しだなと思います。ハッピーエンドでよかった。

私が比較的オタクよりで2chやチャット掲示板などを利用していた人間なので、電車男や電車男を陰で支えるオタクの皆様の気持ちに強く共感することができ、オタク文化と恋愛のストーリー両方を楽しめたので、二度おいしいドラマだと個人的に思っています。

あの頃まだ、掲示板というものはいわゆるオタクのものだと思っていて、顔を見たこともない人との会話は怖くないのかと思っていたインターネット・2チャンの世界も悪くないと思えるドラマでした。ネットの住人たちがみんな優しくて、エルメスとの恋路をついつい応援してしまいました。

電車男で伊藤美咲が綺麗でした。また、主人公の恋愛を応援してくれるネットの住人みたいな人達は主人公に嫉妬をしないで、全力で応援してくれるところは今の時代にない見習うところだと思ったので勉強になります。こういう人達のお影で恋を実らせたのだと思います。

当時の「2ちゃんねる」に実際に書きこまれた話が元になっているので、とても興味をひかれました。エルメス役の伊東美咲さんが美しすぎて、クラクラしました。半面、主人公の伊藤淳史さんがいかにもオタクといったいでたちなので、(こりゃーうまくいったら奇跡だわ)と思っていましたが、ハッピーエンドになって感動してしまいました。

5位:結婚できない男

結婚できない男(恋愛ドラマ)

結婚できない男が人気・おすすめの理由(抜粋)

阿部寛の偏屈でこだわりが強く面倒な性格が、ドラマ内のいろいろな部分で何気なく表現されていてとても面白かったです。1話完結型のような感じなので、楽な気持ちで観られるところも良いです。笑えるシーンもたくさんあるので息抜きになります。

結婚できない男は、阿部寛さんがちょっと変わり者でコミカルな演技をしているところが良いです。また、夏川結衣さんが彼の主治医であるという設定も良かったです。主人公とお医者さんの間で、繰り広げられる恋物語が見ていて爽やかでした。

最初のシリーズの、桑野と女医先生との丁々発止のやりとりがとても好きでした。お互いに素直になって、うまくくっついてほしい!と、いつもハラハラして見ていました。桑野の偏屈ぶりも笑えましたし、彼をめぐる周囲のキャストも魅力があふれていて大好きなドラマでした。

阿部寛が歯に衣着せぬ言い方で女性たちを翻弄していく姿がみていて楽しかった。はっきりものを言うが、心根はやさしいところも女性たちがほおっておけない理由になっているのかもしれない。独身男性の日常がかいまみれてわくわくもするから。

恋愛ドラマなのに男性が主人公というのが珍しく、癖が強い。実は主人公がすごく魅力的な人だったり、まわりのメンバーも味があったり、嫌いな登場人物が一人もいない。結婚できないことに共感もできて、あるある!という気持ちになる。

阿部寛演じる主人公の変人ぷりが型にはまりすぎていて大変面白く見られるドラマでした。夏川結衣と阿部寛の関係が笑えて微笑ましくて楽しく見られました。隣人の国仲涼子がとてもかわいらしく、キャストがはまり作品をさらに面白くしたドラマだったと思います。

これはすこしおもしろいという目で見てしまうドラマです。ドキドキやキュンとするようなものより笑いが出るようなイメージです。見入るというより楽な気持ちで見れるというもので気に入っている。今後も続編など楽しみですね。

主人公の生き方、仕草、話し方、全てがおもしろいです。クスッと笑える場面が多いです。不器用ながら本当はいい人ということも見どころです。ちょっと変わった考え方が逆に勉強になる部分もありますし、阿部寛さんの演技力も良いです。

4位:地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子(恋愛ドラマ)

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子が人気・おすすめの理由(抜粋)

恋愛ドラマというよりは、お仕事ドラマとして好きでした。サバサバしていて元気な河野悦子が好きでした。本当はファッション部門にいきたかったけど、校閲部門に配属されるといる主人公。実際に、そういう人は多くいる。自分のしたかった仕事とは違う業務をしている人が、目の前の仕事とどう向き合っていくかという誰しもあてはまる題材だから見ていて共感しやすいと思う。

石原さとみさんのドラマということもあり、必ず見ています。校閲って仕事をこれで理解することも出来ましたし、他の方のキャラが良くて楽しく見れました。ファッションなどの情報などもあり女性には、いろいろいい情報がありましたが、ドラマ的には必要ないかなとも思いました。

校閲という仕事にフォーカスがされていて、それまで意識したことのない職業だったので、初めて知る世界でおもしろかったです。また、菅田将暉と石原さとみが毎回おしゃれで、おしゃれをまねしたくなったり、本編以外に楽しめる部分が多かったと思います。

石原さとみさんが主演のドラマは、比較的華やかな役どころが多かったと思いますが、編集の校閲という地味な役を見事にメインテーマへ持ってきた点が良いドラマだと思う点です。石原さんの演技もさることながら、脇役を固める俳優陣もドラマの魅力を引き出していて、私自身知らなかった言葉の意味や人間関係などについて深く感じ入ることができました。

ただ単純に石原さとみが好きです。石原さとみのドラマは「失恋ショコラティエ」や「5→9〜私に恋したお坊さん~」などいろいろ見てきたが、このドラマでの菅田将暉とのかけあいが一番面白かったです。何事にも一生懸命でまっすぐな主人公の姿に惹かれました。

石原さとみのファッションが好きだった。校閲という地味な職業にスポットライトを当てたこともよかった。最初はまるきり校閲に興味のない主人公が文章を通して、様々なことを追求していく姿にも好感が持てた。仕事ドラマだが、それだけではなく恋愛要素もあり楽しめたから。

主人公の石原さとみが可愛すぎて、それを見るためにドラマを見てると言っても過言ではなかったです。毎回毎回おしゃれな私服を見るのもとても楽しみでした。恋愛ドラマで恋愛以外に楽しめるところがあるのはとても良いと思いました。

元気で明るい悦子の仕事に恋愛にと奮闘する姿と毎回変わるオシャレで奇抜なファッションや部屋のインテリアなどもすごく興味深くて、最終回まで悦子と幸人の恋の行方にやきもきしながらも、最後はお互いに今のままの状態で夢に向かって頑張るという選択に、これはこれでいいラストだなと最後まで楽しめたドラマでした。

3位:のだめカンタービレ

のだめカンタービレ(恋愛ドラマ)

のだめカンタービレが人気・おすすめの理由(抜粋)

私自身が幼少期から10年ほどピアノを習っていたことから、もともと音楽に興味があり、ピアノを舞台としたドラマには非常に自分とマッチングしていた。また、ドラマとはいえ、音楽に関する知識を蓄えられるという点でもとても良かった。

上野樹里さんが、おバカなピアニストを演じているのが魅力的でこのドラマを見続けました。彼氏で指揮者でもある玉木宏さん演じる役所も魅力的でした。人形などを利用して、上野樹里さんが投げ飛ばされるシーンなども笑えました。

漫画の実写化としては一番じゃないかと思います。のだめ、千秋先輩始めクセのあるキャラクターをコミカルに描きつつ、見せ場の演奏シーンが素晴らしかった。青春群像劇だけでなく、クラシック音楽の楽しみ方にも貢献した秀作です。

原作に忠実なところはもちろん、主人公のだめを中心に愛や友情をコミカルに描いていることが魅力的です。原作を読んでいても楽しめ、また逆も楽しめます。ラブコメ要素が多いので楽しくみれます。また、音楽に詳しくなくても見ているうちに興味も持て、クラシックが少し身近に感じられるところも魅力的です。

縁遠かったピアノやオーケストラの世界を身近に感じることができた作品でした。なによりコミックそのものの再現度で本当に面白かったです。その後のSP版や劇場版ものだめの世界観を前面に出せていて完結した!という感じです。

ただの恋愛ドラマではなく、クラシック音楽の世界も描き出しているので、とても興味のわいた作品です。主人公が、汚部屋でお風呂にも入らない不潔な女子というドラマはおそらく他にはないのではないでしょうか。最初は身分?が違いすぎるのだめと先輩ですが、だんだんと距離が縮まっていく過程も楽しめました。

上野樹里と玉木宏が出演した音大のオーケストラサークルが題材のドラマでした。上野樹里が演じる「のだめ」がハマり役で、再放送で何度か放映していますが何度見ても飽きません。クラッシク音楽の楽しさをこのドラマを見て知りCDを購入して聞くようになりました。

恋愛ドラマの中で、ヒロインに振り回されつつ離れられないイケメン男子の姿と心情が細かく書かれていたので面白かった。また、恋愛ドラマだけでなく、恋愛に音楽を絡めたドラマになっていたので、音楽の演奏シーンなど、楽しめる要素が恋愛以外にあったのも面白いと思った。

演じている俳優の方たちがとてもキャラクターにあっていたから。恋愛要素だけでなく音楽に向き合う登場人物たちがとても魅力的だった。主人公の不思議な性格が面白かった。真面目なシーンだけでなく笑えるシーンもたくさんあって見応えがあった。

2位:逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つが人気・おすすめの理由(抜粋)

新垣結衣が可愛すぎます。星野源さんも童貞感みたいのがめっちゃ出てて、キャラがあっていてとても面白かった。またエンディングの恋も大ヒットしたし、学校などではみんなの共通の話題としていろんな話をした記憶がある。

まず星野源と新垣結衣がかわいくて、役にぴったりでした。契約結婚という約束だったのにどう見ても惹かれていく二人はすごく愛らしかったです。毎週火曜日がハグの日というのも浸透して、このドラマが夫婦にもいい関係をもたらしてくれました。

新垣結衣さんの女優としての魅力があふれた作品でした。もともと可憐な女優さんで、その天性の魅力をいかんなく発揮した作品だったと思います。星野源さんの独特な役回しも良かった点です。人気を博したドラマになったことも頷けます。

二人のやりとりが可愛くてすごく微笑ましいドラマでした。みくりも可愛いですし、ひらまささんも不器用ですが素敵な人だなと思いました。最初は契約といく形でしたが、だんだんと惹かれあっていく二人も幸せになってほしいなと思うドラマでした。

契約結婚というパッと聞くとすごくドライなイメージをいい意味で裏切られました。ピュアできゅんきゅんする内容でむしろ純愛ドラマ。ところどころ出てくるパロディ要素も面白く、演じていた役者さん達も個性的なメンバーでどんどんと面白くなっていったドラマでした。続編はないのだろうか?と、待ち望んでる作品です。

契約結婚の設定も面白い。キャストも完璧で、ガッキーが相手ならみんな星野源さんの立場になりたいと思えるシチュエーションが多かった。平匡がたまに見せた男らしさも良かった。脇役の方々もしっかりしていて楽しめた。

原作もファンであるが、主人公のみくり役・新垣結衣が可愛い。可愛すぎる。論理的ながらも、突拍子もないアイデアを提案したり、時に妄想が暴走したりするキャラクターを体現していた。平匡役の星野源、ゆりちゃん役の石田ゆり子などその他のキャストも、原作で描かれたメッセージを大切に演じられていたように感じた。

2人のやりとりに萌える部分もあったのですが、セリフの主張がすごいドラマですね。「搾取」や「エイジズムの呪い」の話が印象的でした。石田ゆり子さん美人で癒されます。あとは、主題歌でキャストのみんなが楽しそうに踊っているところも好きでした。万人受けするけどしっかりしたドラマで好きです。

原作のまんががとても面白くて、ガッキーとお源さんで映像化されることを知って飛び上がって喜んだ作品です。奇抜というか、ちょっと変な二人のストーリーが、日常生活に疲れた心をいい感じにキュンキュンさせてくれました。

契約結婚だったはずがいつの間にか本当の恋愛に発展していくという展開が面白かったです。コメディー要素が豊富に含まれていて、特に妄想シーンは毎回笑えるものでした。ドラマのエンディングでのダンスもとても可愛らしくて見ていると明るい気持ちになれました。

1位:花より男子

花より男子(恋愛ドラマ)

花より男子が人気・おすすめの理由(抜粋)

「花より男子」がど真ん中の世代です。毎週ドラマの放送日の翌日はクラス中が「花より男子」の話題でもちきりでした。花沢類派と道明寺司派に分かれて激論を交わし、今となってはいい思い出です。嵐の音楽「Love so sweet」や「One Love」も名曲ですね。私の青春を代表するドラマです。

学園トップのイケメンたちが普通の女の子に自分をさらけ出して恋するのが見ていて面白い。主人公の周りには色々と嫌な自分が出てきて気が付いたら感情移入してるほどドラマに見入っている。主人公が記憶喪失になったときは心が痛かった。挿入歌が流れるタイミングも上手で感動で涙が止まらなかった。

わがままで俺様な道明寺の役が松本潤くんにぴったりでした。プライドが高すぎて素直になれない道明寺の下手くそな愛情表現と、何度もすれ違ってしまう二人がもどかくもあり可愛らしくもあり。雨の待ち合わせ場所の場面が印象的です。

学園ドラマということもあり、ノンフィクション感とフィクション感とのバランスがとても魅力的でした。少女漫画ならではの内容ですが身近に感じやすい内容と作品の世界観ならではな内容が、心惹かれる乙女心を感じさせるドラマであると感じます。個性豊かな登場人物も魅力のひとつだと思います。

あんな夢のような環境に自分も置かれてみたいと憧れます。お金持ちの4人のイケメンに囲まれてその中で繰り広げられるストーリーがプット笑えることや思わず泣いてしまうこともあり、ストーリーに抑揚がありとても感情移入しながら見ることができました。

道明寺がかっこよすぎて、それまで何の興味のなかった松本潤のファンになりました。
女の子があこがれるシンデレラストーリーですよね。登場人物も皆さん豪華で目の保養になるし毎回わくわくキュンキュンしながら見ました。

主人公の性格が前向きで、見ているこちら側も元気をもらえたから。道明寺も最初はいけ好かないと思っていたが主人公と関わってから変わっていく姿がとてもよかった。また、キャストがキャラクターによくあっていると思った。

今まで見たドラマでいつまでも大好きでたまに見返すドラマです。牧野つくし役の井上真央さんが大好きなと、道明寺司役のキャラクターがどタイプすぎて、シリーズ全てみましたし、映画も映画館で観ました。本当にお勧めできる素敵な作品です。

私が小学生の頃のドラマですが、とても鮮明に覚えています。高校生活の憧れ、恋愛についての憧れができ、恋愛の素晴らしさを教えてくれました。この先の恋愛ドラマでも花より男子を超えるものがあるのかというレベルで大好きなドラマです。

このドラマは誰もが一回はハマってしまう学園ドラマだと思います。漫画からきてるので非現実的なストーリーですが、そこが逆にハマってしまう理由なのかと思います。イケメンがたくさん登場しますが、特に花沢類役の小栗旬はかっこよすぎて、こんな人と恋がしたいと夢を見てしまいます。

お金持ちの男の子がはじめは敵視していた貧乏な女の子に恋をするという、予想がつかない展開が面白いです。また、ずっと無視されていても道明寺のことを想い続ける一途なつくしの愛情に感動します。簡単には破れない二人の絆にも注目です。

漫画でも読んでいましたが、ドラマの中でも違和感なくすんなり楽しめました。やはり、F4それぞれが個性的で魅力的なのと、仲間としての絆の深さが好きです。道明寺の牧野への純粋で一途な想いがとても感情移入してしまい、結ばれるまでの障害の克服も楽しめます。あまり深刻にならず何回でも観てしまうドラマです。

出演者の豪華さが言うまでもなく半端ない!あと、現実にありえなさそうなドラマなので、見ていて楽しい。あと、宇多田ヒカルさんとの歌の相性が良くて、このシーンでは流れるだろうなぁというのがマッチしており、また感情移入しやすいので個人的には最高です。

嵐が好きなので見始めたドラマでしたが、F4として出てくるイケメン4人がイケメン過ぎて毎週キュンキュンしていました。1人1人のキャラが全然違って良く、私が特に好きだったのが松潤がお金持ちでかっこいいのに、恋愛となると不器用で少しおっちょこちょいなところです。つくしの女性の強さに引っ張られて、最終的には松潤が追いかける側になっているところが、私は好きでした。

まずはイケメン揃いなのが良かった。非現実的なので、素直に楽しめたし応援できた。あんな恋愛はしたいとは思わないが、みんなから慕われるヒロインは羨ましい。かなりのお金をかけてドラマを制作されたんじゃないかと、今になって思います。