お笑い第7世代芸人人気ランキングTOP19!面白くてみんなが好きな注目コンビ・トリオは!

2020年5月23日

19位:インディアンス

インディアンス(第7世代芸人)

インディアンスが人気の理由について(抜粋)

ボケのたぶっちゃんの止まらない早口と、ツッコミのきむくんの、たぶっちゃんの早口を聞きつつ理解しようとするけどやっぱり理解できない!のような掛け合いが昔からすごく大好きです。M-1も母のような気持ちで見ていました。

18位:ゆにばーす

ゆにばーす

ゆにばーすが人気の理由について(抜粋)

コンビのバランスが取れており、特にはらちゃんのボケが面白くて好きだから。見た目のバランスも良いと思う。特にはらちゃんの見た目、髪型や服装、喋り方が見てるだけでおかしいのが良い。メイクで話題になるだけでなく、バラエティ番組で見たい。

17位:納言

納言(第7世代芸人)

納言が人気の理由について(抜粋)

みゆきさんの気だるい登場、街のディス、「おいしゃーす」の挨拶、全てが重なりあって面白いです。もちろん、あべくんの情けないけど、みゆきさんの指差しに対しての「いつか(目に)ささるよ~」の情けない感じもすごく味になっています。みゆきさんの相方はあべくんじゃなきゃ務まらないなぁ

16位:金属バット

金属バット(第7世代芸人)

金属バットが人気の理由について(抜粋)

第七世代の中でも珍しい尖り方、笑いのシュールさが魅力に感じるのが一番の理由です。
また、昨今「傷つけない笑い」というスタイルが流行っており、あまり攻める芸人がいない中で、
金属バットは偏見だったり人をいじるスタイルというのが逆に新鮮に思えます。

とにかく尖っています。関西人ですがあれほどのなまっている若者はまずいません。しかし、ただ尖っているだけではなくウィットに富んでいます。普通の人なら思いつかないようなネタ、言葉のチョイスが光ります。頭の回転も早く、バラエティやYouTubeチャンネルも面白いです。

15位:空気階段

空気階段(第7世代芸人)

空気階段が人気の理由について(抜粋)

もぐらさんの気持ち悪いおじさん感、かたまりくんの「下北沢にいそうな男の子(偏見ですみません)」、全く違う世界のような二つが重なりあうとこんなに不思議なコントになるのか!と思いました。特に電車に乗ったおじさんのネタが大好きで、劇場やテレビで見ると嬉しくて悲鳴をあげます。

鈴木もぐらさんのコントにおける独特なキャラクターが印象的で好きです。水川かたまりさんも慶応大学に進学しながらも3ヶ月で退学してしまったり、自分の憧れの人を目の前にすると勃起してしまうという独特の感覚を持ち合わせているのも良いと思います。

14位:かが屋

かが屋(第7世代芸人)

かが屋が人気の理由について(抜粋)

ネタの内容はコントで、二人が作る独特の世界観にすぐに引き込まれました。基本的に静かで声を張らないので、うるさいネタが好きでない私はかが屋が大好きです。中でも「なぞなぞ」というネタがとても面白く、今まで見てきたネタの中で一番好きです。

彼らのコントが好きで、よく見ています。いつも笑わせていただいています。コントがとても上手で、目に見えないものが情景で浮かんでくるので、コントを見れば見るほどファンになります。もっとテレビで活躍してほしいです。

コンビが仲がよいところに好感が持てます。また、身近ながら最新情報にもよく精通しており、さすが目の付け所が違うと思わせるようにネタがかなり練られていると思います。ネタ以外でも活躍していますが、これからもネタを披露していただきたいと思います。応援しています。

13位:ティモンディ

ティモンディ(第7世代芸人)

ティモンディが人気の理由について(抜粋)

ネタよりも、バラエティ番組で見かける高岸が面白い。無人島でのファンタジスタなキャラクターは他のタレントや芸人にはないと思う。ゆっくりとしたしゃべり方が最初は違和感を覚えたが慣れてくると面白い。二人ともイケメンなのでテレビで見られるのが楽しみ。

テレビでも活躍していますがyoutubeでも人気を博していて、そのチャンネルをよく見ているのですが高岸さんも前田さんもとても人柄がよい印象を持っていて、親しみやすいキャラクターだと思うからです。また運動神経もいいところが彼らの魅力だと感じています。

個人的に野球が好きなので。この二人のトーク番組に関しては野球でゲストとして出ているとき、または野球関係者を招いてトークしているときは面白いと思います。漫才やコントそのものは正直いまいちかもしれませんが。

12位:3時のヒロイン

3時のヒロイン(第7世代芸人)

3時のヒロインが人気の理由について(抜粋)

かなり、苦労してきたことがわかる。なかなか見たことがない女性だけの3人で、これからもいろいろなところでしぶとく頑張ってほしいと思わせます。最終的には一人ずつで活躍することもあるかもしれません。それもよしかな。

3時のヒロインの方々は出てきた時は衝撃的でした。音楽に合わせて踊っているだけと言えばそうなんですが、なんだか何回も観てしまう面白さがあります。海外ドラマでよくあるシーンのものまねもまた面白いです。3人の息がとても合っていて仲が良さそうなところも良いです。

「女芸人No.1決定戦 THE W」で優勝する前から注目していて、『Uh Huh/ア・ハー』のネタがすごく好きです。何回みてもゲラゲラ笑ってしまいます。同世代の女の子のお笑いトリオってけっこう珍しいので今後も応援したい。

W1で優勝して脚光を浴びた3人組女性芸人ですが、パッと出てきた芸人と違い何度か解散をしてやりたい漫才、コントをするために選んだトリオと言うのがありネタもしっかりしてるのが好きです。また、安田大サーカスの女性版とも言われていますがパッと見のインパクトからネタで引き寄せれれるのがはよく考えているなと感じました。

女性のトリオなので頑張ってほしいなと思っています。福田さんが2人をまとめていて大変そうだなぁと思っています(笑)彼女がいなければなりたたないと思います。アイドルだったという一面も面白いですよね。多方面で活躍してほしいです。

11位:宮下草彅

宮下草薙(第7世代芸人)

宮下草彅が人気の理由について(抜粋)

草薙さんがとにかく好きです。
押しが強すぎず、ちょっとヘタレな感じが、親近感があり、芸能人ぽくなくて、見ていてほっとします。
相手を傷つけないトークも良いです。それでいて、トークバリバリの方々になじんでいるのも、ほほえましいです。

宮下草彅のお二人が好きです。テレビ用にキャラクターを作っている感じがあまりなく、自然体でやられているように見えるため良い意味で芸能人感が無く好感が持てます。草彅さんは今まであまりいなかったなよっとした芸人の位置を確立されているよで、観ていてほんわかします。

正直強いて上げれば、というところでそこまで詳しくはないのですが、独特のキャラクターに笑わせてもらっています。ただ、たまに自虐が過ぎるのかな、と思うところがあり、前述の2組とは乖離がある印象ではあります。

最初は草薙のほうがキャラを作っているかと思ったのですが、段々笑顔も増えてきていて、今の草薙のほうが好きですね。宮下の冷静な感じがいいですね。今でも一緒に住んでいる所や最近は二人とも本来の姿でキャラ作りではないところや草薙の力がゆるくなってきているところがいいなと思いました。

宮下草薙の漫才はあまり見たことはないですが、よくバラエティー番組に出ているのを見て、草薙が他の芸人はいない新しいタイプの芸人さんで、とても面白いなと思いました。面白くしようとして面白くなっているのではなく、天からの授かりもの的な面白さがあってとても個性的でいい芸人さんなので好きです。

お笑い芸人さんと聞くと"明るい人たち"というイメージがあったのですが、宮下草剪はとてもネガティブで、こういうタイプのお笑い芸人さんもいるのかと気づかせてくれた方です。ネガティブならではの発想が共感もありつつ面白いです。

10位:コロコロチキチキペッパーズ

コロコロチキチキペッパーズ(第7世代芸人)

コロコロチキチキペッパーズが人気の理由について(抜粋)

ナダルさんの「やっべーぞ」の言い方やトーンがインパクトがあり好きです。キングオブコント2015で優勝した時の卓球のネタが面白くてとても好きです。ナダルさんはいじられるのがあまり好きではないようですが、アメトークのひんしゅく体験ナダル・アンビリーバボーも面白かったです。

コントも漫才もできるところが凄いと思う。第7世代にしては年齢が高いナダルと、今時男子の西野のギャップがコンビとして個性になっている。ナダルの分厚いタートルネックにダメージジーンズの、何とも昔っぽいファッションが面白い。

好きかどうか問われると、もっと正しい表現があるのではないかと言葉を探してしまうところもあるが、複数の選択肢の中に存在すれば、つい選択したくなる芸人さん。独特の個性に惹かれる。テレビで見かけると、このあと思わず笑えるであろうと期待して目で追ってしまう。

ボケのナダルのキャラがたっている芸人コンビである。漫才をやらせても、上手い、すごい、と唸るタイプのコンビではないが、ナダルの雛壇芸が面白い。漫才スタイルではないが、二人の個性が立っていることにより、面白いと感じさせられる。

ナダルのダメ人間さがひと際目立つ。自信満々な態度から生まれる、イタイ行動は本来であれば不快感しか感じないはずだが、彼のキャラクターが笑いに変える素質を持っている。彼の負け顔が見たく、彼がメインの番組はチェックしている。

ナダルのいじられキャラが非常に面白いですし、本気でいじられたくないということが感じられる中でいじられるという構図が非常に面白い。
そのナダルを相方西野がうまくコントロールをし、出しどころを分かっているのが策士だなと感じます。

キングオブコントで優勝した経歴を持つほどコントにも長けていて、私はナダルのクズっぷりが芸人らしくて世間では嫌われているけれどとても好きだからです。第7世代の中でクズっぷりを発揮できる随一の芸人だと思います。

9位:ハナコ

ハナコ(第7世代芸人)

ハナコが人気の理由について(抜粋)

飼い犬のネタがとても面白いので好きです。犬の表情や仕草が愛犬とリンクすることが多く、花子のネタを見た後の外出は、もっと優しくしてあげようなどと考えてしまいます。ハナコの皆さんも犬が好きなのかと思うと親近感が湧きます。長時間、犬と過ごし理解しようと努力された結果がネタに現れていると思うので好きです。

半分顔芸とも言える岡部の表情と、秋山の普通な感じ、菊田のあまりセリフがないコントが三位一体となって醸し出す雰囲気が面白いと思います。また、コントによっては斜め上をいくオチ(例えば上京する友人の乗った列車を追いかけるが、最終的に友人だと思っていた人が赤の他人であったなど)が突拍子もない感じが好きです。

3人で行っているコントが非常に面白く、その内容も子供にも見せることができるものなので、とても好きです。またコントだけでなくバラエティなどで大食いにもチャレンジされていて、その頑張っている姿に好感が持てます。

キングオブコント2018で優勝してから、テレビ等のメディアで頻繁に見るようになりましたがそのコントにかける熱量が好きです。3人の中では特に岡部さんが演技がうまくておもしろいので好きです。菊田さんの何とも言えない存在感も良いと思います。

キングオブコントで優勝し、それからハナコの色々なコントを見て現在いるコント師の中でもトップクラスの面白さがあると感じたからです。また、岡部さんや菊田さんのキャラにもとても惹かれるし、秋山さんのネタのセンスもすごいと感じるからです。

2018年のキングオブコントで初めて知りとても面白いと思いました。今まで様々なネタを見てきましたが毎回菊田さんのセリフや出番が面白いほど少ないので、今回はどこでどう使ってくるのだろう?ととても楽しみにネタを見ています。

TVの突破劇を見て好きになりました。
お笑いももちろんおもしろいですが演技もできてすごいと思います。コンビの独特な芸風もまた良いです。3人のバランスもちょうど良くて見てて心地よいです。これからの活躍に期待したいです。

8位:ガンバレルーヤ

ガンバレルーヤ(第7世代芸人)

ガンバレルーヤが人気の理由について(抜粋)

「世界の果てまでイッテQ!」にでているのを見て、ファンになりました。体をはった笑いも好きですが、トークでのほほえましくにくめないキャラクターの2人にほっこりします。これからも「世界の果てまでイッテQ!」での活躍を楽しみにしています。

コンビが仲が良く、かなり売れてきていても庶民的なアパートに今でも2人で同居しているのも好感が高いと思います。持っている感覚も庶民の私達と同じなのに、物を見る視点に優れている面もあり、プロであることが感じられます。これからも応援しています。

女性芸人は基本的に女性を捨てて芸をしている人が多いですがガンバレルーヤさんは女性を捨てずに頑張っているので大好きです。でもとっても面白くて新しい女性芸人さんって感じがして本当に素敵です。とある番組でよしこさんの彼氏ができる企画を見たときには個人的にうれしくて泣きました。

気になった始まりは,日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」で体を張ったがんばりに元気をもらってからです。決して美人とはいえないかもしれませんが愛くるしいキャラクタは魅力です。気づくといろんな番組でも頑張っており,今後も応援していきたいです。

このコンビに好感を持っている理由は、やはりテレビ番組のイッテQの存在が大きいと感じます。よしこさんもまひるさんも、ロケで体を張る姿が印象的です。他の2組と違い、ネタを観た事がないにも関わらす好感が持てます。

同世代くらいの芸人さんで、ピュアなイメージでとても頑張ってみえるので好きです。ネタのイメージはあまりないですが、バラエティー番組で身体をはったりして頑張っているので、同じ女性として応援してしまいます。

同性だから頑張っているところを見ると応援したくなるから。メイクや服装、喋り方のインパクトが強く、見てて楽しくなるから。ちょっといい女ぶっているところも、見た目の効果もあってユーモアがあって面白いと思う。

振り切っているのが良いです。
女性らしい笑いもありつつ、そこにとらわれないからっとした笑いも感じ、好感が持てます。
女性芸人という確固たる枠を切り開いた森三中さんの後を、しっかりと守って前に進んでいらっしゃると思います。

7位:カミナリ

カミナリ(第7世代芸人)

カミナリが人気の理由について(抜粋)

独特のなまりが癖になります。漫才ではツッコミの時、とてつもない勢いで頭を叩く、叩き終わった後にツッコミの台詞を言うというのが斬新で面白いです。バラエティでも安定感があり、いつも笑いを取っている印象です。2人の人柄も良さそうで大好きです。

普段あまりバラエティ番組はみないのですが、日本語ラップに興味があり、YouTubeなどでラップをしている動画を見ているうち興味が湧き、関連動画を見ているうちに、たくみくんのキレのあるツッコミとまなぶくんの愛らしいキャラクターが好きになりました。

コンビのうち1人だけが目立っているのではなく、2人ともそれぞれ面白く、他者を傷つけないネタも好感が持てると思います。また、出身地の茨城愛が強く方言をまじえた話し方も、知らないことが多かったので楽しいと思います。これからも場数を踏んで更に活躍してほしいと思います。

以前茨城に住んでいたことがあるのであの訛りが懐かしくて好きです。あと、大きい人が叩かれすぎててかわいそうだけど、小さい人のチャキチャキぶりとたまに見せるノリツッコミがいつもクスッと笑わせてくれるから。

カミナリの二人と、私自身が同じ県出身ということもあり、地元を盛り上げて欲しいという願いも込めて応援しています。カミナリは、ツッコミが激しめで、痛そうに見えますが、お互いの深い友情から出ていることなので、安心して見ることができます。

ツッコミの人が独特な声で印象に残っています。漫才はよく見かけるものですが、ツッコミの声で笑えるのが素晴らしい。
それ以外は普通なので3番手ですが、これから新しいお笑いを生み出すかもしれない。その辺に期待して3番手。

方言を活かした漫才師の中ではトップクラスの実力を持っていると思っています。たくみさんのツッコミのキレは素晴らしく、マナブさんのボケが活かされているのを感じます。訛りを使って強いツッコミができる人は少ないと思いますので、カミナリには今の漫才のスタイルを貫き通してもらいたいです。

多くの芸人は2人だと、片方のキャラで片方の芸人だけ売れてしまうパターンが多いかと思いますが、カミナリのふたりはお互い、ピンでもバラエティに出れるほどキャラ作りを頑張っているのが感じられるため、好感が持てます。

テレビのレギュラーで見ることは少ないのですが,漫才や大食いなど特別番組やコーナで,キャラクター的におもしろく気に入っています。一見とっつきにくい顔つきですが,それもコンビで掛け合いをするには重要な要素だと思います。これからも注目していきたいです。

嫁の実家が茨城県なので2人の茨城弁に愛着があって選びました。第7世代の特徴であるコンビ仲が良いと言うのがをありますが、カミナリの2人も学生時代から地元の友人で結成したコンビであるため、仲が良い友人と楽しく仕事が出来るのは本当に羨ましいと思いました。

6位:フワちゃん

フワちゃん(芸人)

フワちゃんが人気の理由について(抜粋)

ちょっとぽっちゃり系で独特の衣装はテレビ移りも含めて異彩を放っています。けっこう気さくなしゃべりかたでもあり親しみを感じるところは殺伐したこの時期にはほっとさせてもらえます。これからも体を張って頑張ってもらいたいです。

表に出たばかりなのに世界感が構築されていると思う。とっさに出てくる言葉にセンスを感じる。ただ思いつきで行動していて失礼な奴(特に上下関係)に見られがちだが、本人はラインをわかっているのが見受けられ、実は品がいい。うちの3歳児は毎晩見せないと寝てくれないということは子ども受けもいいはず。

初めてテレビで見た時はこの人大丈夫なのかな?と思ってしまいましたが、底抜けに明るいキャラクターと奇抜な発想が面白いです。気分が沈んでいる時に見ると、落ち込んでいたことがどうでもよくなるくらい明るくなれます。

youtubeで知ったのがきっかけで見るようになりました。いつみても元気いっぱいで見てるこっちまで元気にさせてくれる。世間の常識をくつがえしてくれる感じがして気持ち良い。あのキャラだからこそ親しみがもちやすくとても好きです。

私はよくyoutubeを見ていてその中でもフワちゃんの自由奔放な動画スタイルや企画はとても画期的で好きだからです。落ち込んだ時に彼女の動画を見ると励まされる気持ちになって、第7世代のなかでも魅力的で好きな芸人です。

見てるととにかく元気になれます。突拍子のない発言ですごい笑わせてくれるのに、かと思えばふいにすごくいいことを言ったりするキャラのギャップがたまりません。自分のキャラクターを確立していてすごいなとも思います。

ユーチューバーからでしたが、何かに挑戦したいというのがひしひしと伝わってきて見ていて勇気と元気をもらえます。毎回元気だし、企画も楽しいしできそうで並大抵の精神ではできないことをやってくれるので尊敬しています。

信念の通った笑いが好きです。
周りがどのようなことを言っても、タメ語を使い、やめないというスタンスをとっています。
そのような点は、自分を通すというところでも好意に思います。

また誰とでも仲良くなれるところも好きです。

でてきたばかりのころは、なぜこんな子が?と思いましたが、見るたびに好きになっていきました。人柄がどんどん表にでてきてるのでしょう。やってることがおかしくてもすごくいい人。言いたいことを言ってるだけのようだけどちゃんと人を喜ばせている、素敵な女性です。

今もあまり知りませんが、最初見た時は少し引いてしまっていましたが、いつも元気で明るいし、失礼なことを言っていそうでも許されてしまうようなキャラクターが好感が持てます。冬でも寒そうな格好をしているのに元気に明るく活動されていてがんばっているんだなと思わされます。

5位:ゆりやんレトリィバァ

ゆりやんレトリィバァ(第7世代芸人)

ゆりやんレトリィバァが人気の理由について(抜粋)

ピン芸人の中でも自分の中で3本の指に入るぐらい好き。圧倒的なパフォーマンス能力があり、度胸の据わった芸風が他の芸人と一線を画している。ワールドワイドで受け入れられる芸は、今後のお笑い界を背負って立つ芸人の一人だと思う。

ゆりあんが初め出てきたときは、ただのうるさい女芸人くらいの感想でしたが、最近は友近との絡みをYoutubeで見かけて、とにかく面白いです。裸芸に近い、本人の芸はどうかと思いますが、友近さんと絡んでいる動画は本当に面白いです。

ゆりやんレトリィバァは下品なのですが、それを貫き通しているキャラ設定が秀逸ですね。ボケとしては女性芸人の枠に収まらないレベルにあると思います。YOUTUBEも面白いです。TVがなくなっても食っていけそう。

ネタでもネタ以外でも、なぜかわからないけど笑ってしまいます。面白いです。いい意味で普通でない感じがあって、でもふとしたところでちゃんとした人なんだろうなということも感じられるので、嫌いにはなれないです。

ゆりやんは頭が良く、お笑いをわかりやすく伝えてくれます。
笑うポイントがわかりやすいです。

ゆりやんは、また協調性もありバライティーに出演したときも、出しゃばりすぎず、場に和んでいます。
そんな頭のいいところが好きです。。

キャラ、面白い体型、オリジナルコントという、ピン芸人として必須の武器を兼ね備えている。自分のオモシロ体型を生かした奇妙なダンスコントが面白い。独特な間を計算して演じているところは、頭の良さを感じさせる。

これまでの女性芸人さんとはまた違う品性や知性を感じます。正しく、ひとしく男性と同等に教育を受けて育ってきた世代の新しい芸人さんだと感じます。流ちょうな英語力は多くの子どもたちに触れて欲しいと思いますし、NHKで放送中の英会話バングにも姿も好感が持てます。

ニューヨークに住む番組の時も何事にも一生懸命さが伝わってきて好感が持てました。現在いろいろな番組で活躍されていても、お笑いが好きで頑張っているのだなという印象でとても好感が持てます。一発屋で女優希望のような女芸人とは違うと感じます。

見た目がユニークで、見てるだけで楽しめるから。同年代ということもあり、笑いに対して貪欲で、頑張っているところを見ると応援したくなるから。また実は高学歴で英語が堪能であることも、努力家だと思うし好感が持てるから。

勢いやノリでネタを披露しているようなことがなく、練りに練ったキャラクターのデザインや芝居の間で笑わせてくれる。でまた、裏表無くとても謙虚な姿勢が好感を持てる。吉本のオフィス前で警備員の方にしっかりと挨拶している姿を見かけ、なおさら好きになった。

愛嬌、清潔感、高い知性に安心感を覚える。ぬいぐるみ、ゆるキャラのような愛らしさは唯一無二といっても良いかもしれないと個人的には思うところである。愛らしく、頭がよく、ユーモアがあり、若い勢いもあって、見ていて気持ちがよい。

4位:四千頭身

四千頭身(第7世代芸人)

四千頭身が人気の理由について(抜粋)

四千頭身は、難しいと言われているトリオ漫才を成功させた芸人だと思います。トリオを逆手に取りあえて余りを作るというスタンスの新しい漫才をする所が好きです。ツッコミ役の後藤さんのゆったりとしたツッコミも優しい感じがします。

三人組のお笑い芸人にしては珍しく、ネタのメインは漫才です。ツッコミ担当である後藤さんの声が小さくツッコミを入れるトーンでは無いので、初めて見たときはとても新鮮でした。たくさんテレビに出るようになってから知ったので、もっと早くから知って今はもう終了しているレギュラー番組も見たかったです。

若いのに、面白いテレビにどんどん出ていて、漫才も見ていて飽きません。
自信満々にテレビに出ているイメージですが、漫才などで時々出る若さゆえのほのぼのした感じ、あどけない雰囲気に癒されています。今後も期待しています。

なんというか見た目にそんなに華がないのに、なんだか緩くてくすっと来る感じの漫才が好きです。あまりファン歴長いわけでもなくテレビに出てたら「あ、出てる~」と見たりユーチューブで漫才を拝見した程度なのですが、芸人というかYoutuberみたいな雰囲気。それが逆に親近感を覚えます。

ネタに限らず、様々なバラエティ番組に出演しているのを見て、後藤のゆるい感じと等身大な姿に好感を持てるからです。今までにないボケのスピード感と突っ込みのスピード感が合間って面白いです。3人それぞれのキャラが立っている点が好きです。

四千頭身さんのゆるい漫才が好きです。よろしくお願いしますー。からの都築さんが胸をドンと叩くところから笑えますし、後藤さんのやる気なさそうなツッコミや、石橋さんのセリフの少なさも好きです。
私はコントもとても好きなので、コントもたくさん見たいなと思います。

この緩い感じがとても好きです。はじめに出てきたときは何だろう、と思っていましたが見始めるとハマってしまう面白さがあります。とても今時な男子な感じがするので今後どうなっていくのか楽しみでもあります。30代になった時も楽しみです。

後藤の才能が素晴らしい。加えて、都築の中和感が石橋との3人のバランスを保っている。ネタに関して言えば、1人が暇そうってものもあるがその暇な人が暇で終わらないような構成になっているので見応えがある。後藤の話し方が素朴でいい味を出していると一見思われるが、石橋の尖り具合もいい。実は都築が話し方や行動も見どころだと思う。

3人揃って見た目での個性が強すぎますが、そのネタはとても面白いです。中央に位置している後藤さんが声が小さいので、何を言っているのかわからない時もありますが、そこもネタの一つなんだろうと思って見ています。

いまどきの若者ののネタという感じで新鮮。トリオは登場人物がコンビより当たり前だけど多いので、ごちゃごちゃした感じに見えてしまうけど、騒ぐ感じのネタではなくシュールにボケて、静かにつっこむスタイルのネタなので、見ていて疲れない。若い感性を生かしたスタイルですごくいいと思う。

独特な雰囲気の漫才が好きです。トリオで漫才をすることにもびっくりしましたが、ツッコミの後藤さんを中心にゆっくりとして漫才が印象に残ります。トークされてる印象はまだあまりないですが、これからもっとテレビで見れそうな気がします。

ぼそぼそした後藤のツッコミが斬新で面白い。トリオ漫才は一人が余ってあまり活躍しないことが多いが、3人ともしっかり面白い。また、バラエティ番組で登場する後藤の家族も面白い。お母さんのキャラクターがとくにたまらない。

何と言っても、後藤さんが考えるネタが面白いです。EXITや霜降り明星のような「勢い」はないにしろ、「じわじわくる」面白さです。ただ、まだひな壇でのトークはまだまだ目立った活躍はしていないので、今後の活躍にも期待しています。

後藤のあの無気力な感じが好き。なよなよってしているけど、言う時は言うし、ムロツヨシさんとインスタライブ後藤がしてて、ムロツヨシが炎上させようとしてたくだりとかほんとに面白すぎました。テレビのネタも面白い。

ツッコミの後藤さんがかわいくて大好きです。脱力系なので、見ていて癒されます。コントの内容も若々しくて、気軽に笑えるものばかりで好きです。陣内さんなどの先輩から可愛がられているそうですが、頷けます。ほっとけないし、世話したくなるようなトリオです。

3位:ミキ

ミキ(第7世代芸人)

ミキが人気の理由について(抜粋)

兄弟でやっている漫才師さんは無くはないけど、面白いし、霜降さんと同世代なんですね。
すこしうろ覚えだったので、検索したらミキだけでも一番上に出てた。
勢いがあるお笑いさんになりましたね。
テレビでもよく見るようになってよかった。

年々面白いと思えるようになりました。兄弟で活動していて、仲の良さも伺えるのは好印象です。お兄ちゃんの昴生が出ていたドラマも家族で楽しめました。漫才を見ていても嫌な感じがまったくないので安心して楽しめます。

本当の兄弟だから出来る掛け合いが素晴らしいコンビがミキだと思っています。特に弟の亜生さんのお兄さんへの愛情を漫才の中で垣間見れて、微笑ましい気持ちにもなります。ネタの構成も兄弟の良さを活かしたものとなっているのが分かります。中川家のような漫才師を目指して頑張ってもらいたいです。

いかにも芸人というしゃべりかたが気に入っている。ネタのいきおいもおもしろさのひとつだと感じている。また、テレビでのフリートークでもすぐに反応が返ってきてあきないで見ていられるところがおもしろい。教育テレビにも出ている?

キレッキレの、たたみかけるような怒涛のボケとツッコミが見ていてずっと笑っていられます。キレ芸みたいなところもありますが、キレ方もちょうどいいぐらいだと思いますし、漫才自体も、内容も面白いし喋りにもメリハリがあるし面白いです。

ネタが普通に面白い。どちらが兄か弟かは分からないですが、イケメンのほうをねたんでいるという構図も好き。中川家のように兄弟なので、ビジネス感がなく本当に仲良しなんだろうな、というのが伝わってくるので見ててほほえましい。ひな壇で話しているのよりもネタがとにかくおもしろい。

兄弟で陰陽際立つキャラクターが面白い。しかも陽の弟が陰の兄のことを本当に好きなのが伝わるため、漫才やトークから優しさも伝わってくる。また、関西独特のこってり感を持ちつつ若さを含む清潔感があり、観ていてうんざりすることがない。

おそらくミキを好きな人はみんなが言うところだと思うのですが、実の「兄弟」であるところが応援したくなります。私は母親なので、母目線でコンビのお2人をみてしまうところもあり、微笑ましく、力を合わせて世の中に笑いを提供して欲しいと思います。

ミキが出てるとついテレビを見てしまいます。漫才がとにかく好きです。声をあげて笑ってしまいます。また、兄弟愛が強いのもとても魅力的です。本当に兄弟で漫才をやって面白いので本当に仲がいいのだなと思います。モニタリングのドッキリの二人もとても面白くて何度も見てしまいました。

誰も傷つけないお笑い、をしているミキは、どんなに疲れた時も、悲しいことがあった時も、安心してその漫才を見ることができます。ちょっととぼけた雰囲気のある二人だからこそ、スピード感のあるお笑いをしているのも楽しく、見ていて飽きません。

兄弟漫才は息が合っていて面白いです。こうせいさんは少しうるさいけど好感がもてる雰囲気だし、あせいさんはかっこいいし、見ていて飽きません。私も兄弟がいるので、お二人のように仲良しな雰囲気がとても癒されます。

漫才が難しくなく、シンプルで面白いです。兄の突っ込みは大げさで、でも言っていることは常識的で、毎回爆笑してしまいます。弟は口調や振る舞いが優しそうで好きです。誰にでも親しまれる大衆漫才の典型として、これから成長していくように思います。

とにかく漫才の構成がしっかりしている。兄弟だからか「間」が気持ちよく、内容も時事問題を入れてあったりして聡明さが伺える。子どもからお年寄りまで理解できる漫才、正統派漫才とも私は思う。亜生の臨機応変にできるスペックも光っているが、昴生の自虐を含むツッコミは皆さんの笑いを誘っている。

兄弟漫才ですが、昴生のツッコミが良く、タイミングも抜群。そこに亜生のルックスが入り、コンビ間のバランスもよく、おもしろい。最近ドラマにも出演されていたのですが、二人とも演技が上手いですね。また見たいなと思ってます。

お兄ちゃんの間がすばらしい。兄弟でやっているせいか、本当に息が合ってるし、何を言い争っていても仲がいいのがわかってみていて癒されます。二人があまり似ていないのも人気の理由なのだろうか、見た目の違いも魅力です。弟のほうがビジュアルでは人気のようですが、私は断然お兄ちゃん派。

漫才が面白い。漫才のテンポや掛け合いがいい。兄弟漫才なのでとても息が合っている。
バラエティに出てもそれぞれの個性が出ている。お互いが相手のことが好きなのが伝わってきて、みていて気分がよくなる。ファンサービスがいい。

ミキは、兄弟芸人という事ですごく息があっていて見ていて面白い。仲の良さもそのまま漫才に表れています。昴生のちょっとうるさいボケに亜生がツッコミを入れるというお決まりのパターンも面白く見ていて飽きません。

兄弟ということで、信頼関係がしっかりしているので好感度が高くなっています。息もぴったり、と言いう感じです。社会人経験があるというのも、人となりに現れていて、今後も失言や不祥事を起こしそうにない点もよいと思います。

兄弟愛が羨ましいです。以前ドッキリ番組に出演されたときには、弟のことを心の底から心配する兄の姿を見ることが出来たのでテレビに映るときだけ仲が良いのではないことが分かり信頼できる人たちだと思いました。また、捨て猫を保護している様子もテレビで見ましたが、打算的な考えが一切ない姿が印象的でした。

おにーちゃんのキレキャラが好きです。最近の芸人さんや芸能人はおバカや天然ちゃんを売りにしてる人が多くて『またこのキャラかー』ってうんざりしてしまうことも多いけど、この2人はそうではなくてとても好感が持てます。

かわいい。兄弟仲良しそうで微笑ましい。保護猫を飼い大切に可愛がっている様子を見て一気に好感度が上がった。チャラチャラしているイメージだったが優しく思いやりい溢れていると思う。ビジュアルも好み。スーツにメガネかわいい。兄弟コンビは中川家以外でいるイメージがなかったからそこも好感もてる。

ミキのお二人はとても面白いと思います。ただ叫んでいるところも多々あるのですが、逆に単純で面白いです。最近こういう怒った系でずっと観ていられる成功しているお笑いの方があまりいなかったので、単純かつ新鮮で面白いと思います。

まず、ネタが好きです。本当に老若男女笑えるネタをやっています。お兄さんの方が弟のことが大好きなのがとても伝わってくるところも好きです。どんな仕事においても一生懸命な姿に頑張ってほしいなっと思いますし、ドッキリのリアクションがとても好きです。

若手の漫才師の中で実力のあるコンビだと思っていて、漫才も面白いので芸人として高評価です。兄弟だから、息の合った漫才は若い世代もお年寄りの方にも人気があってこれからの第7世代を引っ張ってくれる重鎮だと思っています。

お兄さんの甲高い声が特徴的で、いつも印象に残ります。キレるスタイルで笑いを取ろうとしているのですが、それ以上の面白さがないのであまり笑えないことが多いですが、個性的ではあるのでこれからの成長に期待します。

2位:EXIT(イグジット)

EXIT(イグジット)(第7世代芸人)

EXIT(イグジット)が人気の理由について(抜粋)

EXITさんは両方イケメンなので大好きです。お笑いってだれかをディスったりするものもありますがEXITさんは毎回そういうことはないので新しいお笑いな気がしています。本当に見ていて気持ちいいですし、純粋に応援したくなります。

このコンビは面白さというより生き方やキャラクターに惹かれます。実はちゃらちゃらしたキャラクターではなくお二人とも非常にまじめで苦労人なので、応援したくなります。その上でパリピネタを観ると、頑張っているなと感じます。

あのずば抜けてチャラい漫才はどうやったら思いつくのだろうと、見てて思ってしまいます。ちなみに「ナイトプール!パシャパシャー!」が好きで、何回見ても飽きません。兼近さんとりんたろー。さんの人柄も実は真面目そうですきです。

最初に見たときには、その外見から少し敬遠していたところがありますが、何度がそのネタを見ているうちに好感が持てるようになりました。特にバラエティの中でお濃いなr\割れている再現ドラマでは、演技も比較的うまく、毎回楽しみにしています。

チャラ芸の代名詞ですが、以外に真面目なところや優しいところがあるギャップに魅かれました。最初はテレビの演出かと思った部分もありましたが、私の知人が渋谷で困っていた際に実際にEXITのお二人が親切に助けて下さったことを聞いて感動しました。

テレビだけでなくyoutubeでも活躍しているのは私含め若者にとって近寄りやすい印象を持たせていて人気がある証拠だと思うし、見た目によらない人柄の良さ、真面目さが目に見えてとれてとても好印象を持っているから。

実際はきっと真面目な方たちだと思うのですがインパクトが強く目を引きます。またアパレルや歌、ダンスなどかなり多彩で器用なんだと思います。変な話、お笑いでもしダメになったとしても違う路線でうまくいきそうです笑

イケメンではないのにイケメンぶってて、それも全くアンバランスで面白いし、あるあるネタをいかにも面白く表現しているところがいいと思います。あとは人柄?チャラい感じなのに保育士?介護士?の経験ありなんて、そのギャップがまたたまらんですね。

一般的な芸風とはまったく異なり、現代の世の中だからこその芸風を取り入れ、またそのチャラさをみんなが笑顔になれるようにお笑いに変えるセンスがすごいと感じたからです。また、二人ともチャラ男という設定とは対照的な性格であることもとても面白いと感じました。

真面目そう。会社の考えだけでなく自分たちで考えて行動していそう。DVDを発売するにあたっての価格設定に対する考え方で事務所の言いなりにならず逆に提案し実現させたエピソードを聞いて大きくイメージが変わった。ただ儲けたい、売れたいだけでない感じがしておもしろい。クリエイティブな感じ。

二人の見た目には似合わないような経歴を持っているところに最初は驚きましたが、そこもギャップがあってとても好きになりました。お互いが好きなんだなって思わせてくれるような関係性もとてもいいなっと思いました。ネタも面白いですし、ツイッターなどのSNSもとても面白いので好きです。

この二人は最初はおバカ芸人だとばかり思っていましたが、とんでもない。すごくインテリジェンスで話がおもしろいし、関心させられる内容のネタをやってくれています。きっとこれからも長く活躍してくれるだろうと思います。ぜひこの見た目と中身のギャップをいつまでも継続してほしいです。

若者向けの漫才でわかりやすい。時事ネタも盛り込まれていて勉強にもなる。お笑い以外にも2人とも介護士やベビーシッターとしてきちんと働いている。人柄の良さが滲み出ている。礼儀正しい。2人をみると元気が出てくる。

最初は、「兼近の顔がイケメン!」というところから気になりだしました。このコンビは知れば知るほど魅力的なコンビです。チャラ男ネタを徹底していて、ひな壇トークでもチャラい言葉をぶっこんでいく勢いは、若手芸人らしさがあります。面白さ以外にも、見た目のチャラさからは想像できない「ウブさ」があり、ギャップを感じて好きです。

チャラ男のキャラで、元気いっぱい本人たちも、楽しそうにネタを披露している姿が好感が持てる。コンビ仲もすごく良さそうで、見ているこっちも気持ちがいい。特にカネチがバカっぽく見えるが、共感できるワードが多く感心する。

EXITはチャラ男キャラで二人ともとても明るくて独特の言い回しも面白いです。見ていると元気が出ます。本当にチャラ男かと思いきや、実は二人とも真面目というギャップにも魅力を感じます。テレビで見るEXITの2人はいつも優しい顔で笑っているのでほっこりします。

お二人とも優しくて真面目そうな印象があるから好きです。ネタは筋書きがしっかりしているので年配の方でも笑える内容が多いと思います。表現力とキュラクターもあるので、話の内容を理解できない小さい子供は音や見た目だけでも楽しむことが出来ます。新型コロナウイルスの動画は、若い子が自然に受け入れられる話の展開で人との距離を開けることの重要性が表現されており素晴らしいと思いました。

見た目はチャラいのに、実は真面目で、性格が良さそうなので好きです。バラエティー番組での話だけではなく、ネタも意外にきちんと考えられていて面白いので、実は腕もあってすごいと思います。また、先輩芸人に物怖じしないところも魅力的です。

Exitのノリの良い漫才が好きだからです。
言っていることも正論で若者にも考えされられるところがあり、腹落ちします。

また服装や見た目も現代的であると思います。そういったチャラさを売りにする新しいお笑いが好きです。

チャラいキャラを作っているけど、実は真面目な人たちなところに好感が持てます。兼近さんがイケメンなので、見ていて飽きません。チャラい格好や話し方はしているけど、言っていることはまともなので、嫌いにはなれません。

ここ最近あまり見かけないタイプのチャラさが良いです。最初は何を言っているのか分からない単語もあったけど、それがむしろクセになりたまに使ったりしています。バラエティー番組を見ていてお二人の芯の通った考え方が普段の芸風とのギャップもあり、それもまた良いです。

兼近がかっこいいし、チャラ男キャラで売ってるけど、性格がチャラ男じゃなくて、意外としっかりしてるし、グータンヌーボで言っていたが、ずっと好きな人がいると言っていて、芸とは違って一途だし、そのギャップが良い。

現代の若者言葉を使用した芸風が馴染みやすくとてもおもしろいです。かねちかさんは昔かなり貧しく苦労されたお話を聞いて好感がもてた。ファンサービスがお二人ともすごいとお聞きしてさらに好きになりました。これからの活躍にも期待したいです。

チャラい漫才のようにも思えるが、言葉の組み合わせが面白くて私が思いつくことはまずない言い回しをしているので、面白いと思います。話の内容もしっかりとしていて、バラエティでも存在感があり、いつも楽しめます。

いかにもいまの芸人という感じがすごくいい。言葉のセンスは抜群だし、いきおいとはうらはらに言葉遣いや態度が、じつは優しい人間だという雰囲気が感じられて嫌いになれない。人をあまりばかにしないのもお気に入りの点。

正直最初は「またなんか一発屋みたいなのが出てきた・・・」と思っていたのですが、漫才を見たら意外にしっかりしてる!?とギャップにやられました。Youtubeも見たのですが、二人がただ喋ってご飯食べてるだけなのに可愛くて、芸人として!というより俳優さんやタレントさんとして好きになっちゃいました。コロナの注意喚起漫才も見ましたが、こういった若い世代に近い形がやることでより注意喚起も浸透していいな~と思いました。

パリピキャラだが、特に兼近が真面目で礼儀正しい部分が感じられるので好感が持てる。
漫才がどれを見ても面白い。りんたろー。のツッコミが優しくて、よく聞いているとパリピっぽくなくてクスッと笑える。
コントも見てみたい。

チャラ男として人気を博していますが、その実は、とても真面目で誠実な性格をしている二人なのだと思うからです。目上の人に対するお笑いも、子どもたちへのかかわりも、相手を尊敬していることが、言葉の選びや話し方で伝わってきます。コンビ仲が良いのも、視聴者として安心します。

チャラ男系の軽快な漫才が面白い。渋谷系のチャラさを連想させる、古さや懐かしさ、また一方では、現代的なチャラさがミックスされていて、新鮮さを感じる。面白さの緩急が彼らの漫才にはないが、ずっと見ていられるジワジワとした面白みがある。

最初見たときはノリとテンションだけの一発屋芸人の一種かと思いましたが、しっかり漫才として面白いと思います。言葉の使い方を巧みに操ってボケをしたりするところが好きです。また、人柄がよく、でしゃばりでないところに好感が持てます。

1位:霜降り明星

霜降り明星(第7世代芸人)

霜降り明星が人気の理由について(抜粋)

第7世代の代表になり、バラエティ番組でも先輩芸能人と自然にやりとりしていて、率直に尊敬します。
自分も同世代なので活躍を応援しながらテレビを見ています。
彼らの漫才を観に行きましたが、とても面白かったです。

M1チャンピオンでもありますし、せいやの独特なキャラはまねできないですね。粗品の安定間があり、見ていても飽きないです。
そして二人とも先輩からのパスに対しても冷静に対応していたり、トーク力も特に粗品がうまいと思ってます。

第七世代の芸人の中だけではなく、芸人の括りで見ても落ち着きが素晴らしいと思います。
なかなか話をふられたり、漫才中でもあんなにどっしりと構えた姿をされる芸人も少ない中、霜降り明星は貫禄を見せていると思う。
さらに、武器(特技)が多いのも、多彩さを感じさせると思います。

M-1とR-1を両方で優勝をして第7世代の代名詞になっているコンビだと思います。粗品が、上手くせいやを回してる様に見えますが、せいや自身も得意の坂田師匠や仁鶴師匠のモノマネを生かしてのネタは面白いと思いました。

テレビ番組やCMでよく拝見していましたがコンビ名などは知りませんでしたが最近ようやく知りました。二人のやり取りも面白いし、それぞれが真面目そうな性格や一面がたまに垣間見られて、チャラチャラしていないところが好感が持てます。

普段はせいやのフリートークが目立つけど、粗品もやっぱりすごくて、ロンハーのビビリ芸人で、ほぼ全てのビビリポイントでびびってて、そのリアクションがほんとに面白かった。やっぱりすごいなこの2人っていうのが交互に感じる。

漫才はしっかりと笑いが取れる内容になっていて実力があるように思います。話の展開や繋げ方が上手なので、バラエティでもよく見かけますし、いつも番組の中でも存在感があります。2人とも個性が強いので、相乗効果で余計に楽しく感じます。

この中の芸人さんでは一番見かけるし、面白い。
毒舌の芸人さんでもないですし、自分が良く利用するツイッター・youtubeにチャンネルを持っているのも、いままでのTVで見かける芸人さんと違うのが良いですね。

二人共キャラクターが立っていて、且つ活動の幅が広いので、これからの活躍がとても期待できるコンビだと思います。ただの私的な完全な所感ですが見ていて飽きないので、今後も特に漫才を楽しめたらと思っています。

せいやさんのボケと粗品さんのツッコミのコンビネーションが、第7世代の中では群を抜いていると思っています。特に粗品さんの頭の良いツッコミワードには、毎回感心させられます。YouTubeの動画でも2人の掛け合いが面白いです。漫才に必要なテンポの良さが際立っている芸人ではないでしょうか。

一番の理由は、コンビの両方が別々の方向で面白いからです。粗品さんのピンで行われるフリップ芸は独特の味がありますし、せいやさんの即興ギャグのクオリティは言わずもがなです。お二人がやっているyoutubeチャンネルでの漫画トークも面白いですよ。

漫才などのネタだけでなく、ものまねもうまい。話を聞いていて、なめらかで不快でない話し方がとても心地いい。テレビだけでなく、ネットなどさまざまなところで見かけるのでいつも活躍している印象があるので安心して見ていられる。

ネタは見てて疲れるけどトークがおもしろいので番組で見ていて飽きない。ふたりとも芝居もできるので芸の幅が広いのも魅力。特に粗品さんは頭もよくて多才なので、何をやらせても、どこにいても結果を出せているところがすごい。おもしろいというより、すごいので見ていて気持ちがいい。

下品でないところが良いですね。コンビとしてもせいやと粗品の中が良さそうなのもよいです。
売れている割に謙虚そうなところもよいです。総じて、好感度を落とすような言動がない点が最近の若い芸人の中では一番です。

まず漫才が面白い。彼らのデコボコ感が独特のリズムとフローを醸し出している。それが漫才以外の場でも活きている。関西出身にも関わらずコテコテな仕草がなく、私のような東日本出身の人間にもすんなり入っていけるのも大きいと思う。

M-1で優勝したという実績もあり、漫才が面白いです。現在、若手芸人はキャラに走りがちになっており、ネタや喋りでしっかりと笑いを取れる芸人というのは意外と数少ないと思いますが、彼らは中堅芸人に負けず劣らずバラエティでも活躍できているので素晴らしいと思います。

粗品が若いころのダウンタウン松ちゃんを思い出させる。シュールだったりストレートだったり、何を言っていても面白い。テレビも良いが、YouTubeでやっている霜降りチューブは外出自粛中の一人さみしい人におすすめ。

第七世代のリーダー格としてその地位を引っ張っていけるほど老若男女問わず人気があり、粗品はシャープの突っ込みや大喜利力。せいやはオールマイティーなタレント力があり、コンビとして魅力があると思うからです。

youtubeを見るようになって、ファンになりました。もちろんネタも面白いですが、コンビの掛け合いだったりフリートークが私のツボにぴったりでした。せいやさんがコンプライアンスをとても気にしているので、好感も持てます。

とにかく二人ともトークがさえわたる。最近はコントや漫才はできても司会はできないような若手が多いが将来的にはこの二人ならMCも含めてさまざまな場面で活躍ができるような雰囲気をもっているので。俳優としてもでていますし。

ネタのクオリティがとても高いと思うからです。ボケ担当のせいやさんは漫才の中でも舞台を広く使って様々なボケをし、ツッコミ担当の粗品さんはせいやさんのボケをセンスのあるツッコミで大きな笑いに変える力がとてもすごく、面白いと感じるからです。

面白い。個性的。お笑いに真剣そう。YouTubeが面白いし更新頻度が高くてすごいと思う。ラジオも面白い。SNSも見ちゃう。自分たちの陰な部分もお笑いに変えていてすごいと思う。世の中で偏見があるような趣味で笑わせるはすごい

関西で活躍をしていたお二人は、関西にいたときからとても面白くて、実力派漫才を行うコンビだからです。ネタも面白くて好きですが、お二人のキャラクターがとても個性的で好きです。あと、とても努力家です。一万人の第九ではほとんどやったことのない分野に、自分らしさを取り入れ、それも成功させてしまうほどです。その仕事に対する姿勢も好きです。

M-1グランプリで優勝しただけあり、ネタが面白い。若いのにベテランの漫才師みたいな落ち着いていて安心してみていられる。粗品のドラマでの演技もうまくて驚いた。また、冠番組での太鼓の達人が上手くてまた驚いた。これからもっと売れると思う。

コンビはどちらかが華があり、どちらかが地味なイメージがあるが、このコンビは、お二人とも華があります。
ネタが面白いのはもちろん、バラエティにピンで出ても、トーク力も芸もあり、すごいなあと思います。
若手なのでしょうが、先輩芸人と一緒に出ていても落ち着いているところが、大物になっていく風格を感じさせます。

ネタもトークも面白い!コンビ揃っての出演はもちろん、ピンでも実力のある芸人さんだからです。テレビで他の芸人さんと絡んでいるのも面白いが、最近はコンビでYoutubeをマメに更新しています。Youtubeでは霜降り明星らしい企画盛りだくさんで、是非もっと多くの方に見ていただきたいです。

せいやのボケに対する粗品のツッコミが好きです。ボケ単体で見ると、どういうことだろうと思ってしまっても、その後の粗品のツッコミで理解し、笑えると言う事です。また、せいやのモノマネも特徴を捉えており、面白いと思います。

番組の種類問わず、安定した笑いのセンスがあるため、安心して観ていられる。不快感を感じにくいところがほかの芸人と比べて非常に魅力的である。二人とも清潔感、愛嬌があるため、好感を抱く。他人を傷つけるような発言がない印象。言葉選びと他人への接し方に知性を感じる。

霜降り明星は二人とも人柄がダントツで良いです。自分たちだけが売れようとするのではなく、第7世代みんなで一緒にがんばろうという気持ちが伝わり素敵です。純粋に人を喜ばせたいんだと思います。これからももっと活躍するでしょう。

あの粗品さんの天才的なツッコミはとても素晴らしいです。ペアの漫才だけではなく、一人でも面白いことが言えるのは、やはり芸人としての才能なんだなと思います。
コンビでの漫才は、見ていて楽しいのでとても好きです。

ドキュメンタリーのせいやが特にツボで、若手芸人ながら大御所に囲まれた中での的確なボケを見てセンスの塊かと思いました。コントやトーク系の番組でもしゃべり・空気感・ビジュアルがズバ抜けて他の芸人よりも抜きん出ていると思います。

まず初めて知った時のコンビ名のネーミングセンスの高さで、一気に引き込まれました。ネタを作る芸人さんにとって、自らのコンビ名のネーミングは非常に重要だと思います。「霜降り明星」は、漢字のバランス読み心地のよさ、明るい印象とワクワク感があって好きです。

満載のテンポがいい。漫才が面白い。2人とも仲がいい。M-1をとるまですごい苦労しているが、M-1をとったあとも仕事に対する姿勢が変わらず全力で取り組んでいるのが伝わってくる。素直さが伝わってくる。どのネタも見入ってしまう。。